Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ ラーメンバージョン

日の出製麺 興野工場3

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2016.1.6 (水) 12:46]

IMG_67881月・2月は、年末までに出勤した休日分の代休を消化しなくてはいけないので、中途半端な平日にポコッとお休みがあったりします。家の用事がこなせるのでちょうどいいんですが、そうなるとお昼はラーメンになるのはしょうがないです。身体に悪いとか言って止めないで下さいね。
今回は三条まで用事もあったので、いくつか候補のお店があったんですが、水曜日休みのお店も多いので、日の出製麺さんにやってきました。以前からここで煮干し系や塩系のラーメンは頂いていたんですが、背脂を入れてもらうのを忘れていて、まさにそのリベンジといった感じです。食券機の販売はやめて普通に注文する形になりました。こちらの方がじっくり考えて注文できるのでいいですよね。また依然とメニューが少し変わっていて、煮干しラーメンで太麺が選べるようになったほか、メニューにもしっかりと背脂トッピングの文字が入っていました。さっそく特製煮干しらーめん 太麺 背脂トッピング(900円)を大盛 (10円)でお願いしてみました。

背脂がたっぷりと乗ったビジュアルは、燕三条のラーメンらしい感じ。背脂は結構小ぶりのタイプです。煮干しのしっかりとした出汁にちょっと酸味を伴う醤油の味。これを後から背脂の甘みがフォローしていく感じ。煮干しの使い方がうまいスープは元々レベルが高いですから、背脂が入ることでしっかりと王道の味わいになっています。
麺もお店の真骨頂。自家製麺は全粒粉ぽい感じですね。角断面のストレート中太麺。以前の、歯ごたえがあるけど途中から急に歯ごたえが落ちる特徴的な歯ごたえは、鳴りを潜めましたがしっかりとした歯ごたえはそのまま残っており、こちらも食べ応えがあって非常に好印象。小麦らしさがしっかりと感じられて、スープとのバランスが非常によいです。さすがの仕上がりですね。
トッピングは特製となっているように、炙りチャーシュー4枚、味玉、穂先メンマ、ほうれん草、岩のり、玉ねぎみじん切り、焼き海苔。焼き海苔は個人的に必要ないと思いますが、チャーシューは香ばしく満足感抜群。玉ねぎにもしっかりと醤油だれを後からかけているようです。これでもう少し玉ねぎが多ければパーフェクトかも。
日の出製麺さんも笹舟 保内店の跡地に支店が出来たようで、しっかりと根付いたようですね。燕三条系の味が好みのお客さんにもしっかりとお勧めできるお店です。

三条第二産業道路を下田方面に向かい、東三条の跨線橋手前左手にあります。パチンコ店の向かい側、以前松本商店〜あしょろ〜ひで吉の跡地になります。

日の出製麺つけ麺 / 東三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺豪 織蔵3

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2016.1.3 (日) 13:00]

IMG_6786さすがに毎日お正月料理だと飽きてしまいます。いやいや作って頂く方に失礼ですけど。ま、三が日最後となればラーメン食べたくなるのはしょうがないよね。さすがに三が日に仕事するところは増えたといっても、なかなかラーメン屋探すのも大変です。今回は久しぶりにジャンクっぽく行きたくて、織蔵さんにやってきました。若い男性からカップル、家族連れまでいて、初詣の帰りに寄ったなんて感じでお店は賑わってました。いつもの通りマシマシみたいな感じで行こうかと思ったんですが、冬季限定の塩担々麺 (850円)が気になり、こちらをお願いしてみました。マシマシみたいなトッピング系の注文が出来ないのは残念ですが、限定となると食べずにいられないですよね。

早速出てきた塩担々麺はもやしとスープの白色で、思ったよりも辛そうには見えません。スープをすすってみると臭みの少ない豚骨スープに、後からじわりとくるラー油の刺激が優しいマイルドな感じ。臭みは少ないですがコクがしっかりとした出汁とごまのマイルドさ、その甘みが際立つ塩味がバランスしています。個人的には背脂も欲しいところですが、要素が多くなり過ぎちゃうかな。担々麺という割にはやはり辛みや刺激がちょっと弱い感じもします。背脂系のガツンとくるメニューとの対比になっちゃうからかもしれませんが。ラー油ももう少しインパクトがあると好みかもしれません。
麺は若干縮れた中太麺。コシもしっかりとした好みの麺です。食べ応えも十分で量も良く満足感が高いです。ただ、個人的にはこのマイルドなスープにはもう少し細い麺でも良さそうな気がしました。
トッピングは、もやしと厚めのチャーシュー2枚。チャーシューはさすがの仕上がりで、食べ応えも味わいも満足です。
個人的にはここの味噌系が出てくるとどんな感じかななんて期待はしているんですが、背脂醤油も塩も抜群にうまいので、がっつりニンニクをマシマシでおなかいっぱいに食べるのがやっぱり合っていますね。

国道8号線、燕三条から白根方面に向かうと右手にお店があります。ガソリンスタンドを越えたちょっと先。以前のラーメンショップ〜武神の跡地です。

織蔵ラーメン / 燕駅燕三条駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ラーメン たん吉2

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2015.10.11 (日) 23:44]

IMG_6452バル街でしっかりと飲んだ後は、やっぱりラーメンです。本寺小路といえばやはりここ。たん吉さんで餃子とビールで飲み過ぎを反省をしつつ、ラーメンを注文します。たん吉ラーメンを食べたいころですが、今日は納豆ラーメン (900円)をお願いしました。
最近来てなかったんですが、店主さんと倅さんの流れるような連携なんか、ずっと眺めているだけで感動します。たん吉ラーメンの北京鍋を使ったスープの作り方なんて、無駄な動きが全くないですからね。職人芸です。

納豆ラーメンはそれこそ醤油味にたっぷりの納豆とネギの加わった、たん吉さんの名物の一つ。醤油味はあっさりしているんですが、動物系のコクがしっかりと出ていて、しっかりと奥行きがある味わい。ちなみにたん吉ラーメンはこのスープにこれをベースにした辛めのあんかけが加わります。納豆が加わると臭みはないもののとろみが加わって、しっかりとした食べ応えになってきます。
麺は縮れた中細麺。ゆで加減は柔らかめです。飲んだ後にはこれぐらいの柔らかさの方が身体にも優しいんですが、麺の主張はそれほど強くないです。
トッピングはチャーシュー2枚、刻みネギ、ウズラの卵、メンマ、なると、焼き海苔。たん吉さんというとやっぱりこの刻みネギ。これと納豆の相性はもちろんですが、やっぱりスープが活かされる感じですよね。シャキシャキの歯ごたえが眠そうになるこの時間には、目覚まし代わりになるかも。いや、ならないか。
常にお客さんで席が埋まって、若い女性が喜んでたん吉ラーメンをすすっている様子を眺めていると、まだまだ三条の夜もこれからって感じですよね。

三条本寺小路の中心部のビルの1階にあります。通路の奥に赤い看板があるのでたぶん分かると思います。23時からの開店らしいので行くときは注意しないとですね。

ラーメンたん吉ラーメン / 北三条駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

中華飯店 喜六亭

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2015.8.30 (日) 13:13]

IMG_6308ここ最近は天気があまり良くないですね。遠出する気が起きないので、近場でお昼御飯となると時間的に人気店は行列ができています。こういう場合は、ゆったりと街の中華料理屋さんあたりに行くのが正解かも。今日は三条の喜六亭さんにやってきました。あんまり油の強いのも飲んだ翌日には辛いですしね。
こちらは老舗の中華料理店。中華料理以外の定食類や一品ものも楽しめるんですが、最近ではカレー中華でも有名ですね。個人的に一番好きな中華そば・半チャーハンセット (1,000円)をお願いしました。昔は貼紙されていたと思ったんですが、今はランチBとかのことになるんでしょうかね。
お父さんが鉄鍋をふるいチャーハンを、お母さんがラーメンを仕上げる感じのようです。

昔懐かしの見た目の中華そば。味わいも優しい和風の魚介スープ。どちらかというと中華料理店で出てくる強めの醤油味のスープではなく、やはり定食屋さんで馴染み深い塩味を抑え気味にしたあっさりタイプで、コショウとの相性も抜群です。
麺は三条近辺でおなじみの縮れた中細クロレラ麺。クロレラが練り込んであり翡翠のような見た目の麺ですが、また、歯ごたえがしっかりとしていて、個人的には三条近辺のクロレラ麺の中では一番好きです。柔らかさとコシのバランスが絶妙なんですよね。思ったよりも量があるのも嬉しいところ。
トッピングは、チャーシュー3枚、メンマ、青菜、ワカメ、焼き海苔、なると、刻みネギ。チャーシューは脂身が少なく、じっくりと煮込まれた肉感のしっかりとしたタイプで、スープを吸ってちょうどいい感じ。メンマは少し塩が強い気がしました。チャーハンは少し柔らかめの感じでパラパラチャーハンではないんですが、具沢山で食べ応えありです。
カレーラーメンなどももちろんなんですが、基本の中華そばがベストバランスで、麺の良さが際立つ仕上がりはさすがです。こういう老舗があるからこそ、三条のラーメン店の全体のレベルが高いんだなと思いました。

三条第一産業道路を下田方面に向かい、りとるたうん手前の信号で右折するとすぐ右手にお店があります。駐車場はお店左横の小道を入った裏手にあります。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

越後 日の出製麺2

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2015.4.24 (金) 19:47]

IMG_5831三条もたくさんのラーメン店が増えているんで、かなり競争も激しくなっています。しゃがらさんが開店してから、付近のお店も大盛などの価格もけっこう安くなったりして、食べる側からすると嬉しいですね。といいつつ昔ながらのお店もしっかりと残っていますし、新規店は新たに独自の限定メニューなどでもバラエティに富んでいて、覗きに行くのも楽しい感じです。今回は限定メニューが出たと聞きつけて、日の出製麺さんにやってきました。この場所も松本商店が閉めてからは結構入れ替わりが激しかったんですが、固定客も増えて落ち着いてきたようですね。
麺に個性を持たせて、ラーメン以外につけめんや和え麺などにも力入れているようで、若いお客さんも多く来ているようですね。わたしはラーメンしか頂きませんけど。ということで、平日20食限定の鶏塩らーめん (800円)をお願いしてみました。麺に個性がありますが、どちらかというと鶏出汁と魚介の組合せで、新規出店のお店の中では珍しいメニュー構成で、塩は確かにあっているとは思ったんですがどうでしょうか。

ラーメンが着丼。薄い茶褐色の透明スープに透明の脂が多く浮いていますが、あっさりとしていて、魚介の出汁とのバランスも非常に良いですね。出汁が引いた後にしっかりとしたミネラル分のある塩味が残る感じ。醤油のコクとはまた違いキリッとした感じで、麺との相性はこちらのほうが良さそう。
麺はさくっとした歯ごたえとコシの特徴的なストレート状の中細麺。角断面と食感と味わいが日本そばのようで、小麦の香りがしっかりと鼻から抜けていく感じもして、やはり非常に印象に残る麺です。個人的には醤油味よりも塩味のほうが合っているような気がしますが、醤油でオプションで入れられる背脂との相性も気になるところです。
トッピングは、鶏モモチャーシュー、鶏つくね、白髪ネギ、穂先メンマ、三つ葉、糸唐辛子。つくねの軟骨の歯ごたえとスープの味は鶏鍋を頂いている気になります。モモチャーシューも味は薄めですが、スープをよく吸って、鶏の旨味が押し出されているラーメンを食べている印象が強くなります。
前述のようにつけ麺や和え麺などのメニューも多く増えているんですが、ラーメン系でも限定とはいえ新しいメニューが登場しているのは嬉しいですね。この麺が強めのスープなどと組み合わさった場合なんかも、想像するとおもしろそうなんで、新しいメニューにももっと挑戦してもらいたいですね。

三条第二産業道路を下田方面に向かい、東三条の跨線橋手前左手にあります。パチンコ店の向かい側、以前松本商店〜あしょろ〜ひで吉の跡地になります。

日の出製麺つけ麺 / 東三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

海老勢

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2015.4.4 (土) 13:43]

IMG_5768さて、三条でラーメンです。三条だとカレーラーメンを町おこしにしていることもあり、どのお店も個性豊かなカレーラーメンを提供しています。個人的には美味しいもの同士を合わせたら、美味しくなるのは当然だと思っているので、基本あまりカレーラーメンは食べないんですが、昨日深酒したこともあり、胃腸はスパイスとウコンを欲しがっているので、カレーラーメンはうってつけと言うことで、東三条駅前の海老勢さんにやってきました。家族連れや昼からの飲み会の人で賑わっています。カウンターに陣取り、パルメザンチーズ カレーラーメン (850円+税)をお願いしました。ラーメンのメニューにはこの元になるカレーラーメンと、キノコたっぷりチャウダーラーメンのみのようで、その他は無い様子。既にラーメンの域から飛び出しちゃっている感じですけど。

お盆に乗って、水の入った大きめのグラスとともにラーメンが登場。見た目はスープカレーのように大きめの野菜が美味しそう。スープはその印象とは全く逆で、ドロッとしたカレールーのみ。ラーメンスープ自体は入っていないので、まさにカレー和え麺といった感じ。コッテリとしたカレールーはスパイシーで熱々。感覚としては華園さんのインドカレーに近い感じでしょうか。昔懐かしいとろみと、しっかりとしたスパイスの味わい。熱々のルーで身体が熱く燃えてくるようです。パルメザンチーズでまろやかな感じになりますが、個人的にはトロけるチーズのほうが合っているような気がします。このスパイシーな感じからしてこういうクセのあるチーズもあっていると思いますけどね。
麺は一般的な中細麺。茹で加減は若干柔らかめ。スープがスープだけに、しっかりと大きくかき混ぜて食べないとカレーの飛びはねヶ結構多く出てくるので注意が必要です。
トッピングは鶏モモ肉、ナスとかぼちゃの素揚げ、ゆで卵、パルメザンチーズ、フライドガーリック、刻みネギ。ドロッとしたルーとの素揚げの組合せは個人的にあっている感じはしないんですが、ボリューム感も凄くて、食べ応えがあって満足度は高いです。ただラーメンとして考えるべき一杯では既にないのかも。でも二日酔い気味の時には身体がシャキッとしますよ。汗をかいて体調が戻っちゃいました。
基本、昼もそうですが夜の飲み会が主にもなるお店。ちょっと締めの一杯にはインパクトが強く、ボリューミーですが、昼の一杯としては満足感が高くてお勧めです。ラーメンもカレーも楽しみたいという欲張りさんにもお勧めですね。

東三条駅のバスロータリーの左前にお店があります。クルマだと右前方向に大きな駐車場があるので、クルマでも行きやすいと思います。

海老勢居酒屋 / 東三条駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

真空熟成麺 三条望月家10

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越  [2015.3.21 (土) 12:18]

IMG_5731二日酔いです。昨日遅くまで飲んでいたからなあ、当然といえば当然ですけど。〆で炭水化物を摂取していると、翌日いくらか楽なんですが、歳食ったからか〆の食欲はないです。ということで二日酔いの胃腸の調子の悪さを解消するにはお腹に何か入れなくてはいけません。で、三条望月家さんにやってきました。当然長浜26をといいたいところですが、ここはあえて冬限定の豚味噌 (800円)をお願いしてみます。毎年食べようと思って忘れちゃうんですよね。

麺が違うためか他のラーメンよりも少し時間がかかるようです。スープはコッテリ感満載のとんこつ味噌そのままのビジュアル。濃厚な合わせ味噌に背脂も浮いたスープはビジュアル通り、甘みを伴ったしっかりとした味わい。ちょっとスープをごくごくイケる感じではないんですが、嫌な臭みやコッテリ感ではなく、御飯も一緒にいけてしまうぐらいの強いインパクトがあります。
そして、麺は前述の通り、通常の長浜系とは全く違う中細麺。こちらもたぶん真空熟成していると思いますが、しっかりとした歯ごたえで、プリプリした感触がまた特徴的。こちらも一応替え玉が出来るようですが、さすがに満腹で無理でした。
トッピングはチャーシュー2枚、岩のり、味玉、刻み青ネギ。チャーシューは脂身が多いんですが、結構しっかりした味付けがされています。強いスープと調和しつつしっかり主張があります。他のラーメンと違う物を用意しているんですかね。岩のりがまた味噌と良く合う。日本人の味覚に合うんでしょうね。
これで期間限定というのも、もったいないです。まあ、来年の冬の時期にはまたリニューアルした限定麺が出るのでそれも楽しみですけどね。

国道8号線を三条から長岡方面に向かい、旧栄町のコンビニやガソリンスタンドの集合しているあたり、左手にあります。建物が赤いので結構目立ってわかりやすいはずです。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

らーめん亭 炎4

カテゴリー:らーめん, 三条市, 中越, 新潟県  [2015.2.22 (日) 13:58]

IMG_56502月は出張だらけなので、体力を付けないとダメですね。また、来週から出張。出張中はラーメン食べるんですけど、行く前にも食べないと体力が付かない気分になってしまい、お昼は必然的にラーメン屋さんへ。お昼しかやっていないお店も結構多いんですが、こちらもそのうちの一つ。炎さんです。
こちらは濃厚豚骨でも有名なお店ですが、なぜか無性に醤油味が食べたくて、ネギらーめん (830円)をお願いしてみました。冬場は美味しいねぎが欲しくなっちゃいますよね。
背脂が細かく浮いたスープは、醤油があっさりした味付けになっています。豚骨のコクを活かす味付けですね。以前の白濁したタイプとは少しモデルチェンジして燕三条系に近い感じになったようですかね。魚介の香りは弱めです。味噌の濃厚さからするとちょっとあっさりしすぎているかな。
麺はストレート状の中細麺。味噌系とは麺が違いますかね。以前より少し太くなったような気がします。コシのしっかりとした麺というところは変わらずで、食べ応えがあります。量的には少し少なめですかね。
トッピングはゴマ油を和えた白髪ネギ、小さめチャーシュー、メンマ、岩のり、青ネギ。白髪ネギとかチャーシューもそうですが、スープの温度を奪ってしまう場合はスープを相対的に温度を上げるか、背脂を用いるかしかないんでしょうかね。スープの温度が下がるのがちょっと早いかも。ねぎ自体は非常に美味しいので、これは熱の下がりにくい味噌がやっぱり合っているのかな。
とはいえ、やっぱり味噌がうまいといいつつ、醤油も気になるところなんですよね。徹底的に濃い目の味付けで濃厚な方に振り幅を持って行くとかというのもアリかもしれませんね。

三条 燕インターの出口向かい側のカレー店CoCo一番家の隣、栄助寿司さんの裏側にあります。駐車場が小さめなので注意が必要です。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麺屋 じろ吉4

カテゴリー:三条市, 中越, 新潟県  [2015.2.7 (土) 12:35]

IMG_5585今日は、久しぶりに復活したお店へ昼食にやってきました。三条のじろ吉さんです。店主さんの交通事故でしばらくお休みしてたんですが、めでたく復活。国道8号を通るたびにお店を見かけるので、行かなくてはと思ってたんですが、やっと機会がやってきました。
お昼時ということもあって、やはり混んでいます。とりあえず、メニューを見て以前の記憶と照らし合わせます。少しメニュー構成変わりましたかね。見た目でじゃん麺 (780円)をお願いしましたが、元はらーじゃん麺って名前のヤツかしら。連れは海老チャーハンを頼んだので写真は無しです。ここの海老チャーハンは旨いんですよね。しっかりとした中華料理店のチャーハンらしくて。写真撮っとけば良かったですけど。

じゃん麺は赤い見た目も強烈ですが、しっかりとした出汁を取ったあっさり系和風醤油。これに酸味が加わる豆板醤系の辛味が加わります。出汁自体は非常に優しい感じで、飲み干したい感じですが、結構唐辛子の辛味がピリッとしていて、ゴクッと行くには強い感じ。辛いスープ好きにはたまらんタイプですけど。
麺はストレート気味の中細麺。独特の歯ごたえが特徴的で、モチモチした感じ。以前のプリプリ麺と少し変わりましたかね。量的には適量。個人的にはこれにライスでちょうどいいぐらいですね。
トッピングはたっぷりのニラの刻みと、挽肉、白髪ネギとシンプル。ニラのシャキシャキ感と挽肉の旨味で、スープをたっぷりと頂きたくなるんですが、辛味との戦いになります。すーっと飲むと喉にがっつりと刺激が来て、ビックリして挽肉も一緒に気管に入れてしまいそうになります。スープを頂くときは注意した方が宜しいです。基本らーじゃん麺とは変わっていない感じですが、「らー」の元かもしれないラー油が少ないんですかね?
しかし、中華料理を主にしたしっかりとしたラーメン店って結構実はここら辺少ない感じなので、復活は嬉しいです。店員さんも増えたようで、背脂系一辺倒でないしっかりとしたお店がしっかりと人気を博すというのは喜ばしい限りです。

三条の国道8号線を長岡方面に向かい、2車線が1車線に切り替わる手前、新潟側の車線側にあります。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

IMG_55742月は業界的にも展示会もあり、出張がかなり多い月です。そうなると自宅で御飯というのも、食材の消費期限などを考えなくてはいけなくなるので、外食が多くなります。出張中も外食というよりも飲みが多いから節制しなくてはいけないんですが、単純にそれにかこつけてラーメンを食べにいってしまいます。
今日は久しぶりにののやさんに伺ってみました。たまにあの旭川系の味わいが欲しくなるときがあるんですよね。お店に入ると若いお客さんが盛り上がってます。お酒を飲まずにラーメンで盛り上がれるっていうのもうらやましいですね。

カウンターに陣取り、野菜らーめん 塩 (850円)をお願いしました。他の味もいろいろと食べたいんですが、やはりののやさんは塩が旨いんですよね。
早速、開口部がちょっと小さめの小振りな特徴的な器で着丼。たっぷりのキャベツでスープが見えないぐらい。これだけ野菜食べれば身体にはいいかなと思っておきましょう。スープは浅取り豚骨系に塩の組合せ。安心して頂ける定番の味。塩味の塩梅とかさすがという感じですが、野菜の湯揚げが入った分ちょっとスープが薄い感じがしちゃいました。
麺は加水率少なめの少し縮れをもったストレート状の中細麺。サクサクした印象は以前よりもさらに少なくなった感じですが、モチモチとした歯ごたえはしっかりとしていて、旭川系らしさは残っています。個人的にはもうちょっとサクサクしてた方が好みなので、硬めで注文するといいのかもしれないですね。
トッピングはキャベツとモヤシの湯揚げ、ゴロゴロチャーシュー、味玉、白ゴマ。野菜の甘みも味わえる湯揚げ、そしてかなり食べ応えのあるチャーシューは脂身もトロトロで、しっかりとした味付けで御飯が食べたくなるぐらい。スープとの相性も抜群です。
やっぱりののやさんは塩が旨いですねー。安定の一杯だと思います。

国道8号線、代官島交差点のセブンイレブンのとなり。お店も結構目立つのでわかりやすいです。


大きな地図で見る

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント