Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ ラーメンバージョン

ラーメン さんしち

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2015.3.8 (日) 14:02]

IMG_5697今日は長岡に買い物に来ています。買い物といいつつ、もちろん、ラーメンが目的であることはいうまでもありませんね。もうこの流れを説明するまでもないので、省略省略。(゚ー゚*)

今回選んだお店は、さんしちさん。長岡市立中央図書館の向かい側にあるお店で、個人的には10年以上前にこの場所にラーメン食べに来たことはあるんですが、その当時からさんしちさんだったかどうかは覚えていません。前はとんこつラーメンのお店だったかな。
お店に入ると食券機がお出迎え。かなり味噌系に力を入れているようで、メニューは豊富で、壁に大きな写真が貼ってあります。また塩や醤油もいろいろ揃えてあります。味噌系は、みそ・ねぎみそ・黒ごまみそ・鰹削粉みそと4種。塩にはバターがあり、トッピングはコーンなどもあり、ラインナップだけみると北海道系のラーメン店っぽい感じ。お店は以前来た当時と変わらない横長のレイアウトで、カウンターが10席ほど、入り口入って右側は小上がり、左手はテーブル席といった感じになってます。

IMG_5698とりあえず味噌の中でもかなり力を入れている様子の鰹削粉味噌らーめん (790円)に辛ねぎトッピング (150円)で、連れは塩らーめん (640円)に煮玉子 (100円)トッピングでお願いしてみました。
どっさり乗った赤いねぎ。辛そう…まず、スープは濃厚な赤味噌系でしっかりとした塩味がきいており、脂も多め。ニンニクもしっかりと入っていてコッテリとした印象ですが、辛味ねぎが溶けると全く違う印象になります。また魚粉が入っているようですが、後味はそれ程残る感じではないです。魚介=鰹節の香りもしっかりとやってくるんですが、この鰹削粉味噌らーめん、他の人を見るとトップに鰹節を乗せているみたいです。私、ねぎトッピングで思いっきりその香りの良さをつぶしてしまったようです。途中からスープの中に沈んでしまった鰹節が出てきて失敗に気づきました。*o_ _)oバタッ
麺は縮れた中太麺。しっかりとしたコシがあり、強めのスープに負けてない小麦らしさ。モチモチした歯ごたえとスープのバランスがいいですね。量的にはちょっと少なめかな。
トッピングはチャーシュー1枚、辛ねぎ、湯揚げモヤシ、鰹節、青ネギ、チャーシューは結構厚めで食べ応えがあり、辛ねぎは白髪タイプではなく刻みネギに辛味を絡めていった感じ。思った以上に辛くなりますね。
塩ラーメンのほうは、出汁の良さがよく分かる感じ。塩味は強めですが、身体にゆっくりと染みていく感じがします。麺は味噌系に比べて若干細目のようです。

長岡駅東口側、長岡市立中央図書館の向かい側にお店があります。白い大きい看板にちょっと読みづらい筆文字が書いてあります。

ラーメンさんしちラーメン / 長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺や 一晃亭2

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2015.2.11 (水) 12:39]

IMG_5593さて、建国記念日です。昔は祖母の誕生日が10日で、その次に建国記念日、続いて自分の誕生日とイベント続きといった印象だったんですが、こう歳食っちゃうとあまり関係なくなってきちゃいました。なんで建国記念日にラーメンなのかと突っ込まれても、なにも答えられません…
以前より評判が良くて、最近はバラエティ溢れる限定のラーメンでも、かなり注目度が上がっている寺泊の一晃亭さんにやってきました。こまどりさんがそばにあるのに、かなりお客さんが入っています。カウンターに陣取り、限定の潮味鶏 白正油仕立て (850円)に半ワサビチャーシュー丼 (100円)をお願いしてみました。
この潮味鶏、鶏出汁に様々な魚介系の出汁を加えてバリエーションが増えているんですが、今回の白正油仕立ては名前の通りの白醤油を、丸鶏の白湯スープと蟹の出汁を合わせたスープに合わせた上品な一品。鶏はコラーゲンたっぷりという感じではなく、コクが強い仕上がりです。この鶏の濃厚な出汁に後から香ってくる蟹の香りが高級な感じ。蟹は海老よりも強さは薄めですが、しっかりと甲殻類の味わいがやってきます。これを白醤油が優しくフォローする感じです。これは旨い。
麺は縮れた中細麺。上品なスープをしっかりと絡め取ります。多加水タイプの麺はモチモチとして、スープとの相性抜群。滑らかな歯触りと舌触りなので、どちらかというと中華麺というよりもコシの強い高級なうどんみたいな印象ですかね。ちょっと細い麺などが混ざっていたのはご愛敬。
トッピングは豚チャーシュー2枚、鶏モモチャーシュー2枚、海老ワンタン、揚げレンコン、メンマ、グリーンリーフ、そして、ちょっと何か分からないのですがアクセントに赤と白の調味料のようなものが…美味しいんだけどよく分からない。これなんだろ??チャーシュー2種にワンタンまでとなるとかなりコスト的にもお得感満載ですね。
しかし、この発想力というか引き出しの多さは脱帽です。ちなみに店長さんのブログを覗くとさらにレアな数量限定のラーメンも頂けるようです。オマールと潮味鶏の組合せもいいですねえ…毎回通いたくなるレパートリーの幅です。以前よりも一層レベルアップしている感じでした。

寺泊の市場の並び。柏崎方向へちょっといったあたり、寺泊こまどりさんの手前にあります。

麺や一晃亭ラーメン / 小島谷)
昼総合点★★★☆☆ 3.7


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ラーメン たいち

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2015.1.11 (日) 12:24]

IMG_5510長岡にやってきました。最近ヒマだとよく長岡に来てますね。まあ、目的はラーメンだけでしかないのかもしれませんが、街並みとか何となくゆったりとしていて、気分的に落ち着くんですよね。長岡だと買い物や食事なんかを考えても千秋が原付近が最近は一番発展していて、行くたびに新しいお店も増えている感じで活気があります。その中でいつも変わったスタイルの建物で気になっているラーメン たいちさんが時間的にいいタイミングで並ばないで入れそうだったので、こりゃチャンスと訪問してみました。いつも前を通ると混雑していてあきらめているラーメン店、念願叶って初来店です。

いわゆる長岡生姜醤油のお店。地元の方でいっぱいです。まず食券機で醤油ラーメン (650円)と塩ラーメン (700円)、これに各々ゆでたまご (100円)を付けてみました。味噌もあるようですね。特徴的な半円状の店内は、思ったよりも広め。ただ、座ったカウンターの端は壁が迫ってくる感じで少し圧迫感があります。お店の半分はガラス張りの厨房になっていて、たくさんの店員さんが忙しそうにラーメンを作っていました。

IMG_5509大きい丼で提供されるラーメンはスープの量もたっぷり。中越地区はこの大きめのところが多いですよね。醤油ラーメンは透明な油が浮いていて、色も濃いめ。生姜の香りがガツンとやってくる、まさに長岡生姜醤油の王道を行く仕上がり。昆布だしの優しい感じが後からやってきます。ただ、老舗の青島食堂と比べると油の量や味付けも若干マイルドで、冬の寒い時期にはホッとする味付けだと思います。ラー油と辛味噌、お酢を入れて味の変化を楽しむのもお勧めと書いてありました。試してみると確かに面白い。ただ、そうすると個人的には鍋物のスープのイメージが頭をよぎってきました。(;´Д`A “`
麺は縮れた中太麺。茹で加減は少し柔らかめ。表面はツルツルしています。スープとの相性も良く、際立った個性があるわけではないですが、安心して頂ける味わいです。カウンターから見えた麺のケースは越後製菓と表記されていました。越後製菓さんも麺をかなり納入しているんですね。
トッピングはチャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みネギに、味玉。チャーシューは適度にぱさつきのある肉感がしっかりしたタイプです。
連れの塩ラーメンを頂いたんですが、個人的には醤油よりもこちらのほうが出汁にバランスしているような気がします。こちらのほうが上品で旨味がより感じられるように思いました。
となりのお客さんが頼んだ大盛の丼がまたでかくてビックリ。と、情報を調べるとヒグマさんで修行された店主さんなんですね。ラーメンのビジュアルといい味わいといい納得です。

長岡千秋が原内、8号線からだとドコモとゲームセンターがある堺交差点から入ると右手に特徴的なドーム状のお店が見えるので分かりやすいです。

たいちラーメン / 長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺屋 松

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2015.1.4 (日) 14:51]

IMG_5479今年の麺初め。昨日まで実家で過ごしていたこともあり、今日一日はゆっくりと寝正月を満喫しようかと思っていたんですがfacebookの麺初め投稿を観ていたら我慢ならなくなりました…(;´Д`A “`

ということで、今回は長岡へ遠征。景気よくジャンク系のお店へ。麺屋 松さんです。いわゆる二郎系のビジュアルで有名ですが、しっかりとした自家製麺でも人気のお店。昼時間を過ぎたあたりですが、正月料理に飽きた?お客さんで常に賑わっています。こってりとあっさりの2種類から選べますが、しっかりとコッテリ系のトロ肉こってり(950円)を野菜増量、背脂増量、ニンニクありでお願いしてみました。ちなみに大盛まで無料とのことで、こちらもあわせてお願いします。カウンター越しに見える厨房は女性店員だけで特徴的ですが、厨房の奥には店主さんらしき男性がいらっしゃるようです。この系統としてはなかなか早いタイミングで供卓。まさに二郎系のビジュアルにたじろぎます。
まずスープを味わおうにもレンゲを入れる隙間がありません。スープは鶏と豚、これにキャベツの芯を加えて一日煮込んだものらしく、しっかりとした味わいの中に甘みも感じる優しい感じ。二郎系でありがちな醤油味と出汁がオラオラで攻めてくる感じではなくてホッとしますね。背脂もたっぷりですがしつこさはありません。ちなみにあっさり系にはこのスープに魚貝系の出汁と鶏油を加えたスタイルだそうです。ちょっとスープは少なめのような気がしますが、食べ進めてもスープが冷えないのはさすがですね。
麺はストレートの自家製中細麺。表面がツルツルしていてモッチリとした食感が特徴的。スープが少ない分たっぷりのトッピングの下から引き出すのはなかなか大変ですが、引き出すときにブチブチ切れる感じではないですね。個人的にもう少しコシが強い方が好みですが、これぐらい抑えめだと結構量を感じないかもしれません。大盛でも結構な量ですけどね。
トッピングは増量した野菜とトロチャーシューがインパクトありますが、スタイルとしてはシンプル。トロ肉、小さめチャーシュー5枚、モヤシとキャベツの湯揚げ、ニンニク。これに無料の刻み玉ネギのポットが付いてきます。トロ肉は角煮並みに煮込まれたモモ肉が2本入っており、しっかりとした味つけとトロける脂身のコラーゲンを感じます。これだけでごはんが3杯ぐらい行けそうです。これ喰ってると確実に体重増量ですね。モヤシもキャベツもしっかりと温めてあり、スープに浸してもスープの温度が下がらないのは非常に良いですよね。玉ネギを入れるとシャキシャキの歯ごたえとともに全体がぴりっと引き締まった感じになります。その日の影響がなければニンニクもマストですね。
さすがにスープ飲み干すところまではたどり着けませんでした。お腹が苦しいです…
トロ肉付けると950円と結構な金額ですが、普通のこってりで750円の価格と量を考えるとかなりコストパフォーマンスは良さそうです。毎日食べるとなるとカロリーもかなり凄そうですけどね。

長岡市内の国道8号線バイパス、長岡駅方面から長岡大橋を渡る手前、西神田二丁目の信号を左に入り少しすすんだ右路地のちょっと先にお店があります。

麺屋 松ラーメン / 北長岡駅長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

博多拉麺 KAZU

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2014.12.28 (日) 17:58]

IMG_5453埼玉でのゴルフからの帰り、高速で帰途につきましたが、自宅に戻って夕飯も味気ないし、せっかくなのでラーメン食べようと、手前の長岡で高速を降りてラーメン店を物色です。
今回は行きたいお店が数多くある中で、KAZUさんに行くことにしました。元々柏崎にあったお店が長岡の激戦区に新オープン。それも喰拳さんのすぐ近くとなかなかの立地です。風雷房さんもそうですが、激戦区へあえて新たに出店するお店が増えてきていますね。選ぶ側からすると楽しみが増えてうれしい限りです。

お店は新店らしく綺麗なんですが、外からガラス越しに店内がよく見えるところや、カウンターの形式なんかが本場に近いと感じるのは気のせいですかね。厨房に向かってカウンター8席ほど、横に4人掛けテーブル席が2卓ぐらい。既に家族連れなどで賑わっています。ラーメンは基本は博多豚骨の名の通り豚骨がメインで、通常の白に、マー油の黒、ラー油の赤。これにまぜそばなどが加わるラインナップ。また、細麺だけでなく太麺も選べるそうで、この場合は替え玉ではなく大盛・特盛の対応が出来るようです。

スタンダードに白とんこつ (650円)をカタメで注文。トッピングの追加もいろいろ出来るんですが、テーブルにはモヤシや高菜、紅ショウガなど多数揃っていて、それだけでも十分と感じられます。ちょっと着丼まで時間がかかりましたが、混雑してましたからね。スープは王道の九州豚骨といった仕上がり。サラサラといった感じではなくコクがしっかりとしていて、細かい背脂とコラーゲンが感じられますが、臭みもなくしつこくありません。また、味わいも塩気が抑えめで味付けで出汁をごまかしていない印象です。これにモヤシや高菜などを加えると味の調整も可能。県内の九州豚骨系でもかなり本場に近い味だと思います。
麺はストレートの極細麺。サクサクとした食感も本場を思い出します。もちろん替え玉前提の量ではあるんですが、細い麺だから食べ応えがないというわけではなく、思ったよりお腹にたまる感じはありました。もちろん替え玉はバリカタでお願いします。
トッピングはチャーシュー3枚、焼き海苔、キクラゲ細切り、刻み青ネギ。チャーシューは赤味の強いタイプで、本場と違った印象。いわゆる肉汁が出きった感じのあのチャーシューではないというところは控えめな個性を感じますね。

長岡古正寺のムサシさんと原信さんの間の長岡西交差点を長岡西病院方面に進むと左手にお店が見えます。ただし入り口は裏手の通り側からしか入れないようなので、喰拳さんのお店の前を通り裏道を進む形になります。

博多拉麺 KAZUラーメン / 長岡駅宮内駅北長岡駅
夜総合点★★★★ 4.0

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺場 ふうらいぼう

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2014.11.24 (月) 13:48]

IMG_5360長岡も最近新店ラッシュですね。あっという間にお店が増えてしまうので、仕事でドタバタしていると行きたい店が増えて大変です。今回は柏崎の人気店の風雷房さんが長岡に出したお店に早速やってきました。こちらはひらがな表記ですが、二号店ということになるみたいです。

お店はもともと回転寿司屋さんだったと思うんですが、なかなか広い店内の中心に厨房が広がり、テーブル席や小上がりもたくさん配置されていて、お客さんはたくさん入っていますが、すぐ席に案内してもらえました。流れている曲は80年代の洋楽。なかなかいい雰囲気です。店員さんは皆さんつなぎを着ていて、それだけで印象がなんとなく若い感覚になります。…俺だけかな。
食券機で購入する形で私は長岡店限定の旨辛担担麺 (800円)を。連れは淡麗しおらーめん (710円) + 煮玉子 (100円)を頼みました。ちなみにランチは大盛無料なので担々麵は大盛でお願いしてみました。本当は食べログなどで見かけた限定麺の芳醇追い鶏節しおというのが目的だったのですが、すでに担々麵に切り替わってしまっていました。担々麵好きなんでこっちで願ったり叶ったりですけどね。

IMG_5362深めの丼に色彩豊かなビジュアル。ピーナッツ系の担々麵でコクが強いスープは豚骨系。マー油とラー油で辛そうに見えますが、強烈な辛味はありません。しかしジワジワくる辛味は本格の味わい。ゴマとは違う甘みが強めのコクは豚骨との相性も凄く良く、それでいてしつこい感じがしません。担々麵には酢とラー油、そしてミル入りの緑の花椒。これを入れていくと爽やかでスパイシーな香りが広がります。辛味というよりもスカッとするような味つけになって、また印象が変わります。
麺はストレートの中太麺。表面がツルツルとしていますが、スープの辛味も良好。コシはありますがちょうどパスタのアルデンテのような歯ごたえです。そして小麦の香りがしっかりとしている感じ。食べ応えがある麺ですが、結構夢中になって食べると大盛であることを忘れてしまいます。しっかりお腹たまるけどね。
トッピングは挽肉餡、粗挽きピーナッツ、豆苗、糸唐辛子、刻み玉ネギ、刻みネギ。豆苗は珍しいですが、個人的にラーメンには合うと思ってたんですよね。相性は抜群です。挽肉餡もたっぷりでスープと一緒にすくい上げて全部頂きたい味つけの濃厚さ。たまらんですね。
そして、こちらのしおらーめん。絶品です。鶏とあご出汁、これに貝柱や昆布だしなど和風出汁が加わり、絶妙なバランスはスープを飲んでいるだけで幸せになれます。

長岡インター近くのニトリさん付近。結婚式場のル・ヴィラージュアンシャンテさん(旧ランドクラブ)の横にお店があります。

麺場 ふうらいぼうラーメン / 宮内駅
昼総合点★★★★ 4.1

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

尾道らーめん 七鐘屋

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2014.11.3 (月) 11:54]

IMG_5288天気が良くないですね。何も連休中にお天気崩れなくてもって感じですが、まあ、しょうがありません。ラーメン食べるのであれば天気は関係ないですしね。
今回は少し足を伸ばして長岡までやってきました。いつも気になっていたんですが、他の用事で訪問できなかった七鐘屋さんにやってきました。これで、「なかや」さんと読むんですね。尾道ラーメンのお店で、尾道といえば大林監督ですが、しっかりと監督作品のポスターや長岡花火をテーマにした映画のロケ写真などが飾られていました。お店は大きめの小上がりを中心に、カウンター7席ほどと長椅子風の4人掛けテーブル席が2卓です。

食券機でスタンダードな尾道らーめん コクうま (700円)を、連れは瀬戸内 塩らーめん (750円)に、のせるもの (150円)として半熟玉子&海苔4枚をお願いしてみました。醤油、塩、味噌、担々麵、つけ麺といろいろとメニューは揃っていますが、私自身尾道ラーメンって初体験です。テーブルに備え付けのしおりでは、瀬戸の小魚、豚油、小豆島の醤油、そして極細麺が特徴とのこと。

IMG_5290早速やってきた尾道ラーメンは、いわゆる魚介醤油と豚油の組合せは最近見慣れたものですが、スープのコクが一段も二段も違います。和風を強く感じる小魚の出汁がしっかりとしていて、さらにコクのある醤油がフォローしてくる感じ。出汁自体はえぐみもなく、味は濃いめですが後味はさっぱりしており、非常にバランスが取れています。
そして麺がまた面白いストレートの極細麺。角断面で細さなどにバラツキがあり、加水率が少なく、サクサクした感じで九州豚骨の麺のようでもあり、そうめんなどの印象も感じる不思議な麺です。麺の硬さも調整できるところはそのまま九州のイメージに近いですね。スープとの相性という部分では少しちがう感じもあるんですが、味自体の主張はそれ程強いわけではないので、トータルでよくバランスしている感じはあります。量はスルスルと頂けるからかちょっと物足りなさがあります。
トッピングは厚めのチャーシュー3枚、味玉、メンマ、刻みネギ。チャーシューはトロトロのほどける感じで、スープとの相性も抜群。ライスに乗せて食べたい感じです。
塩のほうは醤油のようなコクが後からやってくる感じはありませんが、魚介の上品な出汁が強く出ており、あっさりだけどしっかりと頂ける味わいです。焼き海苔の新鮮さ感が結構好印象でした。こういう焼き海苔だったらトッピングで頼みたいと感じました。

なぜ今まで尾道ラーメンを食べなかったか、ちょっと後悔するほどの衝撃でした。辛さで選べる担々麵など個人的に大好きなジャンルなんでリピート決定です。

長岡の蔵王橋方面から長岡バイパスに抜ける裏道沿い。長岡バイパスからだと寺島交差点から寺泊方面に向かい、ウオロク蓮潟店を右折すると右手にお店があります。

尾道らーめん 七鐘屋ラーメン / 長岡駅北長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ラーメン家 りりん

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2014.10.13 (月) 12:24]

IMG_5176今日は長岡へ。目的はもちろんラーメンですが…それ以外に用事はないのかと怒られそうです。
少しずつ寒くなってくると、やはり背脂系が恋しくなります。今日は以前より気になっていた背脂系ラーメンのりりんさんへやってきました。ここら辺にも背脂系のお店が増えてきましたね。うれしい限りです。
店舗はおしゃれなバーや居酒屋といった風情。元々の店舗がそういうお店で居抜きなんですかね。カウンターから外が眺められて、いい雰囲気です。早速、カウンターに陣取り背脂ラーメン (750円)を注文。まわりのお客さんの様子をうかがってみると結構背脂味噌を頼んでいる人も多いようです。

王道スタイルのラーメンが登場。粒が大きめの背脂が入ったスープは表面に透明な油も浮いていて、なかなかの温度。油以外は結構コッテリしていますが、全体的にあっさりとした出汁で、魚介の出汁の感じが上品な感じ。見た目よりも和風な感じですね。個人的にはもう少し豚骨っぽい強さが欲しいところです。一応柚子が入っているようですが、たまにかすかに風味がやってくる感じでこの量であれば必要ない感じもします。
麺は平打ち状の縮れた中太麺。茹で加減は少し柔らかいんですが、コシが残っている感じで燕系に近い、いい茹で加減だと思います。量も十分で背脂がよく絡みツルツルとした表面もスープに良くあっています。
トッピングは丸めていない大きめのチャーシュー2枚、メンマ、モヤシ、刻み玉ネギ、岩のりに柚子皮が少々。チャーシューは表面の油の温度で柔らかく崩れはじめる感じも絶妙。この価格でモヤシが入っていると少し得した気分になりますね。
油が結構多めで油が苦手な人にはきついかもしれませんが、全体的にレベルの高い燕系ラーメンといえるかもしれないですね。味噌系も今度頂いてみたいところです。向かい側のラーメン店もちょっと気になりました。(o ̄ー ̄o) ムフフ

国道8号線、見附〜長岡の途中でちょうどバイパスにあがって新幹線の高架橋を越えた次の福島交差点を右折。次の信号を左折で左手にお店があります。向かい側のラーメン屋さんののぼりで間違えそうですが、その向かい側のおしゃれな建物です。現在はやっていない大きなパチンコ屋があるところで国道からもお店は見えると思います。

りりんラーメン / 北長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

けんちゃんらーめん

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2014.9.23 (火) 12:31]

IMG_5068昨日の予想通り、お昼に合わせてラーメン食べに出てきました。最近はラーメン店に合わせて、出かけるところを決めるような状態ですね。今回のお店は長岡で評判の高いお店。名前だけだと冗談のようですが、けんちゃんらーめんさんです。長岡の潤さんから独立された店主さんのお店らしく、背脂醤油系と鶏塩系で評判とのことでいそいそとやってきました。昼時ということで混んでいますが、回転が良いようで早めに店内に入れました。入り口で食券を購入しようと見ると、鶏塩系のメニューがありません。しょうがないので背脂系でジュンジロォウ (700円)と、連れがあっさり醤油系の中華そば (700円)に煮玉子 (120円)を注文してみます。中華そばは以前のけんちゃんらーめんと呼ばれたメニューのようで、背脂系ではないそうです。
お店は壁面に向かって多数の席が用意されるレイアウト。入り口近くに向かい合わせのテーブルがいくつか用意されていますが、これが回転の良さに繋がっているようですね。壁には9月からメニューを一新したとの案内が。今回の鶏塩系はしばらく休止して、醤油系に絞るとの話です。ちょっと残念ですね。

IMG_5067中華そばが先に出てきた後、ジュンジロォウが登場。すべて普通で頼んだのでインパクトは少ないですが、食欲を刺激するルックスです。
スープは魚介の香りが鼻をくすぐり、豚骨と醤油のしっかりとした味わいは、まさに潤と近い味わい。背脂の甘みが際立ちます。ニンニクを溶かすとピリッと味が引き締まる感じも三条の潤さんを思い浮かべる感じです。底の方に柚子が入っているので、最後にふっと柑橘系の香りがしますが、背脂系ではそれ程必要がないような気がします。
麺は中太麺。背脂とのバランスのいいコシが残っており、ボリューム感もたっぷり。ここら辺も安心感がある仕上がりですね。
トッピングは、キャベツとモヤシの湯揚げ、チャーシューが一枚、これにおろしニンニクと刻みニンニクが加わります。ニンニクには醤油ダレがかかっています。チャーシューは薄めで、どちらかというと昔ながらの感じ。スープに浸して食べた方がいい感じですね。
中華そばは濃いめの醤油味で、背脂が浮いてないタイプ。思ったよりしっかりとした味で、油も多め。麺は中細麺でトッピングもほうれん草やメンマ、ナルトなんかが入っていて、どちらかというと長岡生姜醤油系に近い感じですかね。
鶏塩が非常に評判がよかっただけに、ここら辺をなくした英断が吉と出るか、今後が気になるところです。

長岡駅方面から長生橋を渡り、その先の大島五丁目の交差点を左折。しばらく進むと右手にお店が見えてきます。

けんちゃんらーめんラーメン / 宮内駅長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

栄華楼

カテゴリー:らーめん, 中越, 新潟県, 長岡市  [2014.9.21 (日) 12:17]

IMG_5049今日は老舗を巡る旅というわけではないんですが、久しぶりということで長岡の老舗のお店を訪問しました。もともと長岡の繁華街の裏通りにあった老舗の中華そば店。なかなかクルマで行く機会が少なくて、電車でいったついでに食べるなんてのが多かったんですが、今年の4月に国道8号沿いに移転したとのことで、懐かしさもあって訪問です。既にお店自体先代ではなく二代目に変わっているとの話で、クルマで行きやすくなった半面、ちょっと心配もあったんですが、どうでしょうか。
お店は外観は随分と綺麗になりましたが、店内の狭い感じは変わらず。カウンター2席、2名掛けテーブル席2卓、4名掛け小上がりが2卓。店内には食券機が備わり、さらに狭い感じになってますが、昔と雰囲気が変わらない不思議な感じ。昭和45年から続くお店ですから、私よりも歴史がありますしね。新の文字が気になり新もやしラーメン (750円)、連れはシンプルに中華そば (650円)を注文します。

IMG_5048まず、新もやしラーメンは想像していたモヤシだらけという感じではなく、野菜炒めが入ったタンメンと大きくは変わらない感じ。あっさりとした味わいの醤油スープは、魚介の香りがしっかりとしており、表面に浮いたコラーゲンと脂がコクを生み出す感じ。単にあっさりではなく、この脂の感じが特徴的で、鶏の旨味がよく出ています。醤油味自体はしつこくないので、スープを飲むのが止まらなくなります。
麺は縮れた中細麺。茹で加減は柔らかめで、よくスープが絡みます。スープがあっさりなんで麺の味がよく分かる感じがしますね。個性の強くない感じですが、スープとのバランスは確かにこの太さがよい感じ。麺の量は適量。チャーハンと一緒のセットが食べたいところですが、連れの麺を半分もらうので我慢です。
トッピングは大きめチャーシュー2枚、モヤシ、キャベツ、ニンジン、キクラゲの野菜炒め。これに長ネギみじん切り。野菜炒めにはほぐれたチャーシューが含まれていて得した気分です。チャーシューはしっかりとした味で、スープの味がすっと抜けた後に後からじんわりと味がやってくる感じ。普通の中華そばでも3枚ぐらい入っていて、これだけでもお得感満載です。
個人的に以前の先代の味を忘れてしまっているので、詳細に比べることは出来ませんが、食べ始めてふっとスープの味を思い出す感じからすると、大きく変わっていないようですね。クルマで来やすくなり、リバーサイド千秋なんかも近くなんで、以前よりも頻繁に訪問できそうです。後はチャーハンの味を確認したいところです…

国道8号線、長岡から柏崎方面に向い、近代美術館の先右手にお店があります。コメリスーパーセンターの向かい側。長岡駅方面から来た場合は寺島の交差点を右折して裏手のほうから入った方がアクセスしやすいと思います。

栄華楼ラーメン / 長岡駅北長岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント