Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

ラーメン つり吉 <小千谷店>

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市, 新潟県  [2013.10.27 (日) 13:15]

IMG_4168以前からfacebook上で気になっていたお店に念願叶ってやってきました。小千谷のつり吉さん。夏場の間の限定の冷やしである「冷やし梅鰹」のビジュアルにやられて、ずっと行きたかったんですが、仕事が忙しかったりクルマが壊れて足が無いということもあり、結局夏場の間に伺うことが出来ませんでした。ということで今回は友人に乗せてきてもらい、やっと訪問。
醤油・味噌・塩と様々なラーメンがある中、妙にネーミングが気になったトウバンジャンラーメン 大盛 (800円)を太麺でお願いしてみました。あっさり目が好きな友人は、塩ラーメン (700円)を細麺で注文してました。ちなみに10月の限定ラーメンはかぐら南蛮を混ぜる汁無し麺、「混ぜかぐら」だそうです。細麺は大鍋で泳がせて茹でる形で、太麺は玉あげで茹でています。
トーバンジャンラーメンは、醤油ベースで濃い目の醤油の色が特徴。ただ見た目の印象よりもあっさりとした感じがあり、濃すぎるという感じではなく個人的にはちょうどいい感じ。豆板醤の辛味と酸味が動物系の出汁と一緒にやってきた後に、すーっと魚介系の出汁が追いかけてくる感じです。醤油自体はしょっぱいと言うよりもまろやかといった方が合っているかも。
麺は縮れた中太麺で、表面はつやつやした感じですが、濃い醤油の色をまとっている感じですね。コシもしっかりとしていますが、茹で加減は少し柔らかめかな。量も大盛としては無難な量です。
トッピングは脂身がしっかりとしたチャーシュー3枚、メンマ、なると、焼き海苔、刻みネギ。チャーシューがこれまたスープと良くあう味わい。脂が徐々にとろけていくのもいい感じですね。個人的には刻みネギよりも白髪ネギの方が合っていそうな気がします。

IMG_4167友人の塩らーめんは、干し海老の香りが鼻をくすぐる、あっさり目の出汁と思ったよりも強めの塩味が特徴的なスープでした。はっきりとした塩スープが好みの方にはいいのではないでしょうか。細麺は若干の伸びるのが早い感じがしました。トッピングは醤油系と同じ。これに干し海老。チャーシューが塩味とも旨くマッチしているのが不思議な感じでした。

今回は限定が混ぜ系だったので食べなかったんですが、結構面白い限定ラーメンを毎月手がけられているので、これを目的に来るのもいいかもしれないですね。
この後、小出の方までクルマで移動したんですが、17号沿いに本店があるのも確認しました。今度こちらにも伺ってみようと思います。

小千谷市街中心地、サンプラザ(小千谷市総合産業会館)の中にあります。

ラーメンつり吉 小千谷店ラーメン / 小千谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺屋 ようか2

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市  [2012.12.23 (日) 20:02]

IMG_2816
しかし、よく降りますなあ、今年の雪。そんな中ラーメンを食べに出かけている俺って一体…(;´Д`A “`
さらに県内でも積雪量がぐんと多い小千谷に来ちゃいました。(o ̄ー ̄o) 長岡を超えると雪の量が段違いに増えますね。小千谷もラーメン激戦区で何となく来ると、食べるお店で迷うぐらいですが、今回の目的はしっかりと決めてから出かけてきたので安心。今回はようかさんです。どうしても鶏系のおいしいラーメンが食べたくてやってきちゃいました。
今回はスタンダードに鶏しおらーめん (680円)を。連れはさらにさっぱり味のうめしおらーめん (700円)を両方とも細麺でお願いしてみました。

鶏の出汁がしっかりと出た透き通ったスープは、コラーゲンもしっかり入っているんですが、しつこくなくあっさりと頂けます。魚介の香りもしっかりとしていて、塩らーめんとしてすごく完成された印象のスープです。うん、これはうまい。コラーゲンがたっぷりの濃厚タイプもうまいんですが、これは王道の鶏系塩らーめんです。
麺はストレートの細麺。さすが自家製麺だけあり、しっかりとした歯ごたえが残っています。細麺なんで若干伸びやすいきらいはありますが、スープとのバランスと量の満足感はさすが小千谷でも人気店である所以でしょう。大盛は20円増しと破格の価格設定も嬉しいです。あ、ちなみに今回は普通盛りですよ。

IMG_2817トッピングはこれまたセンスが感じられます。鶏チャーシューと鶏そぼろ、メンマ、煮玉子、カイワレ、白髪ネギ、刻みネギ。あえて鶏のチャーシューを使用しているところにもこだわりを感じます。個人的には刻みネギの刻み具合が絶妙で、スープを際立たせている印象があります。鶏そぼろの味付けもスープを邪魔しないんですが、しっかりとした味付けで麺に絡めて食べるとこれもすごくいい感じ。
うめしおらーめんのほうは、梅の酸味が食欲を呼ぶあっさり系の味。梅しそのようなトッピングがスープの奥深さをよく引き出している感じで、この組合せはバッチリです。あえて、こちら側のチャーシューは豚バラ系というのも面白いですよね。こういうバランスセンスが素晴らしいと思います。
やはり、新潟県内の鶏だし系のお店では文句なしのトップレベルのお店です。

小千谷インター出口より、小千谷市街に進み一番最初の信号を右折。ひらせい遊の先、左手にあります。

麺や ようか ラーメン / 小千谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺や つるり 新潟小千谷流

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市  [2012.8.12 (日) 18:58]

お盆休みですね。暑い天候も一転して、涼しくなっちゃってますが、夏はまだ本番。今回は東京に帰らなかったので、どうしても暇な時間となるとラーメンを食べに行ってしまう自分がいます。
さすがの休日。ちょっとに気になるお店に行きたいなと思って、新潟でも熱い地域の小千谷に向かってました。以前より気になっていたんですがつけ麺専門店ということで、どうしても足が向くことはなかったんです。つるりさん。しかし新たにラーメンも始めたと言うことでワクワクしながらの来店。(o ̄ー ̄o) ムフフ

お盆期間中と言うことで、家族連れがいましたがお店はそれ程お客さんがいません。通常だと結構混んでいる時間帯なのでお盆休み様々ですね。様々なつけ麺のメニューに目を引かれつつ、3種類のラーメンメニューから新しいメニューという濃厚うま辛ラーメン (790円)をお願いしました。後から入ってくるお客さんはやはりつけ麺を注文してます。
ラーメンは他のお客さんのつけ麺と比べると、シンプルな感じに見えますが、しっかりと仕事をしていると言った感じの盛り付け。スープは濃厚と謳うだけあり、白濁したトロッとした印象。コッテリとした豚骨ですが魚介の香りが思ったよりも合っていて、ガテン系と言うよりもあっさりと和風の感じが出ています。思ったよりも辛味が効いていて、調子に乗ってスープをすすると結構のどに刺激があります。味噌味なんでしょうか、私の舌では醤油か塩か味噌かちょっと判別つかなかったです。
そして特徴的なのは平打ち状の中細麺。つけ麺系にありがちな太麺ではないところがこだわりのよう。つけ麺も同じ形式の麺です。ラーメンというよりも蕎麦とか稲庭うどん系にも近い感覚。コシがしっかりという感じではなく、いわゆる麺ののどごしを楽しんでという感じですかね。
トッピングはチャーシュー2枚、メンマ、糸唐辛子、焼き海苔、刻み青ネギ。チャーシューは少し小さめの、脂身がしっかりとついたタイプでスープが濃い分、味はシンプルでスープと一緒に食べるカタチのようです。
個人的にはつけ麺専門店と言うことで、コシの凄い麺を想像していたんですが、また違う意味での自家製麺というスタイルは面白いですね。小千谷はやはりレベルが高いです。ちなみにつけ麺は土鍋風のつけタレ用の器で供されるんですが、器ごと火にかけているようでグツグツの状態で席ごとに用意される木の敷物の上に出されてました。カレーつけ麺などかなり旨そうでした。日替わりの変わったつけ麺を提供しているので、つけ麺好きにはたまらないお店かも知れません。

小千谷駅近く、一方通行の道沿いにあるので、長岡方面からであれば17号線から三国街道に戻るカタチで小千谷市内に戻る形で行くと左手にあります。

麺や つるり 新潟小千谷流つけ麺 / 小千谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

らー麺 つけ麺 二刀流 麺無双

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市  [2012.2.26 (日) 17:48]

…昨日は、家に帰ってすぐ寝てしまいました。相当疲れていたのか15時間ぐらい寝続けていました。Σ(゚Д゚)
とりあえず、起きて家の用事をいろいろとこなしました。さて、夕ご飯はどうしようかなと考えると、雑誌で見かけた小千谷のラーメン屋さんが気になり、出かけてみることにしました。昨年オープンした麺無双さんです。
小千谷も独特のラーメン文化があって、美味しいお店も多数あるので遊びに行くのもすごく楽しい街です。さすがに小千谷に到着すると雪の量も全然違いますね。お店の場所もナビで向かっても除雪の壁でよく分かりません…やっとの事で到着しました。(*゚ー゚)
新店だけあり、お店はすごく綺麗です。店名の通りラーメンもつけめんもありますが、とりあえず特製らー麺を味玉入(730円)でお願いしました。
豚骨らしい白濁したスープ。一口すすると豚骨のコクに焼きあごのしっかりした香り。様々な魚節を使用しているようですが、やはりあごの香りが印象に強く残ります。部分的に赤くなっているところは海老油のようですね。残念ながら海老の香りはあごに消された感じになっているのは残念。それでも豚骨と焼きあごの組み合わせは非常に上品でバランスがよく、スープを飲み干したくなります。
麺はストレートの細麺。大盛もサービスらしいですが、普通盛りでも結構な量です。歯ごたえがあり、九州とんこつのような感覚もあります。上品なスープとよく合っていると思います。
トッピングはチャーシュー1枚、味玉2つ、大きめのメンマ、細切りキクラゲ、青ネギ、刻みネギ、桜エビ。チャーシューは脂身が柔らかく厚めでうまいんですが炭火で焼いているのか、バーベキューの肉っぽい感覚がありました。ちょっとスープとは合っていない感じはします。メンマも特徴的でシャキシャキして歯で切り分けられる感じでした。
メニュー以外にも味噌ラーメンを始めたと書いてあり、いろいろと新しいものを始めているようですが、お店の方向性がブレないのをお願いしたいところ。雑誌に書いてあった節系の魚粉も既にカウンターに置いてなかったし…それでも美味しいかったので、また来店してみたいところです。

小千谷ICから小千谷市街方面に進み、最初の信号を右折。洋服の青山の向かい側にあります。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺や ようか

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市  [2011.9.4 (日) 16:20]

久しぶりに全く予定のない休日です。台風の影響はそれほど無く、風は若干吹いていますが、フェーン現象で生暖かい風で気温も上がっています。
こういう休日は思い立って、久しぶりにラーメンを食べるだけにドライブに出かけることにしました。今日は旨い塩ラーメンをテーマに一度も行ったことがないお店へということで、小千谷のようかさんへ行くことにしました。
小千谷インターそばの中にあるお店。昔から気になっていたんですが、行く機会が無かったお店で、いわずと期待が高まります。お店はおしゃれなレストランと行った佇まいで、店内もかなりおしゃれです。食券売り場でラーメンを選びます。塩、醤油、味噌に、スタンダードなタイプと濃厚タイプで選べるようです。初めてのお店なので、とりあえずスタンダードなモノを選ぶべきなんでしょうが濃厚塩の文字を見てしまうと勝手に指がボタンを…そして濃厚鶏塩チャーシュー(840円)に破格の大盛(20円)を選んでみました。お店の入り口には麺打ちの部屋も用意されていて、手打ちであることが分かります。大盛りが安いのも分かりますね。
席に着くとメニュー表には濃厚鶏は太麺・白湯スープと書かれていました。ま、ちょっと今日来た趣旨とは違いますがよしとしましょう。

昼時は過ぎていてお客さんはいませんでしたが、ラーメンが出てくるまでが早い!あっという間に出てきました。鶏白湯らしい白く濁ったスープ。コラーゲンが膜を張るというほどではありませんが、濃厚さがしっかりと出たスープです。個人的にこの白湯スープに魚介の香りが合わない気がしました。普通のあっさり塩味には合うと思いますが、こってりしたスープでこの香りだとちょっと飽きてしまう感じがあります。ゆずが底に沈んでいたりすると少し変わるかもしれません。
麺は中太麺。しっかりとしたコシがあり、さすが手打ち麺といった感じ。食べ応えがある上に20円の大盛りの量が半端ない。かなりの量でいくら食べても無くならない感じ。スープのコラーゲンが麺に絡んでいて、麺にさらに弾力が生まれているような錯覚があります。
トッピングは鶏チャーシューと、鶏そぼろ、ちょっと堅めのメンマ、カイワレ、ゆで卵、白髪ネギにレモンスライス。鶏チャーシューはかなりの量が入っていて、スープのこってり感と合わせて、鶏をじっくりと頂いている感じがありました。スープといい少し固ゆで系のゆで卵といい、鶏のフルコースといった感じですね。
隣で食べていたお客さんのあっさり系も旨そうで、ちょっと初回からこってりはミスチョイスだったかなと。でも、かなりこってりしている割りにはお腹がもたれる感じではないので、さすが鶏といったところですね。次は是非スタンダードな塩に行ってみたいところですが、あっさり系も鶏しおとうめしおと二種類あるので凄く悩んでしまいます。

小千谷インター出口より、小千谷市街に進み一番最初の信号を右折。ひらせい遊の先、左手にあります。

麺や ようか ラーメン / 小千谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

手打ち麺 勝龍

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市  [2010.8.16 (月) 15:36]

今日でお盆休み終わりですね。あっという間に連休もお休みです。いろいろ遊びましたがやっぱり〆はラーメンです。一日時間もあったので、遠目のお店に行こうと思い立ち、とうさんのお勧めのお店で、新潟でも有名店にあげられる勝龍さんに行ってみることにしました。体育会系の元気のいいお店という印象のこのお店。新潟のラーメン店の店主の作るブログなんかでも結構有名ですよね。実際吉田にある響も新潟なおじが勝龍をリスペクトして作ったお店らしいですよ。
食券を購入するシステムですが、券売機にないメニューも多く、店舗入り口で口頭で伝えてメニューを選ぶ場合も多いです。今日はスタンダード(?)にネギミソらーめん(930円)をお願いしてみました。大盛りはサービスです。店内はかなり広めで、名物というか日常茶飯事のような店主の店員への怒号に圧倒されます。基本的に怒号に圧倒された客というよりも店員が萎縮しきっている状態で体育会系のお店ではありますが、基本的に怒号は味に対してまったくプラスになることはないです。逆に店員がビクビクしながら接客をしているような気もして、気遣いなんかが感じられない空間のような気が。
一気に手打ち麺を茹で上げる(店主が両手で抱えた麺が鍋に投入されている感じ)ので、凄く回転は早く、あっという間にラーメンが出てきます。まず盛りの良さとスープがこぼれたり具が器から落ちそうになっているところは、雑なのか男らしさなのかよく分かりませんが、これも味わいなんですかね。
スープは味噌ベースのこってり系ですが、今日はスープの味が薄い。辛味ネギの味が強くていつものパンチの効いた味が感じられません。最近この味のばらつきが多くなったような気が。ハズレをよく引くようになったのは残念です。麺は手打ちの縮れのある中太麺。ゆで加減はちょっと柔らかめ。スープがいつも通りパンチが効いていると旨いんですが、いい麺を使用していてもスープがちょっと…。
トッピングは大量のネギとカイワレ大根、薄めでも大量に乗っているチャーシュー。ネギは結構辛めなので、スープに浸さないとかなり辛いです。食べ進めていくとネギの効果で身体がガンガンに熱くなります。チャーシューのボリュームはチャーシュー系のメニューじゃなくてもかなり多いのでこれは結構満足感はあると思います。

個人的に、体育会系の男のラーメン店という感じはありますが、最近は全体的に粗い感じがして、同じ手打ち麺を食べるなら兄弟店である暁天に行きます。店員に対する怒号は味に対してプラスになることは全くないと思います。高校生とおぼしきアルバイト店員への教育の一環としてのこの対応は社会勉強としていいのかもしれませんが、それにお客さんをつきあわせている印象が強くなっている気がします。また、味のばらつきの幅がひどくなってきた印象もありますし。とにかく量が食べたい男の食事に行きたいのであればいいお店だとは思いますが。

小千谷の市街地、長岡方面から小千谷市役所から左手に曲がった先にお店があります。看板もあるし行列があるので結構わかりやすい思います。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

手打ち麺処 暁天 (ぎょうてん)

カテゴリー:らーめん, 中越, 小千谷市  [2009.5.10 (日) 15:34]

img_0489いい天気ですねー。初夏の陽気ですよ。本日はちょっと用事があって、長岡に来ていたんですが、お昼になって先日食べたぶしやさんの手打ち麺が食べたくなったんですが、ついこないだ行ったばかりだし、違うお店に行かなくちゃなーと考え、前から気になっていた小千谷の暁天さんまでちょっと足を伸ばしてみました。
なんか小麦らしい美味しい麺が急に食べたくなったんですよ。病気だなー。ヾ(゚ω゚)ノ゛
暁天さんも自家製麺で有名なお店なので、前から気になっていたんですよねー。同じ小千谷の勝龍さんの系列ですし。

まだ目新しいお店で、食券方式。店内はかなり広くてカウンター20席、4人掛けテーブル5卓とラーメン屋としてはかなり開放感があります。
普通に醤油ラーメンで良かったんですが、辛いものにつられる私はネギ辛醤油ラーメン(820円)、味玉(100円)トッピングでお願いしました。同じ値段ですべて大盛サービスだそうです。お昼の時間からずれていたのもあって、とりあえず普通盛りでお願いしました。
見た目からも結構辛そうなんですが、ベースのスープが出汁がきいて甘めなのか、それほど辛くありません。結構唐辛子が浮いているんですが、適度な辛さでスープを殺していないのはさすがです。鶏ガラ系の味が強いのか優しい印象のスープです。
今日の目的でもあった麺。期待通りのうまさでした。噛む歯を押し返すような歯ごたえは、シコシコとしていて自家製麺らしい逸品。小麦らしい味わいは大満足です。私自身食べるのはそれほど早くないんですが、麺が伸びにくいようで最後まで歯ごたえが変わらず、最後まで楽しめました。やっぱり大盛にしておけば良かったかな。(;´Д`A “`
チャーシューは若干薄い感じなのがちょっと寂しい感じですが、味は結構しっかりしていて、チャーシューメンにしてもかなり満足できるのではないでしょうか。チャーシュー以外に角煮もトッピングできるそうなので、こちらも今度食べてみたいと思います。
ネギといい糸唐辛子といい、ひとつひとつがきちんと主張があるんだけどバランスがいいですね。

玄関のあたりにお勧めラーメン店として勝龍さん(当たり前ですが)と碧空麺舗さんが紹介されていました。碧空麺舗さんも系列なんでしょうかね?

国道17号線小千谷バイパスを小千谷方面に向かい、道の駅ちぢみの小千谷の手前、トンネルの手前のベイシア小千谷店の向かい側にあります。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント