ナイフアトリエ

ホーム > オープンファクトリー > ナイフアトリエ

藤次郎ナイフアトリエ|ハンドメイド品の製造現場を見学できる施設です

ナイフアトリエでは、藤次郎刃物のハンドメイド品の製造現場をご覧いただけます。ハンドメイド品には、刀鍛冶伝統の鍛造による「打ち刃物」の製法を用いています。
刀身からハンドルまで職人が手仕事で仕上げており、オーダーメイドにも対応しています。

ナイフアトリエの写真

ナイフアトリエのマップと工程説明です。

工程の流れ

ナイフアトリエMAP
  • 鍛造

    A鍛造

    炉で加熱した鋼材をハンマーで叩き鍛えながら、包丁の元になる形をつくっていきます。

  • 成型

    C成型

    鍛造の際に生じたゆがみを取り除き、余分な部分を切削して形を整えます。

  • 刀身研削

    D刀身研削

    刀身の厚みや溶接部分を削り落として、形状をつくり上げます。

  • ハンドル組立

    Fハンドル組立

    板材にハンドルの形状をケガいて加工し、職人が一からハンドルを製作します。

  • ハンドル磨き

    Gハンドル磨き

    ハンドル部を研磨して、吸いつくようななめらかな形状に仕上げます。

  • 作切り

    H作切り

    タガネとハンマーを用いて、職人が手仕事で一丁一丁に銘を彫り込みます。

  • 刃付け

    I刃付け

    荒研ぎ・中研ぎ・仕上げ研ぎ・最終仕上げの順に、段階を踏んで刃を付けていきます。

  • 体験工房

    体験工房

    藤次郎の包丁づくりの一部を実際に体験することができます。
    ※イベント時などに開放されます。

製品紹介

ナイフアトリエで製造している製品の一部をご紹介します。

自由鍛造洋包丁のイメージ

藤次郎ナイフアトリエ 自由鍛造 洋包丁 三徳 170mm

型を使用せずにハンマーで叩いて成形していく「打ち刃物」と呼ばれる製法でつくる包丁です。熟練の職人が一丁をすべて手仕事でつくり上げます。刀身の材質を鋼系から3種類、ダマスカス系から4種類、ハンドルの材質を6種類から選んでカスタムできます。持ち運びに便利な桐製の専用ケース付。

オンラインショップで見る
アウトドアナイフ尾瀬のイメージ

藤次郎ナイフアトリエ 尾瀬 90mm

型を使用せずにハンマーで叩いて成形していく「打ち刃物」と呼ばれる製法でつくるアウトドアナイフです。熟練の職人が一丁をすべて手仕事でつくり上げます。刀身の材質を「VG10」「青紙鋼」「白紙鋼」から選んでカスタムできます。ハンドルには積層強化材を採用。経年変化に強く、ハンドルがやせにくく、長期間の使用に抜群の耐久性を誇ります。持ち運びに便利な本革製シース・桐製の専用ケース付。

オンラインショップで見る
アウトドアナイフ佐渡のイメージ

藤次郎ナイフアトリエ 佐渡 140mm

型を使用せずにハンマーで叩いて成形していく「打ち刃物」と呼ばれる製法でつくるアウトドアナイフです。熟練の職人が一丁をすべて手仕事でつくり上げます。刀身の材質を「VG10」「青紙鋼」「白紙鋼」から選んでカスタムできます。ハンドルには積層強化材を採用。経年変化に強く、ハンドルがやせにくく、長期間の使用に抜群の耐久性を誇ります。持ち運びに便利な本革製シース・桐製の専用ケース付。

オンラインショップで見る

製品紹介

ナイフアトリエで製造している製品の一部をご紹介します。

自由鍛造洋包丁のイメージ

藤次郎ナイフアトリエ 自由鍛造 洋包丁 三徳 170mm
オンラインショップで見る

アウトドアナイフ尾瀬のイメージ

藤次郎ナイフアトリエ 尾瀬 90mm
オンラインショップで見る

アウトドアナイフ佐渡のイメージ

藤次郎ナイフアトリエ 佐渡 140mm
オンラインショップで見る

<< ナイフファクトリーへ ナイフギャラリーへ >>
オンラインショップ