Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ ラーメンバージョン

らーめん 古潭6

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2016.2.23 (火) 13:11]

IMG_6879この時期に絶対食べたくなる一杯。寒いときはやはり味噌ラーメンですよね。新潟は巻の濃厚味噌が新潟四大ラーメンの一つに数えられていて、こまどりさんや八珍亭さん、そしてその流れをくむ東横さんが有名ですが、地元の人にとっては外せない一杯があります。そう古潭さんです。寒さが厳しくなってくると、あの味がよみがえってきて、食べずにはいられなくなってくるんですが、夜の営業も早く終わってしまうので、仕事帰りにひょいっと食べに行くというのも難しく、休日の昼を狙ったりしないと行けないことが多いんですよね。代休でお休みとなれば向かうしかないです。

昨日は飲み会でもあり、結構たっぷりとお酒を頂いたこともあり、起きるのも遅かったのでスタートが必然的に遅くなり、お昼時を過ぎた昼営業終了のぎりぎりの時間ですが、カウンターはほぼ満席。回転も速いので、入れ替わり立ち替わりでお客さんがやってきます。いつもの定番、野菜味噌らーめん (650円)に納豆(100円)、チャーシュー(100円)のトッピングでお願いしました。次々来るお客さんも各々の定番があるようで、呪文のように注文を伝えていきます。他の人の注文を聞きながら、あ、それも旨いよねー。なんてニヤリとしたりして。( ´艸`)

あっという間に出てくるらーめん、これも古潭らしいですよね。白いスープにうっすらと浮かぶ油。野菜の甘みが前面に出たスープを頂くと背筋に電気が流れるような感覚。うまーい!シンプルだけど絶妙なバランスの優しい味わいです。昨日のお酒で胃腸が荒れているときには薬膳のように身体にスイッチが入っていきます。ベースの出汁は鶏でしょうかね。そういえばちょうど家を出てくるときに石川県のご当地料理でもある「とり野菜みそ」なんか出てましたが、あれもこんな感じなんでしょうか。古潭さんの味噌は旭川系の味噌なんだと思うんですが、やっぱり美味しいものはどこの地域でも同じ感じかもしれないですね。
麺は細麺。少し伸びやすいんですが、中華鍋でしっかりと茹でられていて、優しいスープと一緒に身体に収まっていきます。量も大盛りじゃなくても大丈夫になってきたのは歳かな…
トッピングは、もやしとキャベツ、そしてトッピングの挽き割り納豆、チャーシュー。野菜の量もかなり多くて身体によさそう。チャーシューは昔ながらの少し味が抜け気味の感じですが、量もたっぷりでスープに浸して食べるとバランス抜群。納豆は麺を食べ終わってから、スープと合わせて七味を加えて頂くのが自分流。隣のお父さんは食べる前に表面が真っ赤になるぐらい七味を入れておりました。それぞれの食べ方があるのが古潭さんの良さですね。

値段は上がってしまったけど、やっぱりこの地域のソウルフードといっていい一杯。二日酔い気味の身体に優しく染みいって、身体も元に戻ったようです。

巻駅付近の巻神社の向かい側にあります。

古潭 (ラーメン / 巻)
★★★★ 4.5

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ラーチャン家

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2016.2.21 (日) 13:37]

IMG_6868以前から話題になっていたお店にやっと行くことが出来ました。女池のラーチャン家さんです。最近新潟にラーメン食べに来れてないんですよね。行きたいお店は増えるけど、こなしきれない…(^^;
それはいいとして、もともと味みつの暖簾分けのような形でオープンしたんですが、いつの間にか店名が味みつからラーチャン家に変わっていました。お店的には居酒屋のぶた家などを運営するグループになるようで、そこら辺も絡んでるんですかね。何があったかはわかりませんが。

お昼時ということで、駐車場は満杯。駐車場待ちで15分程度待って、お店に入りました。食券機方式ですがメニューはシンプルにラーメンとラーチャンのみ。これに大盛りと肉増しのオプションがあるだけです。大きなコの字型のカウンターの真ん中で4人の店員さんがラーメンとチャーハンを仕上げています。北京鍋でチャーハンを仕上げるヒゲを蓄えた男性は、先日味みつに伺ったときに店内にいて修行していましたしね。期待も高まります。
さすがにメニューが二つなので回転はすごく速いです。15人程度の待ちは10分程度で解消。カウンターに陣取りラーチャン (850円)を頂きます。

IMG_6869まず、ラーメンが着丼し、3分ぐらいしてチャーハンがやってきました。スープの色はまさにあのラーメンです。煮干しの香りが強く、底が見える琥珀色の透き通ったスープです。醤油味は控えめな感じ。ホワイトペッパーを入れると、こしょうが際立つぐらいのぎりぎりのあっさりさです。まさにチャーハンとのバランスが考えられている味わいですね。
麺はストレートの極細麺。ゆで加減は柔らかめ。まさに屋台系の主張が少ないあの麺そのものといった感じ。伸びるのも少し早そうです。あっさりしている分、麺があっという間におなかに収まる感じで、量的には物足りなさを感じますが、ラーチャンはそういう感じですしね。
トッピングはチャーシュー2枚に、メンマ、刻みねぎとシンプル。チャーシューはさすがにぶた家グループだけあって、軟らかい脂身も絶妙で非常に美味しいです。
チャーハンは、いい意味でも悪い意味でも「らしい」あの味わい。ラーメンとバランスして初めて成り立つ感じ。パラッパラという形式ではなく、まさに焼きめしという感じですが、それがまたラーチャンなんですよね。個人的にはこの系統だと太陽が好きな感じですが、こういうお店がさらに増えるのはうれしいですよね。昼のみの営業というところが残念ですが、突然食べたくなったときに街中に近いところで頂けるのはうれしかったりします。

鳥屋野運動公園野球場前の通り。江南高校の向かい側にお店があります。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺Kitchen ふくすけ2

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2016.1.24 (日) 12:16]

IMG_6814昨年の年末に都合がつかなかった同期会。新年会という形で実現しました。最終的には朝までカラオケと、高校生時代と同じような飲み会でした。ホテルで目を覚ますと一面銀世界。せっかく新潟に来たので燕まで帰る道中にラーメンを頂いていきます。最近新潟に来ることが少なかった中で、facebookなどで見かけて又伺いたいと思っていたふくすけさんへやってきました。さすがに大雪で昼時とはいえ、混雑していなかったのは幸いです。メニュー体系のマイナーチェンジもされているようですが、白海老そばなどは残っているようですね。看板のふくすけも二代目に進化しているようですが、寒かったのもあり辛味噌系の冬季限定、紅 味噌らーめん (950円)をお願いしてみました。

それほど待たずに着丼しました。見た目ボリューミーで、色合いも鮮やか。真っ赤なスープで、インパクトがあります。スープ自体はちょっと少ないかなという印象ですが、とろみを伴った豚骨味噌でコクがしっかりとしています。とろっとしているので和え麺っぽい感じもあります。そして追いかけてやってくる辛みは、鬼のような辛みではありませんが、しっかりと身体が熱くなります。それでも喉や食堂を約感じではなく適度な感じ。冬場にピッタリですね。新潟県内の豚骨系のお店でもトップクラスの味だと思います。
麺は若干縮れを持った、中太麺。スープの強さに負けないしっかりとしたコシで、小麦の味が強いタイプです。非常に好みの麺。量的には見た目よりも少ない感じはしましたが、その分野菜などのトッピングの量が結構ありますので、ちょうどいいのかも。ちなみに大盛りは出来ないようです。
トッピングはもやしとキャベツ、にんじん、キクラゲ、たっぷりのコーン。チャーシュー2枚、なると、メンマ、味玉、刻み青ネギ。見た目のカラフルさも食欲を刺激しますが、又ボリューム感と、それぞれのしっかりとした味わいはスープとのバランスがいいですね。コーンの甘みがしっかりとわかります。野菜もたっぷりで満足感がすごいです。
豚骨とのバランスが素晴らしいので、いろいろと楽しむメニューがあって、良いお店です。あとは駐車場がもう少しあれば混まずに待てるかもですね。

旧116号の小針から寺尾までの途中左手にあります。新潟方面から行くとコトブキの手前あたりのセブンイレブン向かい側。スープがなくなるとお店が閉まっちゃうので、早めに行くことをお勧めします。

ふくすけラーメン / 寺尾駅
夜総合点★★★★ 4.1

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

食事処 さんぷく

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.10.12 (月) 13:21]

IMG_6453久しぶりのお休み。お休みといってもお買い物やら用事があってお出かけしていると、まあ身体は休まりません。たまの休みだけどしょうがないといえばしょうがないのですが。
ごろごろして休まないとなれば、しっかりと美味しいものを食べて栄養補強するしかないですね。今日は以前から気になっていたんですが、機会がなくていけなかったお店にということで、白根のさんぷくさんへ行くことにしました。国道沿いということもあって、昼時はいつも混んでいるんですが、一度も伺ったことがないんですよね。

早速来店すると、15台ほどの駐車場は満杯。少し待って駐車後お店の中へ。家族連れも多いんですが、仕事の途中の会社員や作業員の方が多いのが特徴的。回転も速くお店も広いのでどんなに混んでもまず待つことはないはず。今回は定食類も気になったんですがスタンダードのラーメン (530円)をお願いしてみました。もちろんおなかも減っているのでこれに半チャーハン (400円)もプラスするのはいつもの流れです。連れは親子丼を頼んでました。
親子丼も含めてラーメンがあっという間に出てきました。ラーメンは透き通った飴色のスタンダードな醤油ラーメンですが、あっさりしている醤油味に、しっかりとした節系の出汁が印象的な昔ながら味わい。醤油味を強くしてごまかしていないのは、出汁に自信があるんでしょうね。美味しいです。
麺は強い縮れの細麺。新潟あっさり醤油ほどではないですが、繊細で柔らかめの茹で上がり。量的には若干少なめかもしれません。
トッピングはチャーシュー1枚、メンマ、刻みネギ、なると、焼き海苔。チャーシューはそれほど大きくありませんが、肉がほろほろとほどけていく軟らかい仕上がりで満足度も高いです。
残念だったのはチャーハンが出てくるのが遅くて、ラーメンと一緒に楽しめなかったところ。チャーハンがこれまたパラパラで、味もしっかりとしていて美味しかっただけにちょっとね。たまたまなんでしょうけど。
コストパフォーマンスも優れていて、早い、旨いとなればやはりそれだけお客さんが来るのもわかりますね。ふと同じ白根の老舗、味むらさんなんかを思い出しました。

国道8号線、三条方面からだと新しいバイパス線に入る手前の信号左手にお店があります。

さんぷくラーメン / 新潟市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.2

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

細麺中華 政吉

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.8.23 (日) 12:34]

IMG_6292久しぶりの新潟市内。行ってみたい新しいラーメン屋さんも増えて、どこ行くか迷ってしまいます。といいつつ、やっぱり行きたい老舗の味もあって、その時その時で向かう気分が変わります。今日はどうしても老舗の味が食べたくて、いわゆる新潟あっさり醤油の名店にお邪魔しました。新潟は三吉屋さんをはじめ、吉が付くお店がなぜか多くあるんですが、今日はそのうちの一つ政吉さんにやってきました。本町の小さなお店が建ち並ぶ人情横丁にお店を構えるこちら、同じ並びに信吉屋さんやきのじやさんがあります。小さな店内は、カウンター6席で、席の後ろをすり抜けさせてもらうのも結構きついミニマムなお店です。

今回はねぎらーめんが食べたくてやってきたんですが、季節的にネギが硬くなっているからということで休止中(´;ω;`)ウッ…とりあえずちゃーしゅーめん (750円)を、連れはわんたんめん (580円)をお願いしました。さすが細麺。あっという間に着丼です。

IMG_6293透き通ったスープはまさに新潟あっさり系の味わいそのまま。優しい味わいで醤油の味も絶妙なバランスです。お店の壁には日高昆布の表示があるので、この昆布系の魚介出汁なんでしょうか。身体に染みわたる感じです。石門子あたりの貝出汁とはまたひと味ちがう感じですね。白コショウが抜群の相性を出します。
麺は極細麺で、茹で加減は若干柔らかめ。主張は弱めですが、スルスルと入っていく感じは中華というよりもそばに近い感じでしょうか。量的にも思ったよりも入っています。ちなみに1.5玉の大盛と2玉の特盛があります。
トッピングは、薄切りチャーシュー6枚、細目のメンマ、刻みネギ、焼き海苔。しっかりと食感があるチャーシューは味も強くなくスープとの相性もいいバランス。個人的には焼き海苔はあまりいらない気分はしますが、全体的な満足度は高いです。わんたんめんの方は、ニンニクとネギの刺激がしっかりとした小振りのワンタンで、主張がはっきりしているところは面白いですね。三吉屋さんあたりはワンタンメンはないので、ワンタンと麺の組合せが恋しいときはこちらに来るのもいいかも。

店主さん、あとから来店された昔からの常連さんとおぼしき家族連れと談笑していて、こちらに移って7年目なんだそう。自分の記憶の味も結構昔なんでうっすらとしてしまっていますが、元々東堀でお店をやられていた頃と味わいも変わっていないと思います。また、私たちの注文をこなしている際に先のお客さんが会計をお願いしたんですが、麺茹での方を優先するところなんか職人気質だなと思いました。
次回は冬にネギラーメンを食べに来たいと思います。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ラーメン カヌチャ屋

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.5.6 (水) 11:51]

IMG_5863今年のゴールデンウィークは、県央地域の産業カレンダーでは4日間という短いもので、結局県外に出かけることはありませんでした。あえて、人混みに加わりたいというのもないので、それはそれでいいんですけど。最終日は天気も良いので五泉や福島潟でシーズンの花を見に出かけました。…いや、近くにお目当てのラーメン屋があることがお出かけの一番の理由というのは正解ですけどね。今回は豊栄地区で人気のカヌチャ屋さんを選んでみました。お店の佇まいはカフェか美容院かというおしゃれな感じ。誰も見ているわけではないですが、ちょっとお店に入るのに場違いな感じでちょっと気恥ずかしいかも…
店内は外観と同様におしゃれ。オードリー・ヘプバーンのポスターが飾ってあったりで、ケーキを頼んでしまいそうです。ただ周りを見てみると、年配の人が普通に一人でラーメン食べていたりで、なかなか面白い空間です。メニューもお店の感じに合わせておしゃれ。基本醤油系のあっさりとこってり、豚骨、塩につけ麺を用意しているようです。とりあえず私はこってりらーめん (690円)、連れは塩らーめん (690円)に定番の味玉 (110円)を注文。あっさり系は三河醤油を使ってなんて案内もあって、ちょっと気になるところですが、腹持ちを考えるとやっぱりコッテリ系ですよね。

IMG_5864こってりらーめんは、背脂系の豚骨醤油。お店のイメージとは真逆のたっぷりの背脂にちょっとビックリします。背脂の甘さが際立ったスープは、豚骨と煮干しが香る感じで、見た目よりはあっさりとしていて、非常にバランスが良い感じ。表面にかけられた黒コショウの香りもスープに合ってます。さらにテーブル上のミルでコショウを入れて頂くと、風味も際立つ感じです。テーブルのミルは白と黒の組合せの粗挽きタイプが用意されてました。
麺は縮れた中細麺。茹で加減は柔らかめ。つやつやとした表面でプリプリとした感触もあります。量的にはちょっと少なめかな。お店の感じからすると女性客も多いので、標準は少し少なめなのかもしれませんね。
トッピングはチャーシュー2枚と、モヤシ、メンマ、刻み青ネギ。チャーシューはバラチャーシューとモモチャーシューの2種類が乗っている感じですかね。しっかりとした味付けが好印象でした。
塩らーめんのほうは、鯛出汁でしょうか、醤油系とは違うしっかりとした品のいい出汁が特徴的。これは美味しい。スープをすすりたくなっちゃいます。少しスープの温度が低めかなというところが気になりましたが。
おしゃれなお店で、デートにも使えそうな半面、男一人ではいるのは少し勇気がいるという不思議なラーメン店ですが、それでもしっかりとした作りは一度体験する価値ありだと思います。

豊栄インターから、福島潟方面に向かい右手に見えるベイシアを過ぎた交差点を右折。少し進むと右手にお店があります。カフェと間違えそうな外観ですが、注意してみるとしっかりとラーメンののぼりがあります。

ラーメンカヌチャヤラーメン / 豊栄駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺商 うだつや

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.4.5 (日) 13:04]

IMG_5777新潟へやってきました。久しぶりに美術館に行こうと思っているんですが、あくまでも美術館はラーメン屋に来るための口実です。既に行動の主体になっているのはラーメン店巡りなのかもしれません。いや、このブログのネタのことしか考えていないのかもしれません。
ということで、万代島美術館近くで気になるお店だった、うだつやさんへやってきました。個人的には幼少期育ったところでもあり、すぐ近くには妹夫婦が住んでいて、ある意味庭のようなところなんですが、一度も伺ったことがなくていつかは行かなくてはと考えていたお店です。
子供の頃はここってどんなお店だったか思い出せませんが、こちらのお店、開店して5年ぐらい経っているそうです。妹宅に飲みに来るとさすがに〆にラーメンを食べに出るってこともないですからね。縁がないわけです。お店はラーメン店と言うよりもおしゃれな飲み屋さんといった感じ。厨房を囲むようにカウンターが設置されているレイアウト。愛想のいい夫婦がニコニコと迎えてくれました。早速メニューをじっくりと見て味噌らあめん (680円)に、サイドメニューのかつおだし炊込ご飯 (150円)、連れは普通にらあめん (550円)を頼みました。

IMG_5776結構歳的にはいっているように見えるご夫婦ですが、テレビで流れているのど自慢や、ご近所さんの話を時折しながらニコニコと無駄なく調理している姿は微笑ましい感じです。いいですね、仲良く調理する姿。
味噌らあめんは白に近い茶濁したトロッとした感じにも見えますが、実際はさらっとした感じです。一口頂くとふわっと香る香草っぽい味わいに、魚介のしっかりとした出汁が後から追いかけてくる感じ。出汁は鯛でしょうか。動物系の味わいが強く主張する感じじゃないのですが、しっかりとした個性が感じられるスープです。白味噌とのバランスも非常に良く、他にはない感じのスープですね。
麺は縮れた中太麺。スープをよく絡め取ります。量的には適量です。結構スープがあっさりしているので、気づくとあっという間に麺が無くなった印象。でも、しっかりとお腹にたまっている感じです。
トッピングはチャーシュー1枚、メンマ、斜め切りネギ、モヤシと挽肉炒め。チャーシューはしっかりと味が付いており、これだけでライスがいけそうですね。

IMG_5775そして、醤油ラーメンはまた、特徴的。あっさりとした醤油味のスープですが、味噌とはまた違う感じの魚介系の出汁が感じられ、身体に優しい感じです。そして麺も味噌系とは違い、中細麺が組み合わさります。そしてトッピングにレタスが乗っているというのも面白いですね。ほうれん草でもキャベツでも、水菜でも合わないスープ。あえてレタスを選んでいることが、よくスープを分かっているからこその選択だと思います。
また、しっかりと白菜の漬け物が付いた炊き込み御飯。価格に似合わないしっかりとした出来で、食べ過ぎた飲に会の後はラーメンでなく、これでも十分いけそうな感じです。

コストパフォーマンスももちろんですし、味わいも抜群。そして何よりも店主さんと奥さんの接客の良さもお店の良さの一つだと思います。夜のラーメンだけでなく飲み屋としての顔も味わってみたいと感じるお店。次回は妹の旦那と飲み来たいと思います。

山の下商店街沿い、第四銀行 臨港支店の向かい側。ラーメン店らしからぬおしゃれな店構えの店舗です。

麺商うだつやラーメン / 新潟駅
昼総合点★★★★ 4.0

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

グリン食堂

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.3.29 (日) 12:53]

IMG_5751包丁業界は一番のかき入れ時です。とはいいつつ、今年は休日出勤しないですんでいるんですが、それでも忙しいことには変わりはないです。また、今年は新たにはじめることがたくさんあって、全てこなせるかが心配なところです。あまり血液型診断は信じませんが、O型なので、結構こういうところ楽天的なんですがね。後で慌てないように頑張らないとです。新潟も季節外れの雪も収まって、雨模様。これから一雨ごとに暖かくなっていくんでしょうね。春が近づいています。
ということで怒濤の1週間を前にしっかりと休みを取りつつ、お昼は白根地区までラーメンを食べに来ました。白根地区でも老舗の街の食堂のグリン食堂さんです。ちょうど午前中のうちに朝市が行われていたようで、お店に近くもその朝市の後片付けに追われていました。
お店に入ると、のんびりとした昭和の食堂の雰囲気。店員さん自体も出てきません。奥の厨房からは慌ただしく調理をしている物音と声が聞こえます。私の後から常連とみられるおばさん達も来店しますが、状況は変わらず。これぐらいののんびりさ加減に寛容じゃないとだめですね。常連さんはおもむろにテレビを付け、自分で水を持ってきます。私も見習い水を持ってのんびりしていると、高校生ぐらいの息子三らしき店員さんが注文を取りにやってきました。タンメン (700円)を注文し、NHKののど自慢を眺めます。

しばらく待つと漬け物と一緒にタンメンが登場しました。漬け物との組合せもなかなか昭和な感じですね。
たっぷりの野菜と透き通ったスープは、まさに昔ながらのタンメン。野菜の甘みがしっかりと出た鶏ガラベースの昔ながらの味わい。少し塩味が強めですが、野菜がこれをまた甘さで和らげてくれる感じ。ホッとする味わいですね。
麺はいたって普通の中細の中華麺ですが、茹で加減が絶妙です。身体に優しそうな柔らかさですが、しっかりとした歯ごたえが残る茹で具合で、野菜のシャキシャキ感と、麺の歯ごたえが楽しめる感じです。量も結構ビックリするぐらいあります。コストパフォーマンス高いです。
野菜は白菜、玉ネギ、ニンジン、長ネギ、挽肉、キャベツ、モヤシに、メンマとちっちゃめのチャーシュー、なると、刻みネギ。野菜の旨味を感じるという意味で非常に完成されています。そしてちっちゃいチャーシューが柔らかくて、味もしっかりとしているのでこれまた絶品。チャーシュー麺を食べたくなりました。
出前が主体になっているようで、白根の人達を昔から満足させてきたお店というのがよく分かります。こういう時間を気にせずに、ゆったりとお昼御飯を食べることを最近忘れているなとふと感じてしまいました。せっかちな人には向きませんが、のんびりと美味しいものを味わいたいときには是非お勧めしたい食堂です。

国道8号線から白根の交差点を、白根市街方面に進みリオンドールがあるあたり左手の路地を進むと、左側にお店があります。駐車場はありませんが、街中にアーケード街の無料駐車場があるのでそちらを利用するといいと思います。

グリン食堂ラーメン / 新潟市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.2

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

酒麺堂 しゃんじ

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.3.22 (日) 13:20]

IMG_5732そろそろ冬も終了ですかね。結構気を抜くと、4月目前で突然結構な雪が降ったりするので、新潟の空の気まぐれさにビックリすることも多いです。なんで、タイヤも交換せずに結構しっかりと春になるまで、粘ったりします。
それはいいとして、今日は新潟に来ていたので以前から気になっていたしゃんじさんへやってきました。以前、夜に飲みを目的にこちらに伺ったんですが、駐車場がなくてあきらめたんですよね。夜も人気のようなので、あえて今日は昼に舞台を変えてリベンジです。
お店は入ってすぐに居酒屋らしいカウンターと厨房、奥に座敷を備えた細長い形。奥の座敷に上がり、魚介濃厚醤油らーめん (780円+税)を注文してみました。麺は細麺、中太麺、太麺から選べるそうで、もちろん太麺を選択。基本背脂と背脂のない醤油、塩、味噌と取り揃えていて、魚介濃厚醤油は新メニューのようです。居酒屋メニューの熊本直送の馬刺しに引かれつつ、らーめんを待ちます。

背脂系のらしいスタイルで着丼。細かい背脂で覆われたスープは熱々。しっかりとした醤油味と背脂の甘みで、燕三条系にかなり近い仕上がり。といいつつ、コッテリ感は控えめで後味はそれ程残る感じではないんです。魚粉は海苔の上に乗せられ、これを溶かしつつ味わうスタイル。魚粉を溶かすとあっさりとした印象が強くなってきます。
麺は縮れた中太麺で、モチモチとした食感が特徴的。食べ応えのある反発の強いといった感じではありませんが、スープとの相性がよくて、バランスがいいと思います。量も適量。
トッピングはチャーシュー1枚、玉ネギみじん切り、モヤシ、なると、焼き海苔、魚粉、刻み青ネギ。モヤシが湯揚げでなく生というのがちょっと残念ですが、スープと和えることを考えるとシャキシャキした歯ごたえで良いのかも。スープの温度は下がっちゃいますけどね。
かなりレベルの高いラーメンで、居酒屋メニューも充実。近くにあれば夜も是非来たくなるお店でした。クルマ運転してくれる人がいたら是非夜に来訪しよっと。

旧116号線 (通称したみち)沿い。寺尾方面から行くと坂井神社のある道場山の信号を過ぎたあたりの左手にお店があります。駐車場が少し狭いのでクルマで行くときは気をつけましょう。

酒麺堂しゃんじ居酒屋 / 新潟大学前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

鶏鍋・鶏そば つか乃間

カテゴリー:らーめん, 下越, 新潟市, 新潟県  [2015.3.14 (土) 12:42]

IMG_5711新潟って、テレビでも紹介される半身揚げなんかに代表されるように、結構鶏料理のお店が多いですよね。焼き鳥ももちろんですが、鶏の出汁を使った鍋とか、美味しいお店も多いと思います。今日は普段は居酒屋さんですが、昼はラーメンを提供してくれるお店にやってきました。つか乃間さんです。以前も飲み会でやってきたこともあるんですが、最後はおなか一杯でラーメンで締めが出来なかったのでリベンジとしてやってきました。
お店は居酒屋らしく、座敷とテーブル席。どちらも靴を脱いで入ります。ラーメンは基本二種類のようですね。食べログなどを見ると他にも白湯系などもあったようですが、現在は絞って提供しているようですね。これに小さなそぼろ丼なども提供しています。県庁も近くですから、職員の方もターゲットになっているんでしょうね。価格が結構安いのも魅力的です。

IMG_5712とりあえず鶏そば (600円)を、連れは海老好きなので鶏エビそば (680円)をお願いしました。
出てきたラーメン、見た目はそれ程変わりません。透き通ったスープはまさに鶏の出汁を活かした仕上がり。脂は多めですが、塩味がシャキッとするさっぱりと頂ける味わい。鶏をよく分かっているというスープですね。焦がしネギの香りがまたスープに合っていると思います。
麺は縮れた細麺。茹で加減は柔らかめで、スープを邪魔しない、いわゆるあっさり系特有のタイプ。食べ応えという部分では物足りない感じはしますが、量的には結構たっぷりあるようなので、調子に乗って食べていると結構お腹にたまります。
トッピングは、炙られた鶏チャーシュー、鶏つくね、味玉、絹さや、焼き海苔、刻みネギ。鶏チャーシューもしっかりと味が付いていて、ボリューミーで価格から考えるとかなりお得感があります。つくねの軟骨感も抜群です。
鶏エビそばは、基本同じスープに海老油が加わり、スープをすすると鼻のあたりを海老の香りが優しく通り過ぎていく感じ。あまり海老の香りは強めではなく、桜海老なども入っていません。あえて入れないというのもスープに自身があるからですかね。また味玉が1ヶ分に、また、絹さやの代わりにキクラゲがプラスになっています。チャーシュー自体も細かく切った形になっているようです。

なんか、メニューも減っていたし、駐車場もなくなっていたので、どうしたのかなと思っていたら、移転するみたいですね。移転した場所では鶏ベースのラーメン専門店になる様子。鶏系のお店ってこういう展開の広がりがあるとことも多いですね。新しいお店も楽しみです。

現在のお店は県庁前の小路にお店があります。県庁前の道から一本バイパス側のパチンコ屋さんの向かい側前あたりにあります。

つか乃間居酒屋 / 関屋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント