ホーム >  お手入れ・名入れ >  お手入れ名入れ研ぎ直し・修理

庖丁の研ぎ方

どんなに切れ味が優れている庖丁でも、刃先は必ず摩耗していきます。良好な切れ味を保つために定期的に研ぎ直しを行いましょう。いつも最高の状態で藤次郎の庖丁をお使いいただくために、正しい庖丁の研ぎ方をご紹介いたします。

手順1

砥石を使用する前に水につけ、気泡が出なくなるまで水を含ませてください。

手順2

しっかりと庖丁を握り、親指で上から押さえつけるようにして庖丁がぐらつかないようにしてください。

手順3

刃を手前に向け、刃先の方から研いでください。砥石と刃先の角度を約45度に保つようにしてください。

手順4

数回研いだら指で触りながら引っかかりがあれば刃返りがある証拠ですので、研ぎを終了してください。

手順5

刃先を研ぎ終えたら刃の真ん中を研いでください。数回研いだら、指で触って刃返りを確認してください。

手順6

最後にアゴの部分を研ぎます。アゴの部分はあまり鋭利にはせず、鈍角に研いでください。

手順7

刃先を向こう側にして庖丁の裏面を研ぎ、裏側は刃返りをとる程度にしてください。

手順8

刃全体が滑らかになるように指で触って刃返りがなくなるまで研いでください。

手順9

仕上げ砥石がある場合には、最後に仕上げ砥石を使い、刃先を整えてください。

両刃の場合

割り箸一本程度の角度を一定に保つように、刃を寝かさずに表面を研ぎます。 裏面はさらに浮かせ気味にして研ぎます。

両刃の場合のイメージ

片刃の場合

刃の角度に合わせて、切刃と砥石がぴったりくっつくように研ぐのが基本です。 角度を一定にしないと"しゃくり研ぎ"になってしまいます。

片刃の場合のイメージ

日頃のお手入れ

藤次郎の庖丁を永く快適にご使用いただくために、次の点にご留意いただき、日頃から正しいお手入れを心がけてください。

お手入れのイメージ

ご使用後は柔らかいスポンジに台所用中性洗剤をつけて洗い、よく水洗いした後、水分を拭き取り乾燥させてから収納してください。

お手入れのイメージ

塩分や酸を含んだ汚れが付いたまま放置したり、湿気の多い場所で長期間保管したりするとサビが発生する場合があります。漬け物やレモン等を切ったあとは、早めに汚れを洗い落としてください。

お手入れのイメージ

月1〜2回を目安に研ぐと、よい切れ味が持続します。ただし、スライサーなどの波刃形状の庖丁は構造上、研ぎ直しができません。

お手入れのイメージ

サビが発生した場合はスポンジにクレンザーをつけて洗うか、砥石で研ぎ直してください。金属たわしなど硬いもので洗うと傷が入る場合があります。

お手入れのイメージ

電子レンジ・オーブンなどの中に入れて、乾燥させないでください。

お手入れのイメージ

洗い桶などの水及び、お湯の中に放置しないでください。サビの発生原因や柄の腐食の原因になります。

大切な庖丁をお預かりして、当社にて名入れを行います。名入れ方法は「レーザー」と「彫刻」からお選びいただけます。お名前以外にもメッセージやマークを入れることも可能です。世界に一丁だけのオリジナル庖丁として、贈り物にも大変喜ばれます。
当社ショップでお買い上げのお客様には、レーザー名入れをサービスにて承ります。

他社品の研ぎ直し・修理は基本的にお受けしておりません。

イメージ

  • レーザー
     

    レーザー 540円(税込)〜
  • 彫刻
    (文字の輪郭のみ)

    彫刻(文字の輪郭のみ) 540円(税込)〜
  • 彫刻
    (文字塗りつぶし)

    彫刻(文字塗りつぶし) 756円(税込)〜

名入れサイズ

50mm以内(文字数が多いほど文字サイズが小さくなりますのでご注意ください)

対応書体

かな・カナ・漢字:行書体、明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体、楷書体、金文体、隷書体

  • 行書体
  • 明朝体
  • ゴシック体
  • 丸ゴシック体
  • 楷書体
  • 金文体
  • 隷書体

アルファベット・数字:AppleGothic、Iowan-Old-Style、Optima、Garamond、CenturyGothic、AppleChancery、BrushScript

  • Gothic
  • Old-Style
  • Optima
  • Garamond
  • CenturyGothic
  • AppleChancery
  • BrushScript

イラストやオリジナルマークの名入れ

データをメールにてお送りください。
データ加工費として名入れ料金に追加で540円(税込)いただきます。

データをメールで送信

有償で藤次郎の職人が研ぎ直し・修理いたします。(研ぎ直しサービス券をお持ちの場合は無償)
研ぎ直し・刃欠け修理・ハンドルの交換など、ご自身で研ぐのが難しい場合やしっかりとメンテナンスを受けたい場合にご利用ください。

他社品の研ぎ直し・修理は基本的にお受けしておりません。メーカー各々に特殊な刃付けや鋼材を使用している場合があり、他社品をお送りいただいても修理ができずにご返送する場合がありますのでご了承ください。

スライサーなど波刃形状の庖丁は構造上、研ぎ直しができません。

イメージ

<研ぎ直し・修理依頼の手順>

1下記の「研ぎ直し・修理の申込」より必要事項をご記入いただき、弊社までご依頼ください。

お申し込みを受け付けますと、弊社カスタマーセンターよりご依頼内容の明細と「研ぎ直し・修理」についての概要を記した確認メールがご指定のアドレス宛に送信されます。
メールが届かない場合は迷惑メール判定になっていないかご確認ください。

2庖丁をお送りください。(送料はお客様負担となります。)

庖丁と購入時のレシートなど販売を証明する書類のコピーを、確認メールに記載された送付先にお送りください。

庖丁が配送途中で飛び出たり刃が突き出たりしないよう、ご購入時の箱やサヤを利用するか新聞紙などを刀身に巻いて、厳重に梱包していただくようお願いいたします。

研ぎ直しサービス券をお持ちの場合は、必要事項を記入して購入時のレシートを一緒に同封してください。

3お預かりした庖丁の状態を確認いたします。確認のためにお客様へご連絡させていただくことがあります。

4研ぎ直し・修理に掛かる料金をご指定のアドレス宛にメールにてご連絡いたします。内容・料金に問題無ければ、メールに記載のURLから弊社オンラインショップにアクセスいただき、お支払い方法をお選びください。

1枚108円(税込)の修理券を料金分ご購入いただく形でお支払いいただきます。

お支払い方法は、クレジット・代金引換・銀行振込・郵便振替・現金書留・ポイント利用からお選びいただけます。

1週間以内にメールへの返信や決済手続きが無い場合は、電話にてご連絡させていただくことがあります。

途中で修理をキャンセルすることもできます。その旨ご連絡いただければ、修理をせずにご返送いたします。

研ぎ直しサービス券をご利用の場合でも、庖丁の状態によっては有償となることがございます。その場合はあらかじめご連絡いたします。

5お客様からの決済手続き完了後、庖丁の研ぎ直し・修理を行います。

6研ぎ直し・修理が完了した庖丁をお客様のお手元にご返却いたします。

お預かりからご返却までは一週間ほど掛かります。(混雑状況により前後する場合があります。)

<研ぎ直し料金の目安>

 

150mm以下

151mm〜240mm

241mm〜

特殊形状

0.5mm程度の刃こぼれ・歪みがある。

刃先に細かいキズが多数入っている。

432円(税込)〜

540円(税込)〜

756円(税込)〜

応相談

1mm程度の刃欠け・歪みがある。

2度以上研ぎ直しを繰り返し、切れ味が戻りにくくなっている。

540円(税込)〜

756円(税込)〜

972円(税込)〜

応相談

5mm程度の刃欠け・刃割れがある。

切っ先部に欠けが発生している。

1,080円(税込)〜

1,296円(税込)〜

1,620円(税込)〜

応相談

5mm以上の大きな刃欠けや刃割れがある。

刀身に修正が必要な曲がりがある。

1,620円(税込)〜

1,944円(税込)〜

2,160円(税込)〜

応相談

<その他の修理料金の目安>

・和庖丁のハンドル交換

 

樹脂桂

水牛桂

交換のみ

432円(税込)〜

2,700円(税込)〜

交換+差込部の形状修正

972円(税込)〜

3,240円(税込)〜

交換+差込部の成形

1,620円(税込)〜

3,888円(税込)〜

・洋庖丁のハンドル交換

木柄部のみの交換

1,620円(税込)〜

木柄部+金属部の交換

2,160円(税込)〜

別仕様のハンドルへの交換

3,240円(税込)〜

・刀身の仕上げ直し

磨き直し・マーク入れ直し

540円(税込)〜

ダマスカス模様出し

324円(税込)〜

サビ落とし

324円(税込)〜

本刃付け仕上げ

540円(税込)〜

アゴ部・峰部の丸め処理

540円(税込)〜

・修理時の名入れ

レーザー

540円(税込)

彫刻(文字の輪郭のみ)

1,080円(税込)

彫刻(文字塗りつぶし)

1,296円(税込)

上記の内容以外の修理をご希望される場合は、当社カスタマーセンターへお問い合わせください。

研ぎ直し・修理の申し込み