Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ ラーメンバージョン

つけ麺 白虎 <御殿場本店>

カテゴリー:その他, らーめん  [2014.10.4 (土) 13:28]

IMG_5143本日から二日間、休日出勤。かつ出張です。普段の新幹線ではなくクルマでの移動。こういう出張もたまにはいいですね。電車で不特定多数の人に会うよりは、クルマの中だと気が楽ですし、何よりも運転が苦にならないからというのもありますね。今回の初日は御殿場です。お客さんの所に14時到着で入れば良いので、その前に腹ごしらえです。携帯で調べて、お客さんに近いところで有名どころを選んでみました。白虎さんというお店です。

広い店内はお昼時を過ぎていますが混雑しています。よく見ると日本時以外の観光客も半数ぐらい。御殿場は箱根への観光道路で日本人のお客さん以外にも海外のお客さんも多いんですよね。食券機で濃厚味噌らーめん (800円)を注文してみました。醤油やつけ麺、富士山盛なんていうドカ盛り系までいろいろ取り揃えているようですね。さすがにこれからお客さんの所ということもあり、ドカ盛りは無理ですよね。

カウンターに座ると結構料理でてくるのを待っている人が多い様子。時間までに間に合うかなと心配していたら、結構早めに出てきました。つけ麺はさすがに時間がかかるようで、それを待っている人が多かったようですね。
スープは魚粉がたっぷりと入った濃厚豚骨タイプ。豚骨は結構あっさりしていて、味噌の濃厚さと少しバランスが悪い感じが。すこし甘い感じなんですね。新潟で濃厚というと、あそことかあそこの味を想像しちゃうからなんですね。テーブル据え置きの魚粉パウダーをたっぷりと入れると、甘さが少し和らいでバランスが良くなった感じはします。
麺は中太のストレートタイプ。コシが凄くて結構ビックリする感じ。小麦っぽさもしっかりと出ていていい麺だと思います。スープとのバランスという感覚からはもう少し濃いスープで頂きたい感じ。
トッピングは炙りチャーシュー、太目メンマ、味玉、モヤシ、刻みネギ。炙られたチャーシューは香ばしくて美味しいですね。

また、御殿場に来ることがあると思うので、違う麺を使用している他の醤油なんかあたりもちょっと試してみたいですね。

東富士五湖道路をそのまま降りた後、箱根裏街道を進み、そのまま御殿場バイパスに入ったあたり左手にお店があります。お店は大きめなので分かりやすいと思います。

つけ麺 白虎ラーメン / 御殿場駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.8

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺屋 黒船 <御殿場店>

カテゴリー:その他, らーめん  [2014.7.17 (木) 13:43]

IMG_4818結構な強行軍の出張にでています。仕事では初めて足を踏み入れる御殿場です。電車の情報とかも無かった中、そのまま日帰りにするには結構厳しいかもしれないですね。電車の本数や乗っている時間も結構かかってしまうのと、一部suicaが使えない駅もあったりで結構目からウロコでした。
御殿場の新規のお客さんところへ訪問する前に、駅近くで昼食です。駅の裏へでると目の前にラーメン店が。早速こちらに入ってみました。ちゃぶ屋の森住さんプロデュースのお店と書かれており、フランチャイズでいろいろなところに出店しているお店のようですね。カウンターで醤油葱麺 (800円)をお願いすると、先払いでお支払い。あとから来た常連と思われるお客さんとの会話では、以前は食券機があったようですが、その名残ですかね。

背脂が少し浮いたド醤油といった雰囲気のスープは、焦がしネギがたくさん浮いています。最初コショウか何かかと思いました。魚介の香りがしっかりとしていて塩味も濃い目ですが、思ったよりもあっさりとしています。少し醤油の酸味が強いかな。絶対的な特徴は少ないですが、普通に美味しい感じですね。
そして平打ち状の少し縮れた麺。なかなかの歯ごたえがあります。タピオカか何かが練り込まれている感じでしょうか。量はちょっと少なめです。歯ごたえが面白いので麺が主役のような感覚になってしまうので、その分でスープの印象が薄くなっちゃうのかも。
トッピングはチャーシュー、斜め切りの白ネギ、メンマ、刻み青ネギ、焼き海苔。ネギはちょっと辛味が残っている感じで、ネギの辛味でさらにスープの印象が薄くなっちゃいます。個人的にはもう少し水にさらした方が良いかなと思います。
個人的には普通に美味しいんですが、有名人プロデュースという看板が逆にハードルをあげてしまっているような気がします。ただ、麺はなかなか面白くて強く印象が残りました。

御殿場駅裏口の階段を降りると、すぐ左手にお店が見えます。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

横丁そば 小西湖

カテゴリー:その他, らーめん  [2013.5.5 (日) 15:20]

IMG_3380伊勢参り二日目。今日は内宮参り。お昼ごはんは豚捨さんの牛丼を食べたんですが、これはあえて麺類を避けていたんです。個人的に伊勢うどんは甘くてあまり好きじゃないもんで…そして、まさかのおやつとしてラーメンを頂きました。おかげ横丁の有名店、小西湖さんです。本当の横丁のラーメン店といった風情。若い女性からおじさんまで、横丁の店で普通にラーメンを食べている不思議な雰囲気のお店です。席に座る前に軒先のレジで先に注文して、席に案内されるのを待つ独特のスタイル。チャーシューを花びらのように並べたラーメンも有名ですが、おやつなんで普通に横丁そば (700円)をお願いしてみました。さらにトッピングがないタイプもあるようです。
スープは松阪牛の骨から煮出した出汁と醤油の組合せ。とはいえ、スープ自体は赤味が強い透明な色味。味は見た目以上に濃い感じ。甘みと塩味がバランスした感じですね。牛骨は出汁が強い感じですが、全体的にあっさりしていておやつにピッタリといった感じですね。やっぱり骨系の出汁は美味しいです。
麺は一般的な中細麺。表面はつやつやした感じで、スープとの融合といった印象は薄いですが、中華そばという感覚で見るとピッタリです。量は思ったよりも少なめかも。たぶんスープがあっさりしているからというのもあると思います。本当におやつの次元ですね。
トッピングはシンプルにチャーシューとモヤシ、九条ネギ。チャーシューはスモークされた感じの薄いんですが味わいの深いタイプ。やっぱりこのネギの味わいがスープに合っているんですね。他のネギやタマネギではこのスープに合わないと思います。

おかげ横丁内、看板があるので分かると思いますが、細い路地にあるのでよく探す必要がありますが、横丁自体も探す楽しみのある場所ですよね。

横丁そば 小西湖中華料理 / 五十鈴川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

新福菜館 本店

カテゴリー:その他, らーめん  [2012.7.30 (月) 18:01]

さて、週明けの月曜日。現在京都におります。イベントのお手伝いで京都に来ているんですが、京都は半端なく暑いです。日程の都合上、なんと日帰り。さらに前日の夜、夜行バスで京都へ出発するという強行軍でしたが、何とか無事に工程を完了。イベントも成功して無事新潟にGO!です。しかし、今日中に新潟にたどり着かなくてはいけないので、恒例のラーメン店巡りも京都駅近場で探さないと…と思ったんですが、京都の有名店はちゃんと京都駅前にありました。今回は「新福菜館 本店」さんです。

汗だくになりながら店内へ。カウンター4席、テーブル6卓と大きなお店ではありませんが、ひっきりなしにお客さんが訪れています。基本相席。今回は時間も無いので標準と思われる中華そば 並 (650円)を注文。話によると色の濃いヤキメシも美味しいそうで、さすがに時間がないのでこれは今度ゆっくりと頂きにきたいと思います。
まず、スープの色の濃さにビックリ。富山ブラックかというぐらいの濃さ。しかし、一口すすってみると濃さとは対照的に甘みを伴った和風な優しい感じがします。ラーメンというよりもそばなどのつゆやタレといった印象。他の口コミなどを見てみるとチャーシューの漬け汁から作っている醤油ダレらしいのですが、憎々しい感じや醤油のしつこさが無く、見た目以上にあっさりとしているのは凄く不思議な感じ。結構クセになるかも。
麺はストレートの中太麺。スープの印象のせいか、ラーメンというよりもコシのあるうどんや蕎麦といった感じもします。ガツンとした印象はないのですが、しっかりとスープを吸っていて、かつコシがある印象。京の食の奥深さを感じるような気もします。
そしてトッピングは、3枚のチャーシューと九条ネギ、細いメンマ。チャーシューはしっかりとした味付けはありますが、スープと同化している感じは否めないかな。ただ肉感はしっかりとしていて、食べ応えあります。ごはんに合いそうなチャーシューですね。そして、この九条ネギ。シャキシャキ感とネギの香りがこのスープを引き立てる感じで、これが無いと成り立たないかも。もっとどっさりとネギを乗せてもらえば良かったかな。

京都駅中央口から右手に進み、京都センチュリーホテルの裏手、高倉通沿いにあります。

新福菜館 本店ラーメン / 京都駅七条駅九条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺や 福座 (ふくぞ)

カテゴリー:その他, らーめん  [2009.10.27 (火) 18:27]

IMG_0987今日は日帰りでクルマで石川県金沢市に来ています。以前は観光で来たことがあるんですが、その時に止めた駐車場の近くの料理学校さんが今回の目的地。クルマを止めてお昼ご飯にラーメンを食べようかと思ったんですが、食べログで調べてみたお店が、すべて夜からの営業。夜の繁華街の近くということもあって、金沢らしいラーメン店に行くには再度クルマに乗って移動しなくてはいけない状況になってしまうので、とりあえずサンドイッチで軽くお昼ご飯を済ませて、料理学校さんへ乗り込んできました。今回の出張はかなり収穫があって充実した出張だったんですが、夕方帰る段階になって、やっぱり金沢に来たのにそのまま帰るのはさすがに悲しいので、帰る前にラーメン店を食べログで検索して、行ってきちゃいました。金沢というとあっさり系醤油の亀次郎さんが有名らしいんですが、これから4時間近くクルマを運転することもあって、ちょっと食べ応えのあるラーメンをということで、福座(ふくぞ)さんへ。もともと京都で有名になった福三というラーメン店さんが、金沢に移ったお店らしいです。
お店に行くとちょうど夜の部の開店したばかり。ん?最近一番乗りが多いな。一番乗りって緊張しちゃいます。金沢に移って以前と違うタイプの福座ラーメンを看板に勝負しているようですが(かっこいい(゜・゜* )リクエストに応えて京都時代の福三らーめんも出しているそうです。迷いに迷ったんですが、お勧めらしい新しい味のほう、福座豚そば(750円)を注文してみました。とんこつ、もみじ、鶏ガラをじっくりと煮だしたスープだそうで、ラーメンが出てくる間も店主さんがスープのあくを丁寧にとっている風景が見えて、店主さんの仕事の細やかさが伝わってきます。
スープはとんこつが強い感じですが、コクが強いのにシンプルな感じがして、この感覚はちょっとやみつきになりそうです。表現は下手ですが味噌のような風味も感じるコクの強さ。味は強めで単純ではないんですが、個々が主張しない絶妙なバランスはすごいと感じます。麺は縮れのある中麺ですが、かなりコシが強い感じですが、スープが強い分非常にバランスが取れていて、スープにピッタリです。
トッピングは肉そばというだけあって、カットされていないスライス豚バラ肉と青ネギ、キャベツ、モヤシがたっぷりと乗っていますが、この豚バラ肉とスープのコンビネーションが絶妙。この豚バラ肉のためのスープのような気になっちゃうほど。豚バラ肉がきしめんの麺のようにスルスル入っていく感じです。うまいっす。ただ、思ったよりも麺の量が少ない感じがしました。腹七分目って感じでしょうか。シンプルだから?不思議。
しかし、全国にはやっぱり旨いラーメン屋さんは多いですね。また、今度は京都時代の人気メニュー福三らーめんを食べてみたいです。よっぽど豚そば食べた後に、福三らーめんをもう一杯食べようとメタボな想いがよぎったんですが、おなかいっぱいにすると新潟まで帰れないような気がしたので、次回の楽しみにしようと思います。

…あ、このあと4時間ドライビングだー。うううう。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント