コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
製品保証について

弊社商品の保証について

包丁の製造に携わり半世紀、藤次郎株式会社は全てのお客様に満足いただける品質と切れ味を追求しています。メーカーとしてお客様に納得いただける商品の提供と共に、メーカーとして製造した商品に関して品質の絶対的な保証を行っております。しかしながら、どのような商品にも経年変化による劣化は避ける事はできません。
このページは弊社製品についての保証制度をお客様にご確認いただき、保証の範囲について明確にご理解頂く目的で公開しております。

保証についてご注意頂きたいこと

弊社における製品保証については、製品添付の取扱説明書または保証書に基づき、弊社製造上の不具合に対して保証しております。万が一、弊社の製造上の不具合と見受けられる不具合を発見した場合は、ご使用なさらずに弊社サポート窓口まで至急ご連絡ください。修理または良品との交換などの対応をさせていただきます。弊社製造製品は全て、日本国内における生産物賠償責任保険の対象製品となっております。

製品ご購入の際は、この取扱説明書および保証書が添付されているかご確認ください。商品によっては取扱説明書と保証書が兼用になっている場合もございます。また、保証に関してはご購入後1年間が保証期間となっております。保証書に対して販売店様より販売日が確認できる印章を捺印頂くか、ご購入時のレシートや領収書など、ご購入日が確認できるものを取扱説明書を一緒に保管するようにしてください。
また、保証の内容については取扱説明書に記載のご使用方法を守っていただく必要があります。取扱説明書の内容に反した使用方法と判断できる場合は、保証が行えず有償修理となる場合もございます。ご了承頂きますようお願い申し上げます。このうち錆、刃こぼれなどは包丁特有の経年変化による現象であり、保証の対象とはなりませんので、あらかじめご注意ください。ただし有償での修理は承っておりますので、研ぎ直しや刃割れや刃欠けなどの刀身部の修理をご希望の場合は研ぎ直しサービスのページ、それ以外のハンドルなどの修理をご希望の際は包丁修理サービスよりお申し込みください。

保証規定について

現在、保証の対象となる製品に添付されている保証書の内容は以下の通りとなっております。保証書の内容は予告なく変更となる場合がございます。内容について定期的にご確認頂きますようお願い致します。

  1. 弊社製造上の不備により、故障や不具合が生じた場合、保証書をご提示の上、お買い上げの販売店、または下記の指定窓口に、該当商品とともにご持参・ご送付いただきますようお願いいたします。
  2. 保証の対象は弊社製造上の不備による不具合、故障、損傷等(特に焼きヒビによる刃割れ、柄の取付不良を指します)に対するものであり、経年変化や自然消耗、摩耗、劣化によるものは対象外とさせていただきます。
  3. 保証書の有効期限は購入日より1年間といたします。
  4. 本製品の故障、またはその使用によって生じた直接、間接の損害については当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 不当な改造、改良については当社は一切の責任を負わないものとします。
  6. 次のような場合には、保証期間中でも有償の修理となります。
    • 保証書のご提示がない場合。
    • 保証書の記入内容を故意に書き換えたことが判明した場合。
    • お客様による落下、衝撃、使用時のこじり等、お客様のお取扱いが適正でないために生じた故障、損傷の場合。
    • 天災、塩害、ガス害、地震、落雷、及び風水害、その他天災地変などの外部要因に起因する故障及び損傷。
    • 説明書記載の使用方法、及び注意に反するお取扱いによって発生した故障、損傷、不具合の場合。
    • 当社が指定する窓口以外で修理や調整、改良を施した場合。(研ぎ直し修理も含みます)
    • 錆・刃欠けに関しては、保証書の保証の対象とはなりません。
  7. 不具合や故障が判明した後もご使用を続けた場合、思いも寄らない事故を引き起こす可能性があります。保証の対象とならない場合でも、使用しないで弊社サービス窓口までお問い合わせください。
  8. ご不明な点は、お買い上げの販売店または弊社サービス窓口までお問い合わせください。
  9. 保証書は日本国内においてのみ有効です。

平成20年1月1日現在

参考:取扱説明書抜粋

現在、弊社商品に添付されている取扱説明書の代表的な内容の抜粋です。以下の内容を守っていただくことが、製品と長くお付き合い頂くための重要な条件となります。ただし製品によって内容が一部異なる場合がございます。また、万が一、取扱説明書を紛失されてしまった場合は、弊社お客様相談窓口までご連絡ください。

ご使用前の準備

  • 最初にご使用する前は、柔らかいスポンジに台所用中性洗剤をつけて洗い、よくすすいでからご使用ください。
  • ご使用前に、ハンドルのがたつきなど不具合を発見した場合は、使用せず販売店か、弊社お客様相談窓口までご連絡ください。

ご使用上の注意

  • 刃先で手や指を傷つけないよう注意してご使用ください。
  • 刃物ですから取扱い、保管には十分ご注意ください。
  • 破損または変形した場合にはご使用を中止してください。
  • 洗う際には刃先に十分ご注意ください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。また、子供が使用する場合は、保護者が必ずそばについて注意して使用してください。
  • 左右にこじって使用しないでください。刃欠け、折れ、割れが起きたり刃先が曲がる可能性があります。
  • 魚の骨やカニなどの硬い物を切るときは刃の厚い出刃庖丁を、冷凍食品には専用の冷凍ナイフをご使用ください。
  • カボチャなど硬い野菜を切る際、途中で刃が止まってしまった場合は、横などにこじらずに上に引き抜いてから、再度切り直してください。硬い野菜を切る場合は食材を電子レンジなどで温めると切りやすくなります。
  • 金属や石など硬い物の上では使用しないでください。
  • 缶のフタまたは、タグ開けなどには使用しないでください。
  • 庖丁を火であぶったり、火の当たる場所に保管しないでください。ハンドル部分の焦げや、異臭の発生、切れ味が悪くなる原因になります。
  • 冷凍食品は必ず完全に解凍してからご使用ください。

お手入れ・保管について

  • ご使用後は柔らかいスポンジに台所用中性洗剤をつけて洗い、よく水洗いした後、水分を拭き取り乾燥させてから収納してください。
  • 塩分や酸などを含んだ汚れが付いたまま放置したり、湿気の多い場所での保管はサビが発生する場合があります。漬け物やレモン等を切ったあとは、早めに汚れを洗い落としてください。サビ・変色の原因になります。
  • 月1〜2回を目安に研ぐと、よい切れ味が持続します。
  • サビが発生した場合はスポンジにクレンザーをつけて洗うか、砥石で研ぎ直してください。
  • 電子レンジ・オーブンなどの中に入れて、乾燥させないでください。
  • 金属たわしなど硬いもので洗うと傷が入る場合があります。
  • 洗い桶などの水及び、お湯の中に放置しないでください。サビの発生原因や柄の腐食の原因になります。
  • 食器乾燥機・洗浄機のご使用はお避けください。専用洗剤や温度の作用によりサビが発生したり、柄の変色、異臭、収縮が発生する場合があります。

平成20年1月1日現在

| |