コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 中華包丁シリーズイメージ

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 中華包丁シリーズ

丸柄桂付 (F-920)

刀身構造 共通な製品仕様
DPコバルト合金鋼割込の構造 切れ味レベル7(業務プロ向け) 刃先硬度レベル3
両刃・業務用刃付け 両刃・業務用刃付け 特殊口金形状 特殊口金形状
自然木ハンドル 自然木ハンドル    

※切れ味・刃先硬度は目安です。

平柄2本鋲 (F-921、F922)

刀身構造 共通な製品仕様
DPコバルト合金鋼割込の構造 切れ味レベル7(業務プロ向け) 刃先硬度レベル3
両刃・業務用刃付け 両刃・業務用刃付け 口金無し 口金無し
自然木ハンドル 自然木ハンドル 2本鋲・本通し 2本鋲・本通し

※切れ味・刃先硬度は目安です。

DPコバルト合金鋼割込材を得た実力派中華包丁

切れ味の追求から生まれた「藤次郎」独自のDPコバルト合金鋼は、低温ガス還元法によって不純物を取り除いた高純度の鉄鉱石を13クロームステンレス鋼によって挟み込んだ画期的な複合素材です。切れ味とお手入れのしやすさ、そして妥協のない刃付けによって、業務の世界で定評の割込複合材の刀身を中華料理の世界へ活かされました。豪快な使用が主体のように思われる中華包丁ですが1丁の包丁であらゆる調理をこなす懐の広さと、細かい作業へのコントロール性など繊細さを併せ持った中華包丁には、まさにこのDPコバルト合金鋼割込による刀身が最適なのです。

握りを研究した独特のハンドルデザイン

藤次郎 中華包丁のハンドル

中華包丁は大きな1本でペティナイフや牛刀包丁といった使い分けと同じように使いこなします。このことは包丁の握りにも独特のスタイルが生まれており、刀身とハンドルを一緒に握るような握り方が特徴になります。このため藤次郎では2種類のハンドルをご用意し、使い方に合わせた最適なグリップを提供しています。丸ハンドルは力の弱い方でも安心してグリップできるよう樽型とし、角型ハンドルはストレート形状で余計な装飾を施さない実用性重視の設計です。
ハンドルの材質には手触りの良い自然木をあえて使用しており、使うほどに生まれる風合いも楽しめます。

丹念に仕上げられた芸術的な刃付け

切れ味にこだわり、本当のプロにも納得いただける刃付けを施しております。業務用包丁では刃付けの工程だけでも5工程以上あり、非常に手がかかっています。業務用では耐久性が重視されますが、その中でも「藤次郎」は切れ味を追求し、刃付けや刀身の構造の研究にこだわってきました。まさにそのこだわりの集大成ともいえる切れ味は様々な業種のプロの皆様からご愛用いただいております。

DP コバルト合金鋼と中華包丁の新しい出会い

藤次郎のアイデンティティの一つでもあるDPコバルト合金鋼割込材を、四千年の歴史を誇る中華の世界に加えました。豪快さと繊細さを兼ね備えた切れ味をお楽しみください。定評の刀身はそのままにハンドルを新世代のオールステンレスハンドルとしたTojiro-Pro DPコバルト合金鋼割込シリーズも取り揃えております。

品番 品名 全長 重量 希望小売価格  
F-920 330mm 500g 18,500円 F-920をTOJIRO:Netで購入する
F-921 330mm 480g 20,000円 F-921をTOJIRO:Netで購入する
F-922 330mm 560g 23,500円 F-922をTOJIRO:Netで購入する
※上記希望小売価格には消費税は含まれておりません。
※本体重量は手作りのため誤差が生じますのでご了承ください。

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 中華包丁シリーズ ギャラリー

  • 製品イメージ: F-920
    F-920 中華 220mmです。
    丸柄の若干小さめの中華ですが、中厚の刃で肉・魚・野菜など万能に使用できます。
  • 製品イメージ: F-921
    F-921 中華 225mm (薄口)です。
    角柄の標準的な中華で、野菜や肉など柔らかいもの向きです。
  • 製品イメージ: F-922
    F-922 中華 225mm (厚口)です。
    角柄の標準的な中華で、中厚の刃は肉・魚・野菜など万能に使用できます。
Now Loading
サムネイルパネル:
| |