藤次郎ナイフアトリエ カスタムメイド包丁


刀身とハンドルを自由にカスタマイズして、理想の包丁を形作る事が出来ます。

藤次郎ナイフアトリエ カスタムメイド包丁

OVERVIEW

製品概要

理想の刃物が手に入る充実のセミオーダーシステム

藤次郎ナイフアトリエでは、刀身とハンドルを自由に選んで頂けるセミオーダー包丁をご用意。理想の包丁を1丁1丁大切に仕上げて参ります。自由鍛造のメリット、それは金型を使わずにハンマーによって様々な形状を作り出すことが出来ることです。素材を最適な状態に仕上げ、理想の刃物を形作ります。

刀身は、ダマスカス系を3種類、割込系材料は2種をご用意しました。また、ハンドル仕様は6種類。刀身の仕上げも黒打仕上げ・ミガキ仕上げからお選び頂けます。きめ細やかでかつ荒々しい波紋は鍛え上げられた刀身の証です。理想の組合せと形状で、自分だけの鍛造包丁を手に入れてみてはいかがでしょうか。

包丁メーカーの新たな挑戦

藤次郎は妥協のない製品づくりの姿勢から世界中で高い評価を受け、切れ味はもちろんのこと、ダマスカス包丁などの多種構造の開発で、シェフやプロが納得する技術力を磨いてきました。

しかし、そこから更にご満足いただける刃物を生み出すことは、量産を主とした製造方法では限界がありました。そこで「自由度の高いオーダーメイド刃物を創り、世界に一つしかない価値を発信しよう」という新たな目標を掲げたのです。

職人が鍛え上げる渾身の刀身

自由鍛造包丁に重要なのは職人の技術。どんなに良い材料を使っても、鍛造技術にムラがあれば、性能を生かし切る刃物は仕上がりません。藤次郎は「抜き刃物」で培った品質ノウハウをこの「打ち刃物」製造へも活かしています。そして、藤次郎ナイフアトリエでは弊社の選りすぐりの職人が集まり、鍛造技術を日々鍛錬しています。

藤次郎ナイフアトリエの責任者であり職人の松村は、大学在籍時代に鍛金技術を学び、卒業制作で山古志(新潟県長岡市)の『力強い牛の角突き』を鍛金で表現しました。現在その作品は山古志に寄贈され、中越地震からの復興のシンボルになっています。また、包丁の製造に加えアウトドアナイフの製造も手がけ、2012年JKG(ジャパン・ナイフ・ギルド)主催の「第33回JKGナイフショー」において、「JKGナイフコンテスト奨励賞」を受賞。翌年にはJKGの会員として登録されており、今後の更なる活躍が期待されています。そんな若き才能である彼と彼に師事する若手の職人が一丸となって、刀身を鍛え上げます。

TECHNIQUE

主な製品仕様・技術

刀身材
  • 青2 割込

  • VG10 割込

  • 青2 ダマスカス21層

  • VG10 ダマスカス37層

  • VG10 ダマスカス63層

ハンドル材
  • 口金付積層強化材

  • 口金付積層強化材 (真鍮飾入)

  • 口金付白マイカルタ

  • 朴木+水牛桂

  • 縞黒檀+水牛桂

  • 縞黒檀+鹿骨+水牛桂

仕上げ
  • 黒打ち仕上げ

  • 黒打ち鎚目仕上げ

  • 磨き仕上げ

LINE UP

製品ラインナップ

  • 自由鍛造 洋包丁 ペティナイフ 120mm

    36,300円/税込

    品番 W1/PA120
    全長 約230mm
    重量 約75g
  • 自由鍛造 洋包丁 ペティナイフ 150mm

    37,400円/税込

    品番 W1/PA150
    全長 約260mm
    重量 約100g
  • 自由鍛造 洋包丁 菜切 165mm

    41,800円/税込

    品番 W1/VE165
    全長 約300mm
    重量 約230g
  • 自由鍛造 洋包丁 三徳 170mm

    41,800円/税込

    品番 W1/SA170
    全長 約295mm
    重量 約220g
  • 自由鍛造 洋包丁 牛刀 180mm

    41,800円/税込

    品番 W1/CH180
    全長 約310mm
    重量 約215g
  • 自由鍛造 洋包丁 牛刀 210mm

    44,000円/税込

    品番 W1/CH210
    全長 約340mm
    重量 約235g
  • 自由鍛造 洋包丁 牛刀 240mm

    47,300円/税込

    品番 W1/CH240
    全長 約365mm
    重量 約285g
  • 自由鍛造 洋包丁 牛刀 270mm

    50,600円/税込

    品番 W1/CH270
    全長 約395mm
    重量 約340g