コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
DICK ActiveCut シリーズイメージ

DICK "ActiveCut" シリーズ

刀身構造 共通な製品仕様
モリブデンバナジウム鋼の刀身 切れ味レベル6(業務プロ向け) 刃先硬度レベル2
両刃・業務用刃付け 両刃・業務用刃付け 口金付 口金付
エラストマー樹脂ハンドル エラストマー樹脂ハンドル 樹脂焼込一体成型 樹脂焼込一体成型

※切れ味・刃先硬度は目安です。
※ステーキナイフ、パンスライサー、先丸スライサーは波刃(片刃)になります。

DICKの新たな挑戦が結実

200年以上の歴史を誇るドイツのトップブランド、DICK社は厨房向け工業機械と世界でもっとも有名なスチール棒とともに専用ナイフも信頼のブランドとして確立しています。世界でも先陣を切って医学先進国であるドイツならではの人間工学に基づいた樹脂製特殊形状ハンドルや、徹底的な衛生管理を推し進め、業界をリードし続けています。この「ActiveCut」シリーズは、藤次郎株式会社をはじめとするアジアのメーカーとの技術交流の中生まれました。ヨーロッパで一般的な熱間鍛造による刃物づくりによるフルタング形状をあえて捨てて、研ぎ直しが容易である日本式の口金形状を組み合わせた先進的なシリーズに仕上がっています。あえて口金式として成型しても、ドイツの伝統である熱間鍛造による成型にこだわる頑固さはまさにドイツのマイスターの誇りを証明し、新たな挑戦と温故知新を絶えず意識し続けているのです。

人間工学に基づいたハンドルに日本の口金形状を採用

ハンドル形状はDICK社が最も得意とする人間工学を取り入れた形状を踏襲。研ぎ直しを考慮した日本で培われた口金形状を採用することで日本の皆様にも馴染み深く、かつ使いやすい形状に仕上げています。熱間鍛造を方式を成型方法に採用することで、ハンドルと刀身の重量バランスも最適なものになっています。また口金部と樹脂ハンドルのつなぎ合わせもコンマ単位の成型の精密さが生み出すもの。あえて鋲止め方式を採用せず、計算し尽くされた形状により衛生的にも優れた理想的なハンドルが誕生したのです。
ハンドル中央部に輝くDICKのロゴマークプレートは単なる飾りではなく、まさにDICKが自信を持って世界に提案することを証明したものでもあるのです。

ドイツの伝統を肌で感じる完成度

アメリカ・ヨーロッパ諸国の厳しい食品安全基準や工業規格を、数多くクリアしているDICK社だからこそのしっかりとした物づくりの精神は、一つ一つのクオリティに如実に表れています。切れ味や刀身構造などについても藤次郎株式会社との数多くのコラボレーションや技術交流を踏まえた上で生まれたシリーズと言えるでしょう。
ドイツ伝統のクラフトマンの誇りに、日本の刃物技術のエッセンスが絶妙に融合したグローバルなシリーズです。

まさに進化するアクティブカット

200年以上の歴史を誇るDICK社が、未だに世界でもトップのポジションでいることが出来る理由は、まさにこのシリーズが体現しているといえるでしょう。伝統の技術はそのままに貪欲に新たなスタイルを取り入れ形にする姿は、トップメーカーでも革新を求めているアクティブな社風がそのまま商品に表現されているといえます。
まさに切れ味も「アクティブカット」。先進の技術と使いやすさを追究するシリーズです。

品番 品名 全長 重量 参考価格  
9047-09 000mm 000g オープン 9047-09をTOJIRO:Netで購入する
9003-12 000mm 000g オープン 9003-12をTOJIRO:Netで購入する
9045-15 000mm 000g オープン 9045-15をTOJIRO:Netで購入する
9054-18 000mm 000g オープン 9054-18をTOJIRO:Netで購入する
9056-21 000mm 000g オープン 9056-21をTOJIRO:Netで購入する
9047-21 000mm 000g オープン 9047-21をTOJIRO:Netで購入する
9047-26 000mm 000g オープン 9047-26をTOJIRO:Netで購入する
9042-18K 000mm 000g オープン 9042-18KをTOJIRO:Netで購入する
9039-21 000mm 000g オープン 9039-21をTOJIRO:Netで購入する
9051-26 000mm 000g オープン 9051-26をTOJIRO:Netで購入する
9050-32K 000mm 000g オープン 9050-32KをTOJIRO:Netで購入する
※上記参考価格には消費税は含まれておりません。
※DICK "ActiveCut" シリーズはオープン価格が設定されております。

DICK "ActiveCut" シリーズ ギャラリー

  • 製品イメージ: 9047-09
    9047-09をTOJIRO:Netでチェックする

    9047-09 ボーニング 130mm (Flexible)です。
    峰が反りかつ刃がカーブした刀身で、海外では一般的な骨スキで、柔軟なしなりが特徴です。

  • 製品イメージ: 9003-12
    9003-12をTOJIRO:Netでチェックする

    9003-12 ボーニング 150mm (Flexible)です。
    峰が反りかつ刃がカーブした刀身で、海外では一般的な骨スキで、柔軟なしなりが特徴です。

  • 製品イメージ: 9045-15
    9045-15をTOJIRO:Netでチェックする

    9045-15 ボーニング 130mm (Semi-Flexible)です。
    峰が反りかつ刃がカーブした刀身で、海外では一般的な骨スキで、適度なしなりが特徴です。

  • 製品イメージ: 9054-18
    9054-18をTOJIRO:Netでチェックする

    9054-18 ボーニング 150mm (Semi-Flexible)です。
    峰が反りかつ刃がカーブした刀身で、海外では一般的な骨スキで、適度なしなりが特徴です。

  • 製品イメージ: 9056-21
    9056-21をTOJIRO:Netでチェックする

    9056-21 ボーニング 130mm (Stiff)です。
    峰が反りかつ刃がカーブした刀身で、海外では一般的な骨スキで、しなりの無い粘りが特徴です。

  • 製品イメージ: 9047-21
    9047-21をTOJIRO:Netでチェックする

    9047-21 ボーニング 150mm (Stiff)です。
    峰が反りかつ刃がカーブした刀身で、海外では一般的な骨スキで、しなりの無い粘りが特徴です。

  • 製品イメージ: 9047-26
    9047-26をTOJIRO:Netでチェックする

    9047-26 ボーニング 細身直刀 130mm (Flexible)です。
    細身の骨スキで、刀身は柔軟なしなりが特徴です。

  • 製品イメージ: 9042-18K
    9042-18KをTOJIRO:Netでチェックする

    9042-18K ボーニング 細身直刀 130mm (厚口)です。
    細身の骨スキで、刀身はしなりは無く厚手に仕上げています。

  • 製品イメージ: 9039-21
    9039-21をTOJIRO:Netでチェックする

    9039-21 ボーニング 細身直刀 150mm (Stiff)です。
    細身の骨スキで、刀身はしなりが無い粘りのある刀身です。

  • 製品イメージ: 9051-26
    9051-26をTOJIRO:Netでチェックする

    9051-26 ボーニング 細身直刀 150mm (厚口)です。
    細身の骨スキで、刀身はしなりは無く厚手に仕上げています。

  • 製品イメージ: 9050-32K
    9050-32KをTOJIRO:Netでチェックする

    9050-32K ボーニング 幅広 130mmです。
    身幅のあるストレートの刀身の海外では一般的な小型の骨スキです。

Now Loading
サムネイルパネル:
| |