コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
Tojiro Plusシリーズイメージ

Tojiro Plus DPコバルト合金鋼割込シリーズ

刀身構造 共通な製品仕様
DPコバルト合金鋼割込の構造 切れ味レベル6(業務プロ向け) 刃先硬度レベル3
両刃・業務用刃付け 両刃・業務用刃付け 特殊口金形状・一体成型 特殊口金形状・一体成型
18-8ステンレス鋼ハンドル採用 18-8ステンレス鋼ハンドル    

※切れ味・刃先硬度は目安です。

システムキッチンに映える「藤次郎」

Tojiro Plusシリーズのアゴ部と刀身

システムキッチンに映えるデザインを目指して開発されたTojiro Plusシリーズは、家庭用として最適なサイズを取り揃えていますが、切れ味についても家庭用と妥協はしていません。「藤次郎」の切れ味への執念を形にした複合材、DPコバルト合金鋼割込材を採用。ハガネの切れ味とステンレスの扱いやすさを高次元で融合した刀身は、ハンドルデザインに負けない強い印象を残す鮮烈な切れ味を誇ります。 刀身の形状も家庭での使用に最適になるようアゴ部を専用形状とし、柔らかいRで指のかかりがよくなるよう設計されています。

十字特殊形状18-8ステンレス鋼ハンドルを採用

Tojiro Plusシリーズのハンドルエンド部

金メッキを施した優雅なハンドルは十字をモチーフにした特殊形状。柄尻から徐々に形状が変化する断面は握りやすさを考慮し、グリップも優れます。また金メッキは柄尻部の十字を際立たせるよう手間をかけた処理を行っています。
もちろんステンレス製ハンドルですから、長くご使用頂いても柄の腐蝕や破損とは無縁です。また、木柄のように接合部や隙間が存在しないので、バクテリアなどの侵入、繁殖を防止し、熱湯消毒も可能です。

丹念に仕上げられた芸術的な刃付け

切れ味にこだわり、本当のプロにも納得いただける刃付けを施しております。業務用包丁では刃付けの工程だけでも5工程以上あり、非常に手がかかっています。業務用では耐久性が重視されますが、その中でも「藤次郎」は切れ味を追求し、刃付けや刀身の構造の研究にこだわってきました。まさにそのこだわりの集大成ともいえる切れ味は様々な業種のプロの皆様からご愛用いただいております。

デザインにとことんこだわった藤次郎

Tojiroシリーズの中でも家庭で使用される事を念頭に置いた、鮮烈なハンドルデザインをもつTojiro Plusシリーズは家庭で最も使い易いサイズとアイテムに絞ってシリーズ展開しています。
業務用のサイズやアイテムなどをご希望の場合はTojiro-Pro DPコバルト合金鋼割込シリーズをご覧ください。

品番 品名 全長 重量 希望小売価格  
F-784 250mm 65g 7,000円 F-784をTOJIRO:Netで購入する
F-788 310mm 135g 10,000円 F-788をTOJIRO:Netで購入する
F-795 300mm 145g 10,000円 F-795をTOJIRO:Netで購入する
※上記希望小売価格には消費税は含まれておりません。

問屋・販売店様へのお知らせ

本シリーズは製造を終了しており、TOJIRO:Net SHOP以外での一般販売向けのご提供の予定はございません。現在庫分販売終了次第、終了となりますので、お見積依頼や商品供給などのお問い合わせに対応できない場合がございますので、あらかじめ御了承ください。

Tojiro Plus DPコバルト合金鋼割込シリーズ ギャラリー

  • 製品イメージ: F-784
    F-784をTOJIRO:Netでチェックする

    F-784 ペティ 145mmです。果物の皮むきや簡単な調理に適しています。

  • 製品イメージ: F-788
    F-788をTOJIRO:Netでチェックする

    F-788 牛刀 170mmです。肉や野菜等の調理に適しています。

  • 製品イメージ: F-795
    F-795をTOJIRO:Netでチェックする

    F-795 三徳 160mmです。肉や野菜、魚の切り分け等に使用できる万能包丁です。

Now Loading
サムネイルパネル:
| |