ホーム >  藤次郎と庖丁の話 >  藤次郎の話 庖丁の話

切れ味のもう一歩先へ

イメージ

私たち藤次郎株式会社は、日本を代表する刃物産地・燕三条で、伝統と革新を融合させた刃物を製造しています。
全ての工程を一貫して行うことで、品質の高い製品をお客様にお届けしています。
創業当時からこだわり続けた「最高の切れ味」のもう一歩先にある「最高の道具を手にした満足感」を実感していただくため、誠意・真心・感謝・創造の4つの想いとともに、常に技術と心を磨き、藤次郎製品をつくり続けます。

お客様とのお約束

イメージ

私たちは、品質の高い製品づくりを実現していくために、お客様と以下の4つをお約束いたします。

  • 誠意

    私たちは、気持ちの良い挨拶でお客様との心をつなげます。

  • 真心

    私たちは、まごころ込めた製品でお客様に満足感をお届けします。

  • 感謝

    私たちは、かかわるすべての人に感謝の気持ちを伝えます。

  • 創造

    私たちは、創意工夫を心がけ魅力的な製品を発信します。

藤次郎のシンボルマークは、4つの富士山が合わさってできた形をイメージしており、創業以来のトレードマークである富士印を継承しています。私たちは、この4つの約束をそれぞれの富士山に込めて「日本一」の高みを目指します。

伝統と革新

イメージ

玉鋼を鍛えてつくる日本刀の技も、藤次郎の庖丁に活かされています。
私たちが扱う素材の一つに「利器材」があり、それは日本刀の製法を引き継ぐ「打ち刃物」から生まれ、古くから継承されてきた高度な技法に裏打ちされたものなのです。
そして、私たちが得意とするのは、新潟県燕市の地域性を活かした「抜き刃物」の技術です。抜き刃物は、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率良い生産性が特長です。
機械によってある程度の効率化が可能であるとは言っても、やはり最後の決め手になるのは職人の腕や勘です。
人が手で直接触れて使う道具だからこそ、ものづくりの根底であるつくり手の技術を尊重し、藤次郎ではすべての工程において職人が納得いくまで目を配らせています。
伝統の技と現代の工業技術によって生み出す私たちの庖丁は、世界からも高い評価をいただいてまいりました。
私たち藤次郎は、日本でも数少ない一貫製造の庖丁メーカーとして、これからも伝統継承と技術革新の両立を目指してまいります。

日本の庖丁を世界へ

イメージ

藤次郎の庖丁は、海外の人々からもご愛用いただいております。
「世界の食文化の交流と伝承に貢献したい」
「日本の道具で世界の食文化を支えたい」
私たちはこのような想いから、フランス料理文化センターやメートル・ド・セルヴィスの会の活動に参加。
2004年に海外進出を果たしてから10年以上が経ちました。
今後は、海外への研ぎ直しの啓蒙活動をさらに意欲的に展開し、刃物やそれに関係する伝統工芸品の紹介も行っていく所存です。
目指すのは、世界的な食文化の交流、そこに藤次郎が寄与することです。

良い庖丁で美味しい料理を

イメージ

人類が初めて手にした石器も「刃物」と考えられています。
材料を切り分ける庖丁という道具は、人類の歴史とともに進化してきました。良い庖丁とは、食材の持ち味を損なうことなくキレイに切断する庖丁です。
数字に表せないその切れ味は、料理の味を左右します。
もちろん、丈夫で扱いやすく、切れ味が持続することも重要です。
美味しい料理と、それを味わう多くの皆様の幸せのために、私たちは藤次郎の庖丁をつくっています。

素材の特長

イメージ

藤次郎の庖丁に使用される主な素材の特長をご紹介します。

・ニッケルダマスカス鋼
耐蝕性の高いニッケルダマスカスを多層鍛造したもので、優美な波紋が特徴的です。この多層鍛造構造により芯材の炭素の緻密性が増し、刃物としては最高峰ともいえる硬度と安定した切れ味を誇ります。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー

・コバルト合金鋼
ステンレスに不純物がきわめて少ないコバルトが含まれていることにより素地が非常に硬く、切れ味・耐摩耗性に優れます。また、モリブデンが含まれているので弾力性に優れ、折れにくいという特性を持っています。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー

・モリブデンバナジウム鋼
ステンレスにモリブデンとバナジウムを添加させた材料で、耐摩耗性に優れて丈夫です。サビにも強く、切れ味が長持ちするのでお手入れしやすい素材です。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー

・粉末ハイス鋼
金属切削にも用いられる高速度工具鋼を細かい粉末の状態から一気に焼き固めたもので、金属組織が非常に緻密で硬度の高い素材です。切れ味・耐摩耗性に優れ、切れ味の持続性も兼ね備えています。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー

・ステンレス刃物鋼
焼入れ工程により元素量を調整して、刃物に用いるために強度を上げたステンレスです。他の刃物鋼には劣りますが、一般のご家庭での使用には十分な切れ味を有します。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー

・青紙鋼
純度の高い白紙鋼にクロムとタングステンを添加させた材料で非常に硬く、切れ味・耐摩耗性に優れます。強靭である分、研ぎには慣れを要しますが、切れ味の持続性が高いため永切れします。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー
×

・白紙鋼
砂鉄系の原料を用いて不純物を極限まで減少させた素材です。その分、焼入れ工程の温度管理が非常に難しく職人の腕が試されます。青紙鋼に比べると耐摩耗性は劣りますが、研ぎやすく鋭い切れ味を有します。

硬さ 切れ味 持続性 耐蝕性 研ぎやすさ シャープナー
×

洋庖丁の種類

イメージ

藤次郎が取り扱う主な洋庖丁の用途についてご紹介します。

・ペティナイフ
牛刀庖丁の小型タイプで、皮むき・飾り切・小細工などに適しています。刃渡りが大きめの場合、三徳庖丁の代わりに使用する場合も多い小型万能庖丁です。

・三徳庖丁
肉・魚・野菜など万能に使え、日常のお台所での使用に適した庖丁です。牛刀庖丁と薄刃庖丁の良いところを合わせ持っています。

・牛刀庖丁
明治時代に牛肉を食べる文化とともに海外から伝わった形状で、海外ではシェフナイフと呼びます。主に肉を切るのに使用しますが、魚や野菜にも使用できます。

・薄刃庖丁
野菜を切るための庖丁です。刃先がストレートになっているので皮むき・桂むきに適しています。三徳庖丁や牛刀庖丁に比べて、刀身が薄く仕上げられています。

・筋引庖丁
比較的大きな肉を部位ごとに切り分けるために使用します。身幅が狭く刃渡りが長いので、スライサーや刺身庖丁として使用することもできます。

和庖丁の種類

イメージ

藤次郎が取り扱う主な和庖丁の用途についてご紹介します。

・あじ切庖丁
あじなどの小さい魚や身が薄い魚をおろすのに使用します。小出刃よりも刀身が薄いので、内臓をかき出すのにも便利です。

・出刃庖丁
魚をさばくための庖丁で、刃が非常に厚く、三枚おろしや背開き、頭を骨ごと切る場合に使用します。大きめのさけ切、身幅の狭い身卸しなど用途によって種類があります。

・柳刃庖丁
刺身をつくるための庖丁で、骨のない上身など刃元から切っ先まで引き切りして使います。貝を切るための貝裂き、刀身が薄いフグ引きなど用途によって種類があります。

・蛸引庖丁
関東型の刺身庖丁です。四角い形状で柳刃庖丁よりも短めになります。柳刃庖丁と使い方は同じですが、喧嘩っ早い江戸職人用にこの形になったとの話もあります。

・菜切庖丁
野菜を切るための庖丁です。薄刃庖丁と似ていますが、菜切庖丁は片刃になります。野菜の皮むきに最適で、大根の桂むきによく用いられます。