Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

本丸亭 <横浜店>

カテゴリー:らーめん, 神奈川県横浜市  [2013.8.30 (金) 12:30]

IMG_3990再び、関東圏へ。毎週のようにやってきてますね。来週も出張の予定なんですが、その来週予定されている展示会の打ち合わせに横浜にやってきました。ただ時間的に余裕がなくて、本来の目的のお店の行列を見てこちらにやってきました。
家系のお店多い中で、塩系で勝負しているお店ということで前から気になっていたんですが、代わりにという感じで来るお店ではないですね。今回はスタンダードに本丸塩らー麺 (800円)をお願いしてみました。
スープはシンプルであっさりと仕上がっているんですが、いわゆる足して足してというタイプではなく、いらないものをしっかりとそぎ落として出来上がったシンプルかつ旨いスープ。塩味の一つの完成形といえるかも知れません。鶏と魚介がほのかに香り、塩の味の奥深さが感じられますね。トッピングの春菊やワンタンなどからも感じられるように、いい水炊きの鍋の出汁をラーメン用にさらに磨き上げた感じです。柚子胡椒との相性も抜群で、味がさらにさっぱりする印象で二度スープの良さを感じられますね。
麺は塩系としては珍しい平打ち状の縮れた中太麺。細麺を想像しているとビックリしますが、見た目以上にスープとの相性がいいんですよね。芯にコシが残っていて縮れ部分は柔らかくスープをよく吸っている感じです。スープの出来の良さで麺の甘みも引き出されている感じもします。
トッピングは厚めの丸めバラ肉チャーシュー2枚、春菊、小振りのワンタンが3つ、刻みネギ。チャーシューもしっかりと厚みが有り、スープとの相性も抜群。春菊のほろ苦さがまたいいバランスを出しています。こういう美味しいお店がたくさんあることを考えるとやっぱり横浜って深いですね。次回は直接来店して梅系のラーメンを頂きたいと思います。

横浜駅西口を右手、神奈川駅方面に向かい、しばらく歩いた鶴屋町1丁目と台町の信号の間にあります。白の提灯が目印です。

本丸亭 横浜店ラーメン / 横浜駅神奈川駅反町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

IMG_3812ほぼ最近毎週のように出張に出ているかも知れません。今日も再び横浜へ。梅雨明けしていない新潟と関東を往復していると身体の調子も狂ってしまいます。鼻炎から鼻声です…(;´Д`A “`
お昼過ぎに横浜での用事を済まして東京へ戻るところですが、時間がない中、ラーメン探索です。せっかくなんで足をのばしたいところですが、時間に余裕がないので駅の中で探しました。すると魅力的なお店がすぐそばにあります。担々麵と麻婆豆腐の専門店、匠さんです。
昼時は過ぎていましたが、常に満席。担々麵のメニューも豊富ですが、麻婆豆腐の定食などもあってすごく魅力的です…本当は激辛の担々麵を食べたかったんですが、この後のスケジュールのことも考えて、味玉のせ担々麺 (790円)を注文してみました。らーめんを待っていると隣の席に白人のお客さんがやってきて、手慣れた風に麻婆豆腐定食を頼んでいたり、向かい側の席では中国人らしきお客さんが家族で担々麵をすすっています。さすが横浜ですね。
それ程待たずに着丼。担々麵らしい赤いスープ。辛味はしっかりとありますが、ゴマの風味とコクがそれを和らげる感じ。ごはんにも合いそう。酸味はそれ程強くなく、辛味や痺れもしっかりとありますが、それ程強くなく、日本人が好む仕上がり。それでも全身からジワジワと汗が噴き出てきます。身体がガンガンと熱くなってきます。普段着で激辛を頂きたいところです。(´・ω・`)
麺は一般的な縮れた中細麺。茹で加減は若干柔らかめ。これといって特徴があるというわけではないんですが、しっかりとスープをサポートしている印象です。量は若干少なめかな。
トッピングは挽肉餡とほうれん草、細かい刻み長ネギ、刻みザーサイ、これに味玉。ザーサイの味もしっかりとしていて刻み長ネギがさすがといった感じ。味玉が密かに担々麵のスープに合っているのも印象深い感じですね。
体調の不調も身体が熱くなって汗と一緒に出ていった感じで、スッキリとした気分になりました。さて、午後からの仕事もがんばらなくちゃ。

横浜駅そごう方面にあるポルタの地下一階、レストラン街の中にあります。真っ赤な外観ですぐ分かると思います。

ラーメン / 横浜駅新高島駅高島町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

吉村家

カテゴリー:らーめん, 神奈川県横浜市  [2013.7.2 (火) 12:21]

IMG_3762本日は横浜です。梅雨らしさは全くなく暑いですねー。
せっかく横浜なので横浜らしくをテーマにお店を探すと、やはりここしかありませんよね。家系の総本山である吉村家さんです。早めの昼食で11時過ぎに訪問したんですが、既に行列。待っている間にさらに行列は長くなっていきます。すごい…列に並ぶ前に食券機で食券を購入するんですが、春キャベツやその他トッピングが気になるところですが、基本に戻る意味でスタンダードなラーメン (640円)を購入。ある程度まとめてカウンターに案内されるところも面白いですよね。カウンターに座るとまとめて順番に麺の硬さや味の濃さなどを確認されます。私は麺の硬さのみ硬めでお願いしてみました。

着丼も結構早い。浅取り豚骨の白っぽいスープとは違い、しっかりとした醤油豚骨スープ。臭みがなく優しい豚骨にガツンと来る醤油味の組合せ。結構味が濃いめですが、しつこい濃さではなく濃厚さがやってくる感じですね。でもこの濃厚さが残ると言うよりも後味はさっぱりしているところも絶妙です。密かに昨晩飲み過ぎていてあまり食欲がなかったんですが、スープを頂いた途端に胃にエンジンがかかって食欲が戻って来たのも不思議でした。
麺はストレート状の中太麺。麺の長さが若干短めで、茹で加減は指定の通り硬め。コシが楽しめる美味しい麺です。スープとの相性も抜群。短めの麺なんでスープの跳ねは気にしなくてはですが、麺を吸う感じとスープの味付けから考えるとこの長さも計算されているんだなと感じました。
トッピングはチャーシュー、焼き海苔、ほうれん草の湯揚げ、刻みネギ。チャーシューもしっかりとした味付けです。結構スープが強いとチャーシューって難しいんですが、きちんと調和した味わいでした。ほうれん草もやはりスープに合っていて、美味しいです。個人的にはやっぱり春キャベツ乗せれば良かったです…
そして名物でもある刻みしょうが。スープに入れるとスープがまたきりっと締まった感じになります。麺が無くなった後に生姜を入れて生姜スープのように頂くのが個人的に好きです。さすが総本山というだけあり、横浜を堪能したという満足感とともにお店を後にしました。胃の調子も元通りです。(o ̄ー ̄o) ムフフ

横浜駅みなみ西口から東急ハンズ横浜店に向かい、その先の県道13号線沿い。赤い看板と人の行列ですぐ分かると思います。

吉村家ラーメン / 平沼橋駅横浜駅戸部駅
昼総合点★★★★ 4.0


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

IMG_3631今日は横浜に。午前中は千葉にいたんですけどね。午後からお客さんのところで打ち合わせということで、その前に腹ごしらえです。新横浜の近くの丹行味素さんです。店名に超辺鄙と書かれていますが、新潟県人からするとたいして辺鄙なところではありませんけどね。住宅地の中にあって変わったところにポツンとある感じは確かに変わっている感じですが。

名前にみその音が入っているから味噌一本の店かと思いきや、そうではなく、某店をリスペクトしたというタンメンと、濃厚醤油、これに味噌の三本柱に、学生が喜びそうな唐揚げとどっさりの野菜でガッツリの盛りを組み合わせたメニューで評判のようです。メニューが多すぎて選べない…さすがにこれから打ち合わせというのにお腹苦しいのは避けたいので、標準の野菜タン麺 (750円)に味玉 (100円)を食券で購入してみました。
お冷(お茶)はセルフサービスなんですが、食器を下げるのもサービスになっているようで、食べ終わったお客さんが進んで専用の棚に片付けていくところもなかなか面白いです。
標準でもどっさりと乗った野菜にびびりつつも、早速頂いてみます。スープは白湯スープですが、鶏系の脂がたっぷりと浮いていて、思ったよりもコッテリしています。塩味は結構濃い目ですが野菜の甘みと鶏の出汁、そして貝柱系の出汁のバランスがいいです。ショウガも入っている感じですかね。
麺はこれまた個性的な、平打ちの中太麺。断面は角が立っていて、パスタの麺かと思うほど。表面はつやつやとしていてコシがすごいです。タピオカを混ぜているようですね。食べ始めは歯ごたえにビックリしますが、食べ進めるにつれて若干軟らかくなって、スープとのバランスも良くなります。
トッピングはインパクト大のキャベツ・モヤシ・ニンジン・キクラゲ・挽肉、これにトッピングの味玉。野菜は湯揚げでなく軽く炒めてあるようで、油をまとっている感じがスープに合っていますが、シャキシャキした感じもしっかりと残っていて、よくある炒めすぎという感じが無くて好印象。ただ、野菜の量は麺よりも多いかも知れないので、標準でも結構ボリュームあります。
味噌系も美味しそうで、週替わりのメニューなどもあって通ってみたいと感じるお店。何とか仕事を決めてまたここに来られるようにしたいところです。

横浜市営地下鉄の北新横浜を降りて、駅前のショッピングセンターの裏手方面を河川敷まで向かい、河川敷沿いの道が急カーブするあたりの場所にお店があります。プレハブのようなお店ですがのぼりも立っており、お昼時はお客の車がいくつか止まっているので分かると思います。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント