TOJIRO PRO DPコバルト合金割込 中華包丁シリーズ


割込材を採用し、切れ味とお手入れのしやすさに優れたオールステンレスの中華包丁シリーズです。

TOJIRO PRO DPコバルト合金割込 中華包丁シリーズ

OVERVIEW

製品概要

オールステンレス ✕ 中華包丁

洋包丁として定評のあるTOJIRO PROシリーズですが、中華包丁もご用意しております。1丁であらゆる調理をこなす懐の広さと、細かい作業へのコントロール性など求められる中華包丁には、まさにTOJIRO PROシリーズの特徴であるDPコバルト合金鋼割込による刀身が最適です。

切れ味の追求から生まれた「藤次郎」独自のDPコバルト合金鋼は、低温ガス還元法によって不純物を取り除いた高純度の鉄鉱石を13クロームステンレス鋼によって挟み込んだ画期的な複合素材です。切れ味とお手入れのしやすさ、そして妥協のない刃付けによって、業務の世界で定評のある割込複合材の刀身と衛生的なオールステンレスハンドルを組み合わせた新時代の中華包丁と言えるでしょう。

特殊形状18-8ステンレス鋼ハンドルを採用

TOJIRO PROシリーズの特徴は、握りやすさを最優先に設計した「トルネード」模様のハンドルです。見た目の美しさだけではなく、滑りにくさも追求しているので、水や油のついた手で握った際に一層の持ち味を発揮します。中空のハンドルは重すぎず軽すぎないといった絶妙な重量バランスで扱いやすさを追求しました。もちろんステンレス製ハンドルですから、長くご使用頂いても柄の腐蝕や破損とは無縁です。また、木柄のように接合部や隙間が存在しないので、バクテリアなどの侵入、繁殖を防止し、熱湯消毒も可能です。

徹底した切れ味の追求

切れ味にこだわり、1丁ずつ職人の手作業によって丁寧に刃をつけています。藤次郎は「切れる包丁」をひたすら追求し、改良と進化を重ねてそれを実現してきました。その集大成ともいえる品質の高い包丁は、ご家庭からプロの料理人までご愛用いただいております。

割込+オールステンレスのノウハウを生かした中華包丁

TOJIRO PROシリーズのスタンダードとして切れ味の追求は、洋包丁や和包丁だけにはとどまりません。中華料理では豪快さと繊細さが同居する複雑な切れ味は、DPコバルト合金鋼ならではのものです。もちろんオールステンレスですから衛生面でも非常に有利です。木柄タイプの藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 中華包丁シリーズもご用意しております。

TECHNIQUE

主な製品仕様・技術

刀身構造・製品仕様
  • 心材:コバルト合金鋼(VG10)
    側材:13クロームステンレス鋼

  • 切れ味のレベル(目安)

  • 刃先硬度レベル(目安)

  • 両刃・業務用刃付け

LINE UP

製品ラインナップ

  • TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 中華 220mm

    24,200円/税込

    品番 F-630
    全長 約330mm
    重量 約520g
  • TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 中華 225mm (薄口)

    26,400円/税込

    品番 F-631
    全長 約340mm
    重量 約510g
  • TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 中華 225mm (厚口)

    30,250円/税込

    品番 F-632
    全長 約340mm
    重量 約580g