ナイフファクトリー

ホーム > オープンファクトリー > ナイフファクトリー

藤次郎ナイフファクトリー|量産品の製造現場を見学できる施設です

ナイフファクトリーでは、藤次郎刃物の量産品の製造現場を、磨きの工程を中心にご覧いただけます。量産品には、燕地域特有のプレス技術による「抜き刃物」の製法を用いています。
伝統技術と機械化を組み合わせながら、職人が目を配り安定した品質を維持しています。

ナイフファクトリーの写真

ナイフファクトリーのマップと工程説明です。

工程の流れ

ナイフファクトリーMAP
  • 材料

    1材料

    包丁の刀身になる材料です。鋼やステンレス系の鋼材を、常時数種類在庫しています。

  • 型抜き・レーザー

    2型抜き・レーザー

    レーザーを照射して鋼材から包丁の形を切り抜きます。
    ※量産品はプレスで型抜きします。

  • 焼入れ・焼戻し

    3焼入れ・焼戻し

    鋼材を高温で熱し、冷却することにより、硬度と粘りを与えます。
    ※設置されているのはアトリエ製品に使用される焼入れ炉です。

  • NC自動研削

    4NC自動研削

    焼入れをした刀身を回転する砥石で、水をかけながら断面をくさび形に削っていきます。

  • 溶接

    5溶接

    刀身とハンドルの金属部を溶接します。職人の手仕事によって、自動溶接には向かない細かな部分も溶接できます。

  • 溶接(自動溶接)

    5(自動溶接)

    溶接ロボットが刀身とハンドルの金属部を溶接します。同じ形状のものを短時間で多く溶接することができます。

  • 口元研磨

    6口元研磨

    刀身とハンドルの溶接部(口元)を研磨して、凹凸の無いなめらかな形状に仕上げます。

  • 刀身研磨(自動研磨)

    7刀身研磨(自動研磨)

    自動研磨機を使って一度に多くの刀身を磨くことができます。

  • 目通し

    8目通し

    自動目通し機にかけられないものは、手作業で目を入れます。

  • 自動目通し

    8自動目通し

    刀身の表面にヘアライン(目通し)を入れて、使用する際につくキズを目立ちにくくします。

  • 洗浄

    9洗浄

    前工程で付着した研磨粉を、全自動洗浄乾燥機を使って洗い落とします。

  • フレキションプレス

    フレキションプレス

    板材に加圧して成型や模様押しを行います。燕市の一大産業である洋食器にも用いられる製法で

製品紹介

ナイフファクトリーで製造している製品の一部をご紹介します。

F-895のイメージ

TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 170mm

芯材にコバルト合金鋼を使用し、側材に13クロームステンレス鋼を複合することにより、業務用の切れ味とお手入れの手軽さを両立。トルネード模様が施されたハンドルは水や油の付いた手でも滑りにくく、快適な調理をサポートします。丸洗いできる衛生的なオールステンレス製です。

オンラインショップで見る
F-503のイメージ

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 (口金付) 三徳 170mm

芯材にコバルト合金鋼を使用し、側材に13クロームステンレス鋼を複合することにより、業務用の切れ味とお手入れの手軽さを両立。ハンドルにはアウトドアナイフなどに使用される積層強化材を採用。経年変化に強く、ハンドルがやせにくく、長期間の使用に抜群の耐久性を誇ります。刀身とハンドルの接合部には、汚れが溜まりにくく衛生的で丈夫な口金付です。(1996年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞)

オンラインショップで見る
F-331のイメージ

藤次郎 DP霞流し鋼割込 三徳 170mm

日本刀と同じ製法を今に伝える、本鍛造多層構造による刀身を採用。刀身の狂いが少なく非常に切れ味に優れます。ハンドルにはアウトドアナイフなどに使用される積層強化材を採用。経年変化に強く、ハンドルがやせにくく、長期間の使用に抜群の耐久性を誇ります。

オンラインショップで見る

製品紹介

ナイフファクトリーで製造している製品の一部をご紹介します。

F-895のイメージ

TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 170mm
オンラインショップで見る

F-503のイメージ

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 (口金付) 三徳 170mm
オンラインショップで見る

F-331のイメージ

藤次郎 DP霞流し鋼割込 三徳 170mm
オンラインショップで見る

オンラインショップ