Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

カローラ 50周年

カテゴリー: クルマ   [ 2016.3.31 (木) 20:46 ]

2017-Toyota-Corolla-50th-PLACEMENT-626x382【ニューヨークモーターショー16】北米向け トヨタ カローラ に2017年型…表情一新

北米トヨタはNYモーターショーにて、北米向けのカローラシリーズをフェイスリフトし、2017年モデルとして発表しました。
2013年に発表されたCOROLLA FURIA CONCEPTの市販版として投入された北米モデルは、毎年のフェイス流布とが行われていますが、キーンルックと大型のバンパーグリルのフロントフェイス、Cピラー部に向けてキックアップするボディパネルもスポーティなスタイルを出していて、日本のカローラとは一線を画していて、単純にかっこいいですよね。そして、カローラ生誕50周年を記念した特別仕様車も、日本ではなく、この北米向けモデルに登場しています。日本では50周年ってお祝いしてましたっけ??

実際に現在のカローラはコンパクトな日本向けのモデルと全く違うモデルがグローバルモデルとして存在し、北米仕様をベースとして一回り大きい3ナンバーサイズモデルがヨーロッパや中国などにも投入されています。ちなみに中国では懐かしのレビンの名称を冠したハイブリッド専用モデルも販売されています。海外向けのカローラはかなりスタイリッシュなセダンで展開されていて、このまま日本に投入されても人気が出そうなのですが、一度「変わらなきゃ」といっていたにもかかわらず、日本は独自のファミリーや社用車向けとしてのコンパクトなスタイルが中心のカローラのままであるのは少しさみしいところ。現在のカローラアクシオなんて、プラットフォームはVitzファミリーと同じものになってしまっていますしね。
シビックなどもそうですが、人気がないことから投入を見送られているモデルも、これだけ若々しいスタイルのグローバルモデルと同じものが投入されるようになれが、少しは若い層もクルマに興味を持つようになりそうでですけど、どうなんでしょうね。