Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

ラーメン横綱 <阪急三番街店>

カテゴリー:らーめん, 大阪府大阪市  [2014.10.19 (日) 16:54]

IMG_5246大阪に研修旅行に来ているのですが、昨日の〆はつるとんたんのうどんだったということもあり、facebookの友人達からその期間中ラーメンを食べないことを責められます。(;´Д`A “`
ちょうど視察も終わり、飛行機の時間まで少しあり、小腹も空いたとのことで待ちに待ったというか、ご期待通りというかラーメンです。私が絶対ラーメンじゃなきゃダメと言ったわけではないですよ。(o ̄ー ̄o) ムフフ
お土産の購入やら伊丹空港へのバスの関係もあって、梅田の阪急三番街でお店を探索。京都がルーツの横綱さんに伺ってみました。結構動き回っていたこともあり、また、飛行機の時間的に半分夕飯みたいなもんですからね。ラーメン 並 (700円)をお願いしようと思ったんですが、思わずラーメン チャーハンセット (1,050円)をお願いしちゃいました。

豚骨醤油の王道を行くスープにネギの組合せ。コラーゲンはありますが、見た目よりはあっさりしています。濃厚豚骨という謳い文句ですが、甘みがある横浜の家系のような浅取り系のスープで、濃厚というよりもコクがあるあっさり系スープといえるのかもしれません。これだけ濃厚な魚介豚骨が出回ってくると時代も変わってくるんですね。テーブル備え付けのうま味唐がらしを加えると、辛味でスープがキリッとします。チャーハンなどと食べるときには、こちらの甘くない味わいのほうが合っていると思います。
麺はストレートの中細麺。茹で加減は少し柔らかめかな。ま、猫も杓子もコシがしっかりじゃ飽きちゃいますしね。ただ、スープとのバランスは非常に良くて、昔懐かしいって感じがします。量的には普通です。
トッピングは薄めのチャーシュー、メンマ、刻みネギ。チャーシューは脂身が多く、スープに浸しつつ食べるのにちょうどいい味わい。そして嬉しいのはネギの入れ邦題。ラーメン食べ終わってから、大量にネギを入れてネギスープのように楽しむのが大好きです。京都のお店ですがネギは九条ネギではなくて普通のネギ。入れ邦題だからしょうがないですけどね。さて、寒い新潟に帰りましょうか。

大阪梅田、阪急三番街の地下1階にあります。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

揚子江ラーメン 名門

カテゴリー:らーめん, 大阪府大阪市  [2014.9.25 (木) 22:45]

IMG_5096大阪の夜は簡単には終わらないです。しかし、平日とはいえ大阪の街はお客さんが一杯いますね。((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪
翌日も仕事なので遅くまでは飲みませんが、お疲れ会として連れて来てくれたプレゼンマスターの先生に、どうしても食べるべきといわれて、一件目で既にお腹一杯になっていたんですが、老舗のラーメン屋さんにやってきました。かの林家木久扇さんが絶賛しているという揚子江ラーメンさんです。本店はタイミング悪く定休日。今回は名門の名の付く阪急東通りのお店です。とりあえずラーメン (700円)を注文します。

平たい器で登場したラーメンは、透き通ったスープ。あっさり薄味の塩味なんですが、コクがしっかりとある感じ。牛骨スープに近い感じでしょうか。おなか一杯なんですが不思議とお腹に収まります。脂も少ないですし、まさに関西だしの代表のような味わいです。
麺は平ための特徴のある細麺。中華料理店のしっかりと作られる自家製麺っぽい感じで、加水率が少なめでサクサクした感じ。ラーメンというよりも、稲庭うどんとかアジアの屋台で頂く麺料理のような感じです。まさに揚子江の屋台のような…
トッピングはチャーシュー、春菊、モヤシ。春菊の香りがまたラーメンっぽくない感覚になるんでしょうかね。こういう具材の選択もアジアっぽいのかもしれません。

ふと食べ進めていると…あれ、これ。昔食べたことあるなと、想い出が蘇ってきました。よく考えてみたら、前職の大阪出張の時に食べているんですよね。10ウン年前の話ですが。結構こういう味って覚えているもんですね。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺や 輝 <中津店>

カテゴリー:らーめん, 大阪府大阪市  [2014.9.25 (木) 15:42]

IMG_5089大阪に来ています。刃物セミナーの講師なんですが、時間の関係で深夜高速バスで大阪入り。そのままセミナーを2回こなしました。昼ご飯のタイミングで、仕事上のトラブル解決のためにいろいろやっていたら、ごはん食べるタイミングがなくなってしまい、今の時間でやっとお昼です。今日の宿泊先の近くにこの時間では入れそうなお店を見つけて早速腹ごしらえ。大阪では有名なお店のようですね。この時間でも学生風のお客さんが陣取ってました。お店は食券方式でカウンターのみ。さっそく味玉ラーメン (780円)を注文。学生さん達はつけめんを頼んでいたようで、私のラーメンのほうが早く出てきました。

スープは魚介豚骨の王道とも言える仕上がり。魚粉がたっぷりと入っていて煮干しやカツ節系の香りがしっかりと。豚骨もしっかりと煮出されておりとろみが出ています。関西系ではこういう系統がやっぱりスタンダードになってきているんですかね。個人的には好きなタイプですけど。
麺は中細のストレート麺。加水率は少なめで、サクサクとした感じもあります。スープが濃度が高いので、ストレートで表面ツルツルですがスープをよく絡め取ります。ちょっと飛び散るのを気を付けないとですね。つけ麺はもっと太目の麺のようです。
トッピングはチャーシュー、メンマ、刻みネギ、味玉。チャーシューも厚みがしっかりとしており、食べ応えがありスープの主張に負けません。
名古屋でも食べましたが、関西は魚介豚骨系が主流になってきているんでしょうか。しっかりとした味は関西の若い人にもピッタリ合っているのかも知れませんね。

大阪梅田駅より中津方面に向かい、サンルートホテルの裏手にお店があります。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

IMG_3793久しぶりに関西にやってきています。ちょっとお昼時間の余裕がないので、ちょっと足をのばしてラーメンをというわけにはいかないのですが、さすが都会だと、お店がたくさんあって助かります。今回は天王寺駅のすぐそばの阿倍野地下街にある古潭さんにやってきました。
新潟にも老舗の古潭さんはありますが、大阪の古潭さんも老舗のラーメン屋さんで大阪市内で多く店舗展開もされています。今回伺ったのは、あべの地下街にある店舗で、昔ながらといった風情も漂う感じ。昼時からはちょっと前でしたが、既に3名ほどが行列。カウンターも20名ほどが座れる大きさで回転も速く、5分ほどで着席できました。
セットメニューやトッピングも豊富ですが、今回はクン玉らーめん しょうゆ (680円)をお願いしてみました。皆さんこれにおにぎりをセットしたり、ご飯もののセットにしたりしているようですね。

間もなく着丼。ニンジンの色も鮮やかでパッと華やいだ感じの見た目に、背脂が少し浮いた茶濁したスープ。豚骨系の印象でスープをすすると、豚骨だけではないまろやかさが加わっている感じがあります。見た目コッテリとしているようにも見えますが、意外にあっさりした味わいで醤油味も若干薄め。優しい味わいでしっかりと出汁の味を楽しむことが出来る感じですね。お店の看板にはコラーゲンがたっぷりと表現されていましたが、口にまとわりつくような感じではなく、浅取り系の豚骨に鶏系スープがあわせられた上品なスープというとわかりやすいでしょうか。
麺はストレートの中太麺。コシもしっかりとしていてスープとの絡みも抜群。大盛が150円がちょっと辛いけど、ま、都会ですからね。量的には適量ですが、大盛にするかご飯もので補うかは迷うところですね。
トッピングは薄めのチャーシュー5枚、モヤシ、ニンジン千切り、刻み青ネギ、そして燻製玉子。チャーシューはしっかりと味がついていて脂身のバランスもいいですね。ニンジンがアクセントになっているのも面白い組合せです。燻製玉子は確かに燻製の香りはしますが、もう少し味が染みこんでいるといいなと思います。ただ、トッピングなども考えても大阪のお店としてはコストパフォーマンスには優れていると思います。昔から大阪のレベルの高いお客さんをこなしてきている、さすが老舗の味を堪能した気分でした。

天王寺駅公園口を出た先の谷町筋の地下にあるアベノ地下街‎にお店があります。地下街の公園側の付近の行列で分かると思います。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

九州らーめん 亀王 <西中島店>

カテゴリー:らーめん, 大阪府大阪市  [2009.7.27 (月) 23:31]

img_0717本日は大阪に来ております。このブログを書くようになって初めての大阪。
フランス料理文化センターさんの後援のレストランサービスの講習会のお手伝いと、関連する各諸先輩方との懇親会への参加という大役だったのですが、なんとか無事終了。様々なレストランサービスに携わるプロの皆さんとお話しすることができました。ま、内容はホットニュースの方でご紹介することにして、朝から移動、講習、懇親会と連続で身体もかなり参ってきて、宿泊先に着いたときにはかなりのグロッキー状態。夜の街にも飛び立つことなく(ホントです)、ホテルの近くでラーメンをいただくことにしました。

img_0716新大阪駅近くにある九州ラーメン 亀王(きおう)さんです。実は他のラーメン屋さんの方が近くて、そちらに伺うつもりだったんですが、定休日。(つд・)…大阪なのに九州ラーメンをいただく羽目に。
スタンダードな亀王ラーメン(680円)にとろ玉(130円)をトッピング。麺はバリカタでお願いしてみました。他にとろみのあるとんこつの熟成亀王(780円)やら、九州油ソバ(820円)なんてのもあるようです。
スープは九州から食材を持ってきているとのことで、当たり前ですがとんこつベースですが、少しあっさりしている感じで、臭みがない感じ。塩味はちょっと強めです。飲んだ後にピッタリという感じ。麺はいわゆる極細麺に比べると若干太めで独特のスナックぽい感じが薄いんですが、きちんと歯ごたえがあるバリカタに仕上がっていて、うまいです。ま、九州ラーメンなんで麺は少し少なめかな。替え玉(150円)しちゃいました。青ネギとキクラゲ千切りと王道通りで言うことありませんが、これにメンマが加わり、残念なのは少し少なめのゴマが追加できないのでちょっと寂しい感じです。カウンターには生姜が用意してありますが、紅ショウガじゃないところがおもしろいですね。
特筆すべきは高いだけあるチャーシュー。厚みもすごいんですが、脂と肉が渦を巻くようになったチャーシューで、このバランスが最高で、また味付けもスープの邪魔をしないくせにしっかりと主張があります。九州ラーメンにありがちのおまけのようなチャーシューじゃないところが好印象です。

…10年ぶりぐらいの大阪だったんですが、こなもんもいただくこともなく、おとなしく大阪の夜は更けていったのでした。本当はえびす橋に大阪の街の雰囲気を感じに行くつもりだったんですが…また、次回。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント