Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

あけましておめでとうございます

カテゴリー:神社仏閣, 雑談  [2016.1.1 (金) 00:14]

IMG_6784あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
相も変わらず、今年も白山神社からスタートです。毎年こちらで二年参りするのが恒例ですが、厄年の頃から始めた初詣時のお祓い・御祈祷が毎年の行事になりました。しっかりと家内安全、身体健全をお願いしてきました。歳も歳ですからね、身体には気をつけないと。

しかし、ここ何年も通っていますが、必ず雨か雪です。新潟の冬なら当然なんですが、たまに晴れた年の瀬なんていうのも過ごしてみたいです。まあ、寒くてもこうして出かけてこれて、ちゃんと初詣が出来るだけでも幸せではあるんですけど。あと、二年ぐらい前から御炊き上げの浄火に直接浄火するものを入れられなくなりました。もちろん風などもあって危険というのもあるんですが、普通浄火場で燃やしてはいけないような、ぬいぐるみやらノートやら燃えないゴミ!なんてものを投げ入れる人が後を絶たなかったらしいんですよね。
なんかこういうモラルがない人が増えてしまっているのもさみしいところ。参拝時に大騒ぎしている若者も多いけど、そういうことよりもっと問題かもしれないですよね。
昨年もいろいろなことが起きてめまぐるしい年だった気がするので、とにかく、今年は幸せで静かな年でありますよう、願ってやみません。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

新潟大神宮

カテゴリー:神社仏閣  [2015.1.18 (日) 15:55]

IMG_5515先日実家に帰省しした際に、初詣に靖国神社に伺ったんですが、実はその前に東京大神宮にも行ってたんですね。あまりにも行列していたのであきらめたんですが。
もともと東京大神宮っていわゆる神宮司庁の出張所みたいな位置づけで発足したようですが、現在は通称伊勢神宮と呼ばれる神宮の天照皇大神と豊受大神をお祀りしているので、東京における伊勢神宮の遥拝殿として親しまれているようです。実際「大神宮」って、内宮と呼ばれる天照大神を祭る「皇大神宮」と、外宮と呼ばれる豊受大神を祭る「豊受大神宮」の二つを併せた総称なんですね。今回はあまりの人多さにあきらめましたが、機会があったら是非伺ってみたいと思います。なんてことを、ネットサーフィンして調べていたら新潟にも実は大神宮があることを発見。その名もそのまま新潟大神宮。さっそくお休みを利用して覗きに行ってみました。

新潟市内には総鎮守として白山神社、総鎮護として護国神社があります。白山神社は白山信仰の菊理媛大神=白山大神、伊邪那岐命、伊邪那美命を主祭神として、配祀神に天照皇大神、八幡大神を祀っています。護国神社は明治維新の際、国事に殉難した英霊を祀っており、靖国神社などと同じく新潟招魂社が元になっています。これに対し新潟大神宮はその名の通り、伊勢神宮の分社で天照皇大神を祀っています。

新潟市の西大畑の静かな住宅街の中にあって、参道の横は普通の民家。脇に坂口安吾氏の生家跡があり、入り口に石碑も建てられていました。社殿は思ったよりも小さくて拍子抜けしてしまうような感じはありますが、拝殿に掲げられた「敬神祟祖」の額、歴史を感じさせる佇まいに気がきゅっと引き締まる思いがしました。拝殿の中は広くて静か。御朱印をもらうために社務所を探そうと思ったんですが、拝殿脇に押しボタンがあり、御用のある方はこちらからと表示されていました。試しに押してみると社殿の奥からお年を召された宮司さんが出てこられました。少し足が不自由のようです。御朱印をお願いすると、拝殿に向かって左側にある社務所へ行かれるとのことだったので、ちょっと心配したんですが、拝殿横の自転車で少しの距離をしっかり運転して移動されていきました。なかなかシュールな光景でした。
以前も新潟に住んでいたこともあるんですが、大神宮の存在の記憶が無いので、結構知る人ぞ知るといった感じなのかもしれませんが、来年から白山神社への初詣と一緒に詣ってみたいなと思いました。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

靖国神社

カテゴリー:神社仏閣, 雑談  [2015.1.3 (土) 11:50]

IMG_54763が日の最終日、靖国神社に参拝にやってきました。そういえば東京に住んでいた頃に一度も参拝していなかったですね。子供の頃初詣に行ったのは明治神宮、受験シーズンの湯島天神ぐらいでした。ニュースなどで見ることは多いのですが、実際に来るのは初めてです。初めて来ましたが、広い参道といい、力強い鳥居といい、重厚な拝殿といい圧倒されます。天気も良かったのですがすがしい気分で参拝することが出来ました。ちなみに靖国神社には東京都での桜の開花日を決定する三本の標準木があり、ここで桜が咲くことが東京の開花宣言の基準にもなっているそうです。

この靖国神社、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つとして知られていて、幕末の志士や軍人・戦没者と、皇族として戦地で薨去された北白川宮能久親王、北白川宮永久王を主な祭神として祀っています。神社本庁に属さない神社で、少し一般の神社とは違う存在でもあります。
いろいろな思想とか、歴史的な背景などもあるので、あまり多くは語るべきではないのですが、現代の日本人がこの靖国神社を参拝することで、先の戦争について美化する意識を持つことはないと思いますし、二度と戦争を起こそうと考えることはないはずです。確かに元々は軍事的宗教施設だったところですし、A級戦犯も合祀されており、近隣諸国の感情などを考えると国の代表が参拝すること自体はあまり良いことではないのかもしれません。実際、A級戦犯が合祀されてからは天皇陛下も参拝されていないですしね。
ただ、純粋に日本の国のためになくなった「英霊」に、二度と戦争を起こさないと誓うための神聖な場所として変わっていくのであれば、少しは状況が変わるのかもしれません。少なくとも私はそのような気持ちで参拝していました。私たちは宗教や表現などの自由を保証されていますが、自分以外や、さらに周辺の国や違う宗教や考えの人たちに、少なくとも不快な気持ちにさせない自由の行使を心掛けたいなと感じました。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

新年らしい過ごし方

カテゴリー:神社仏閣, 雑談  [2015.1.2 (金) 13:49]

IMG_5468東京にやってきましたが、穏やかな天気ですね。新潟も冬の空がこんな色だったら…ま、それは置いといて。東京の実家にやってきたのは、久しぶりに一般参賀へ行ってみたいと思ったからです。滅多にない機会ですもんね。眞子様や成人された佳子様が参加するとのことでしたので、ミーハー気分で参加です。

久しぶりに参加しましたが凄い人出ですね。しかし、ここでハプニング。携帯を忘れてきた両親と荷物検査のあたりではぐれてしまいました。ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
母は車いすなので、車いす用の専用席で見ることができるのでそこら辺を探したりと動いてはみたものの、これだけの人で見つけることが出来ませんでした。ま、実家の場所が分からないワケでもないし、とりあえず11時の2回目のお出ましはそんなこんなで、良い場所から参賀できなかったので、3回目にも参賀させて頂きました。日本人ですからね。こういう新年の過ごし方もたまにはいいですよね。

IMG_5469ちなみにその後、父が機転を利かせて、公衆電話から連絡してくれたおかげで、しっかりと合流することが出来ました。合流場所は両親が最近よくお詣りに行くという愛宕神社です。愛宕神社は東京23区の中では一番高い山の愛宕山の頂上にある神社で、主祭神は火産霊命 (ほむすびのみこと)。愛宕信仰の総本社である京都府京都市右京区の愛宕神社に由来し、徳川家康の命により防火の神様として祀られています。火の神様なので火に関するもの・防火・防災、印刷・コンピュータ関係、商売繁盛、恋愛・結婚・縁結びに御利益があるそうです。火の神様であることは知っていたんですが、IT系に強い神様なんですね。しっかりとお願いしてこないと…ちなみに調べてみると新潟は古町愛宕神社と阿賀町の愛宕神社が有名どころのようですが、全国に約900社ぐらいあるそうです。

母はリハビリの成果をこの愛宕神社の急な石段を登ることで確認しているようで、父と一緒にゆっくりと登っていきました。その間に私は駆け上がって参拝の列に並びます。しかし、東京の人たちは並ぶのが大好きというか、慣れているんでしょうね。1時間ほど並んでなんとか参拝することができました。
さて、明日はどちらに参拝に行ってみようかしら…( ̄ー ̄)ニヤリ

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

太宰府天満宮と鉄男くん

カテゴリー:神社仏閣, 趣味, 雑談  [2014.5.24 (土) 11:35]

飛行機の都合上、一泊多く福岡に残り、今日一日は飛行機の時間まで観光です。新潟に戻るには夕方の飛行機しかないのでしょうがないんですが、おかげで昨日もゆっくりと飲むことができました。と、福岡の観光といってもしっかりと調べていないのと、時間的にはそれ程余裕もないので、行けるところも限られてきます。となると、必然的?に太宰府への小旅行がデフォルトに。私は行ったことはないので嬉しいんですが、ルーキー君はすでに昨年訪問済み。それでも何度言っても良いところとのことなんで、西鉄を利用して早速行って参りました。太宰府天満宮は言わずと知れた菅原道真公をお祀りしている神社。学問の神様ですからね、仕事にとってもいい影響がありそうです。

太宰府天満宮までは二日市から乗り換えで移動するんですが、西鉄さんも専用の電車を用意しています。その名も「旅人」。6両編成の電車は特急車両を利用しているんですが、車両ごとに車内の柄を変えており、車両にはその柄をモチーフにしたカードを配布しています。思わず乗り合わせたこども達と一緒に全車両分を集めてしまいました。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
二駅の短い路線ですが、ゆったりのんびりと移動する感覚は旅行を満喫している感満載。電車乗っているだけでも楽しいです。

そして、目的の太宰府天満宮は、荘厳な印象でした。茅葺きの社殿と、鎮座する丸い鏡。気の引き締まる思いでお祈りしてきました。また、きたるワールドカップに向けておみくじも日本代表バージョンでした。日本代表の勝利を祈りつつ引いてみると「小吉」でした。( ̄0 ̄)

出だしの電車の攻勢にやられて、気分は鉄男くんモード。帰りも西鉄で帰ればいいのに、JRの駅まで歩いて、電車を眺めてから帰ってきました。九州のJRの電車って必要以上にかっこいいんですよね。子供に戻ったように駅の電車を待っている間や車窓から眺めて一人でワクワクしてました。こんな電車が近所を沢山走っていたら、今頃確実に鉄男くんになっていたことでしょう。といいつつ、既に充分鉄男くんとの噂もあります。(ノ´∀`*)

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

旦飯野神社と岩瀬の清水そば

カテゴリー:めし, 神社仏閣, 雑談  [2013.11.16 (土) 13:41]

地元の新潟にも数多くのパワースポットがあります。以前よりfacebookの友人がよくあげていることで気になっていた阿賀野のパワースポットとして知られる旦飯野神社に念願叶って行ってきました。旦飯野神社は「あさいいのじんじゃ」と読むそうで、旧笹神村の米作り発祥を伝える神社として知られていて、風神を祀っている社があり、風の神は音の神、耳の神でもあるとされ、耳の病に効果があるといわれているそうです。
そして、社殿の裏にはパワースポットといわれる神様が宿るといわれる丸い石があり、触ることで神の力を授かると言われているそうですよ。しっかりと触ってきました。また、社殿は暖房をしていることもあり襖が閉まっていて、中に入るのをためらってしまうんですが、普通に社殿に入ってお詣りすることが可能です。お守りやお神札も売っているんですが、普通の授与所ではなく、社殿の中に普通に並べてあるので、購入するときは普通に代金を賽銭箱に入れる形。また朱印も自分で押して日付を書き込むという面白い形式でした。
参道も歩いているだけでなんか普通の神社とちがう感じを感じられます。新潟に住んでいる人であれば是非一度お詣りしてみるのをお勧めします。

そして、流れで岩瀬の清水そばさんへ。店主の羽賀さんとはネットの勉強会とかでよくお会いすることもあり、ずっと食べに行きたいと思っていたんですが、やっと念願叶って食べに伺えました。残念ながら伺った時間では既に手打ちそばは売り切れちゃっていて、手打ちうどんを頂くしかなかったんですが、うどんはそのそばの旨さをちゃんと分かる歯ごたえと汁を絡める縮れ。Wカレー力うどんはカレーうどんに、カレーを練り込んだお餅がのった力うどんなんですが、麺の良さと出汁のしっかりとした味わいが抜群の仕上がりでした。とりあえずうどんがこれだけ美味しいので、次回はそばをちゃんと予約して伺おうと思いました。お店のお手伝いに来ていた阿賀野のお米やさんの高橋さんとの再会も含めて、羽賀さんと調理担当の女性の方とも包丁談義にも花が咲いて、味だけでなく場としてもすごく楽しく過ごしました。また遊びにいきたいと思います。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

日光の景色

カテゴリー:神社仏閣, 雑談  [2013.11.4 (月) 23:35]

昨日までいってきた日光の景色。華厳滝はやっぱり悠大ですね。
歴史好きにとっては、日光に明智平があるミステリーなんか大好物ですし、飽きないですよね。東照宮はちょうど陽明門が修復中で見ることができず残念だったんですが、伺った時間が夕方近くだったこともあり、それ程待たずに見て回ることが出来ました。鳴き龍も見れましたし。(゚ー゚*)
雄大な自然と江戸時代から続く歴史。今までなんで来なかったのか不思議な気がしました。ただ、中禅寺湖周辺の寂れ方はちょっと寂しい気がしました。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

戸隠神社 奥社参道の杉並木

カテゴリー:神社仏閣, 雑談  [2013.8.16 (金) 16:29]

IMG_3915以前から気になっていて、念願叶ってやってくることが出来ました。長野の戸隠神社の奥社です。
燕にも戸隠神社の御分霊座があるというのも一つで、最近祭にも参加させてもらうようになった事、神社巡りに興味持ったというのも理由の一つになるんですが、facebookでちょうど奥社に行った友人の写真を見たインパクトがすごかったので、どうしても行きたかったんですよね。
戸隠神社は信州の戸隠山にある神社で、名前の通り天照大神が天岩戸に隠れたという神話にまつわる神を祀った神社です。最も上にある奥社の祭神は天手力雄命で、天照大神が隠れた天岩戸をを投げ飛ばしたとされていて、戸隠山はその投げ飛ばした天岩戸だといわれています。

この奥社と、戸隠山を護っている九頭龍社へ続く参道が何しろすごいんですよね。2kmの参道は歩いて行くことしか出来ないんですが、ビシビシとパワーが伝わってくるすごいスポットです。参道の中間地点には随神門という立派な門が構えており、それをくぐると写真のような壮大な杉並木が迎えてくれます。樹齢400年を超える杉が整然と並んでいて、歩いているとこの世のものではないような独特の雰囲気も味わえます。ちょうど私が伺った時間帯も夕方近くだったのもあるんですが、山から杉並木を抜けてくる風も涼しくて、参道を歩いている間に出た汗もすーっと取り去っていく感じです。杉並木を抜けると勾配もかなりきつくなって足の鍛錬にも良くて、散策にもすごくお勧めです。
お伊勢さまやその他の神社・仏閣巡りも非常に面白いんですが、新潟に近いすぐ近くにこれだけのすごい神社があったのに、今まで来ていなかったことを今更ながら後悔しちゃいました。また、お詣りに来たいと思います。

…しかし、片道30分の参道。足が棒になっちゃいました。(  ̄_ ̄)

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

熱田神宮と宮きしめん

カテゴリー:めし, 神社仏閣, 趣味, 雑談  [2013.5.6 (月) 12:59]

さて、今日は1日使って新潟に帰ります…なんていいつつ、せっかくなんで名古屋に寄ってということで、神社繋がりで熱田神宮に寄りました。名古屋はよく来てはいたんですが、熱田神宮の参拝は初めて。こちらもかなり広いですよね。
熱田神宮は三種の神器の1つとされる草薙剣 (くさなぎのつるぎ = 天叢雲剣) を祀る神社。こういうモノを調べていくとさらに日本の歴史が楽しくなりますね。

連休最終日ということもあって、参拝客もかなり多いのと、この熱田神宮で結婚するカップルも多いみたいですね。天気もいいしいい日取りですね。

お昼時なので、しっかりと神宮の中のきしめん屋さん、宮きしめんさんで白海老かき揚げきしめん (750円)を頂きました。白だしのあっさりな外観とは全く逆の味わいの濃いスープと、柔らかめの平打ち麺。屋外で頂くきしめんはやっぱりうまいです。神宮参拝の時は必ず食べたいですね。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

瀧原宮

カテゴリー:神社仏閣, 趣味, 雑談  [2013.5.5 (日) 17:17]

そして今回のお伊勢参りの目的はここがある意味メインだったりして。
2年前に泊まった宿で勧められて参拝したんですが、それから何度か夢に出てくるようになって、どうしても今回も参拝したかったんですよね。内宮のひな形になったと言われるだけあり、参道や御手洗所の作りや参道のビシビシとくる感じも他の宮様ともちがう感じです。伊勢神宮からも結構遠いところにあるので、穴場的になっていて、参拝者も多くなく大自然に囲まれて、静かに参拝できるところもオススメのポイント。ちなみにこの瀧原宮、分杭峠と同じく中央構造線上に位置していることもあり、ゼロ磁場にお宮が建っているなんて話もあり、パワースポットとしても有名らしいですね。伊勢参りに行った際はぜひ足を伸ばしてみてください。

今回は外宮でも内宮でもお札は頂いていないんですが、なぜか瀧原宮ではしっかりとお札も頂いてきました。これでしっかりとパワーを持ち帰れるような気がします。(゚ー゚*)

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント