Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

居酒屋 治田家

カテゴリー:お酒  [2016.4.4 (月) 23:22]

IMG_6973月曜日なんですが、飲み会です。別に飲み会が月曜日でも大丈夫ですよね。昔に比べると自分の飲める限度がわかっているからか、無茶も翌日のつらさもそれほどなくなりました。いい傾向です。
今回は、吉田の富永で日本酒が美味しいお店があるとのことで、ちょっと足を伸ばして飲みにやってきました。お店の名前は治田家さん。facebookでも友人がよく利用しているようで、良く写真が上がってくるので気になっていたんです。

早速お店にやってきたんですが、まさに隠れ家。道沿いに看板が出ているわけではないので、夜に普通に走っているとわからずに通り過ぎてしまいそうな場所にあります。入り口はまさに農家のような出で立ちで、農家の倉庫を改造したような感じでしょうか。お店に入ると、しっかりとしているので雰囲気作りはばっちりなんですね。メニューに忍者が所々隠れていて、店主さん曰く、「隠れ家なんで…」とのこと。狙ってますね。

料理メニューも豊富で、北海道メニューなども多く扱っているのももちろん、お値段もそれほど高くなくてリーズナブル。ビール好きとしてはたまらない、あの「男前」系の大ジョッキが用意されていました。そして、特筆すべきは日本酒の種類の豊富さ。店主さんは日本酒ソムリエの資格を持っているそうで、日本全国から集めてきた日本酒が楽しめることも売りになっています。ここで重要なのは日本全国ということ。もちろん新潟県に住んでいてたくさんの美味しいお酒もあるんで、あえて県外の蔵元のお酒を飲む必要もないともいえるんですが、あえて別の地域のお酒を飲むのもたまにいいんですよね。それでさらに新潟のお酒に対する愛着も深まると思うんですよね。石川から山形、いろいろな地域のお酒を勧められる通り飲んでみましたが、やはり地域もそうですし、蔵元によっても全然違いますよね。久しぶりにたっぷりと日本酒を頂いちゃいました。
そして、しっかりとラーメンも頂いてきました。酔っ払っているので、味の解説が出来ないんですが、締めにピッタリのしっかりとしたラーメンでした。( ´艸`)これじゃこの前の登山で消費したカロリーが元通りですね。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

角田山と雪割草

カテゴリー:雑談  [2016.4.3 (日) 11:16]

IMG_6959春になってきましたね。まだ風は冷たいとはいえ、一気にサクラも開花を迎えそうですね。最近休みの日が、天気悪いこともあって出かけることが少なかったんですが、野草がちょうど見頃を迎えているとのことで、運動がてら角田山に登ってきました。

最近の運動といっても、年に一回のスノーボードとたまに出かけるゴルフぐらい。しっかりした運動をしてないので、こういう機会でもないと身体を鍛えられないです。鍛えるというよりも人並みの体力に戻すといった方が正解かもしれませんが。おかげさまで最近はラーメン食べる量が少し減っていることもあり、体重自体は増えてはいないのですが、筋肉量が確実に減っている様子で、こういう運動は大切です。

IMG_6970しっかりと山に登る人は麓から昇っていくのですが、私たちは中腹の五ヶ峠から、登山開始。中腹といっても結構しっかりと登ることになります。まだまだ山は涼しいので、身体は熱くなりますが、汗はそれほどかかなくて爽快な感じで登っていけます。あと、朝が早いとすれ違いもそれほど多くないので、挨拶の連続で声をからすこともないです。朝一での登山はなかなかじっくりと楽しめます。そして、角田山はちょうどこの時期、かたくりと雪割草が見頃。斜面一面に咲き誇る群生した紫色のかたくりの花は、疲れが吹っ飛ぶぐらいの綺麗さ。そして、数は少なくなってしまっていますが、小さな雪割草も所々に顔を出していてかわいらしいです。野草は摘んでいくことは禁止されているんですが、無視して摘んでいく人も多いそうで、登山道付近の雪割草がかなり減っているのは悲しいところですが、自生している雪割草の可憐さは必見の価値ありです。
たまにはこういう運動も必要ですよ。皆さん!

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

クオウライ4

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟県, 燕市  [2016.4.2 (土) 13:15]

IMG_69584月に入ったので、春モードで土曜日も営業を再開。産業カレンダー休みの日も絶賛仕事中です。そして、いつもの勢いで弁当買ってくるの忘れました。といってもラーメン屋さんはいくらでもあるので、お昼には困らないですよね。今日は久しぶりにクオウライさんの担々麺が食べたくて、午前中はそわそわしてました。(^^;
シフトのお昼休みで13時過ぎにお店にやってきました。昼時をずらせるのもこういう仕事の醍醐味です。それでもしっかりとお客さんはいらっしゃいました。ここら辺の産業カレンダーは休みの日ですしね。早速カウンターに陣取り、担々麺 (700円)を注文。

13時過ぎというのにひっきりなしにお客さんが来店。皆さん担々麺、広東麺を注文していきます。そうこうしているうちに担々麺が着丼です。
たっぷりの白ごまが浮いたスープは、ごまの風味がしっかりとしたコクのある味わい。出汁の味はそれほど強くなくしっかりとサポートする感じ。辛みは見た目ほどではないのですが、春先といえども汗が止まりません。個人的にはもっと辛くしたいところですが、味のバランスを崩さない方が良いですしね。
麺は一般的な中華麺ですが、角断面の細麺。コシもしっかりとしていてしっかりとスープを絡めていきます。量的にはバランスが良くて、少なからず多からず。満腹になるには大盛りが必要ですが、お昼となればこれぐらいがちょうどいいかもしれません。
トッピングは大量の白ごま、挽肉餡、メンマ、青梗菜、白髪ねぎ、そして、チャーシュー1枚。担々麺だとチャーシュー入っていないところも多いんですが、この金額でしっかりと入っているのはうれしいですね。そして青梗菜の彩りが美しくて、本格派です。
たぶんここら辺では一番本場の担々麺が味わえる数少ないお店だと思います。他のメニューも食べようといつも思うんですが、結局担々麺になってしまいます。こういう美味しいお店でお昼からビール飲んで過ごしたいなあ…

吉田東栄町の住宅街にお店があります。看板は中国語を使っているので「クォウライ」とは書いてないのですが、駐車場に車がたくさん止まっているので分かりやすいと思います。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

エイプリルフール

カテゴリー:仕事, 雑談  [2016.4.1 (金) 20:13]

img_03今年も企業の気合いの入ったエイプリルフールネタが一杯出ていますね。まさにエイプリルフールといった笑えるものから、ほんとに実現できたら夢が広がりそうなものまでたくさん出ています。悪ふざけにならない程度に、恒例行事になるといいですね。
その中で、お寿司の宅配を手がける銀のさらさんでは、4月1日に銀の帝国を発足し、暗黒寿司を極めた伝説のシルバーディッシュ皇帝が最高責任者に就き、世界征服を目指すと発表しています。もちろんこれもそのネタではあるんですが、シスがスシを握るというダジャレを壮大なネタに昇華させていて、ページの出来もそれ風。ライトセーバー風の包丁でネタを切ると、切ると同時に炙りも出来てしまうのだそうです。ダース・シディアス風のメイクや画像処理なんか、好きな人にはたまらないところですよね。

ふと、このビジュアルを見て思い出したものがあります。まだ大学生の時代にモノマガジンが優れたデザインを冊子で取り上げる特集の中で、たまたま見たものが包丁で、刃先が写真撮影のライティング効果で青白く光っていたんですね。そのインパクトがすごく強くて、そんなデザインをしたいななんて思ったことがありました。結局、商品として実現することは出来ないでいますけど、当時のインパクトは相当高かったんですよね。刃先に色を付けることはイオンプレーティングや酸化発色などを用いれば技術的に可能ではあるんですが、市場性は薄いというのも一つ。でもエイプリルフールネタではなくて、いずれは実現できるといいなと思ったりして。まあ、実現は出来ないんでしょうけどね。レーザーなどを利用した包丁なんていうのも未来では実現するのかもしれませんけど、そんな何十年も前の記憶がふとよみがえった日でした。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント