Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

あら焚き豚骨 あらとん <北大前店>

カテゴリー:北海道札幌市  [2014.8.23 (土) 13:20]

IMG_4959さて、一日、観光の時間が出来上がってしまった今日。一応仕事で来てはいるので、午前中から札幌市内の百貨店や専門店などの売り場を見学。その後、一つ二つ何か見ておかなくてはと、サッポロビール博物館と北大のクラーク博士像を見学しました。さて、空港に移動して新潟に帰る準備をしようと思ったのですが、やはり最後にお昼ごはんを頂いてから札幌を去ろうと考え、北大の近くでラーメン店を散策。評価の高いあらとんさんへやってきました。昼は過ぎているんですが、まだ店外に行列が。目の前にはスープカレーのお店がある中、葛藤しつつ結局ラーメンを頂くことに決定。
店内はカウンター8席と二人掛けテーブル1卓。30分ほどで店内に入れました。食券機で濃豚特製醤油ら〜麺 (920円)を購入。つけ麺も醤油ら〜麺も同じ値段で普通盛、大盛、つけ麺の場合は特盛もオッケーだそうです。せっかくなんで大盛でお願いしちゃいました。

ドロドロした印象のスープは、あら焚きというだけあって、豚骨の旨味がたっぷりと煮出された印象。家系などの浅取豚骨とか、九州豚骨とはまた違うジャンルでしょうか。背脂も浮いており、コクの塊という感じで、味もかなり濃い目です。あ、感じとしてはつけ麺の汁でラーメンを頂いている感じに近いかな。ただ、魚介っぽさはそれ程感じないのですが、獣臭いといった感じではなくクセになりそうな味です。火傷しそうですが、結局ほとんど飲んでしまいましたし。ごはんと一緒に頂くとか、ラーメンにスープ割りを加えてもいい感じかも。つけ麺用なのか分かりませんが、カウンターに準備してある辛味粉を入れると、コクがスッキリとしてきます。
麺は若干縮れた中太麺。コシがしっかりとして噛み応えがあります。弾力もあるので、麺を引き出すときに粘度のあるスープをはね飛ばしてきます。服は要注意です。
トッピングはチャーシュー、極太メンマ、味玉、刻みネギ。チャーシューはかなり厚めですが、少し小さめ。肉感がしっかりとしています。
北海道らしい濃厚さが出ているお店だと思います。好き嫌いはあるとは思いますが、濃い味が好きな人には結構はまりやすいかも。

札幌駅から向かうと北大病院の先にお店があります。徒歩だと15分ぐらい。札幌市営地下鉄南北線の北18条駅から北大病院に向かうと近いと思います。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ラーメン札幌 一粒庵

カテゴリー:らーめん, 北海道札幌市  [2014.8.22 (金) 11:35]

IMG_4941このラーメンブログを始めて、初めての北海道上陸です。札幌でセミナー講師をするためにやってきました。札幌といえば味噌ラーメン、ジンギスカン、スープカレー、海鮮…と、食べたいものがたくさんあるのですが、facebookをやっていると、ラーメン以外を食べると怒られるようになってきているので、必然的にお昼は本場の味噌ラーメンを頂きます。(ノД`)シクシク
今回は電車での移動ということもあり、札幌駅周辺で散策。札幌のJRビルの中にも味噌ラーメンのお店は多くあったんですが、今回は一粒庵さんを選んでみました。札幌駅すぐ近くのビルの地下にあるお店。製麺所を併設した作りでお昼前ですが既に賑わっていました。夜とランチではメニュー構成が違う旨表示されており、その中から、イチ押しの元気のでるみそラーメン 中 (850円)をお願いしてみました。ランチセットメニューなども多くあり、お客さんも様々なメニューを頂いているようです。
彩りも鮮やかなラーメンが着丼。スクランブルエッグのようなものが乗っています。これが「元気のでる」のトッピングの一つのようです。スープはとろみを持っており、味噌のコクとゴマがほんのりと香ります。味噌自体も味噌ミソした感じではなくまろやかな風味、何層にも重なった感じのスープは、複雑で薬膳のような味わい。行者ニンニクはスクランブルエッグに入っているようですね。ここら辺と一緒にスープを頂くとまた、ピリッとした刺激がやってきて、味が引きしまる感じ。でもニンニク臭くはない不思議な感じ。
麺は若干縮れている中太麺。しっかりとした歯ごたえは自家製麺らしい味わいですね。スープの強さを邪魔せずしっかりと主張がある感じです。極太麺も選べるようですが、そうなると金額がさらに上がってしまうようなので、こちらは別に機会に頂きたいと思います。
トッピングは前述の行者ニンニク入りのスクランブルエッグ、フライパンで焼き目を付けた肉厚チャーシュー、ハーブ系の菜っ葉、モヤシ、刻みネギ、唐辛子。チャーシューは注文後に焼いて焦げ目を入れていますが、個人的にはそのままでもよいかなと思いました。そしてやはり全体をまとめているのは行者ニンニク入りのスクランブルエッグ。これがスープをまた複雑に変えていく感じです。
単純な札幌味噌ラーメンという感じではなく、奥が深い味わいにはビックリしました。急激に涼しい気候の場所に来て、少し体調がおかしいかななんて思ったんですが、この一杯で出発前よりも元気になったような感じ。その他のメニューもこだわりを感じられて、是非また再訪してみたいと感じました。

JR札幌駅から、札幌市営地下鉄東豊線のさっぽろ駅を地上にあがると目の前にあるホクレンビルの地下一階にあります。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント