Warning: include(/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78 Warning: include(): Failed opening '/usr/home/chm1047002/html/js/analytics_tracking.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/chm1047002/html/jp/blog/blog1/wp-content/themes/tojiro_net/header.php on line 78
コンテンツへ移動
TOJIRO Net
藤次郎株式会社
管理人“JM”のブログ

すなぎも

カテゴリー:めし  [2015.12.2 (水) 20:47]

IMG_6706自宅で自炊すると高確率で鶏料理が増えるんですが、その中でも重宝するのが砂肝。ご飯にももちろんなんですが、お酒にもぴったり合う一品になりますよね。煮込みでもいけますし、炒め物でもばっちり。値段も安いですし。自炊で困ったときのお助けアイテムです。今日は寒いこともあり、ニンニクの芽とネギを合わせて、生唐辛子でピリ辛な炒め物にしてみました。
うちでは生唐辛子が冷凍庫に眠っているのですが、乾燥させた唐辛子よりも辛さが強くて、家でも多用しています。もちろん辛さが強い種も残さず入れております。だいたい、辛くて冬場でも一人でだらだら汗をかきながら食べるんですが、これを冬場に何度かしていると、あまり風邪を引かずにすむようです。身体が冷えるのが病気の元ですからね。

砂肝はご存じの通り、鳥類が食べ物をすりつぶすために用いる消化器官で、筋肉の塊のような臓器。「砂嚢」と呼ばれていて、実は鉄分やビタミンB12、亜鉛などが多く含まれている食材です。タンパク質は豊富なのに脂肪は少ないダイエットなどにもピッタリな上、新陳代謝を促し骨や肌にもいい栄養素を豊富に含まれています。コリコリとした特徴的な食感で、苦手な方も多いようですが、私は焼き鳥にいったら必ず最初に塩でお願いするぐらい大好きな食べ物です。以前九州で食べた砂肝の唐揚げなんかもすごく美味しかったですね。薄くスライスして和え物とかにもいいですし。あー、いろいろ考えてたらまた食べたくなってきた…

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

ニラレバ定食がラーメンに勝つ

カテゴリー:グルメ, めし  [2015.11.26 (木) 19:55]

IMG_6688寒い日が続いています。風邪引きそうにもなってくると、大むら食堂のみそ中華か、一品香のネギラーメンと決まっています。そう、絶対ラーメンのはずだったのに…だったのに…

注文したのはニラレバ定食でした。一品香さんはラーメンも美味しいんですが、この野菜炒め系がまたうまいんですよね。悩むだけ悩んだんですが、結局ニラレバ定食を身体が欲していたので、素直に従いました。鉄分が足らないのかな?
中華スープはラーメンスープなんですが、以前と比べると煮干し系の出汁が強くなっている感じ。以前のラーメンよりレベルアップしているのではないかと感じで、やっぱりラーメンの方が良かったかななんて思ったりなんかして。さすがに追加でラーメンは食べられないので、近いうちにネギラーメンを食べに来ないと。
ね、ラーメンだけじゃないんですよ。しっかりとお米も頂いてます。野菜もいっぱい食べてますよ。栄養はしっかりと取ってますので風邪やインフルエンザは当分お会いしないで結構です。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

とどろきや

カテゴリー:グルメ, めし  [2015.11.23 (月) 12:52]

IMG_6683灯台もと暗しって言葉があります。ラーメンも好きですけど、実はそばも好きです。父親の影響もあると思うんですが、基本美味しいそばはわかるつもり。とはいえそれほどこだわっていないので、布海苔そばも好きだし、越前そばのようなボソボソのタイプも好き。ま、そこまでこだわってないから好きのうちに入らないのかもしれませんが。閑話休題。

実は自宅のそばにそば屋さんがあります。前から気になっていたんですが、近すぎるとふとしたときに行こうという流れにならないんですよね。気合いを入れて行ってみないと、近すぎるところはいけません。そんなもんです。ということで、今日こそはとしっかりと気合いを入れて、向かってみることにしました。とどろきやさんです。自宅のすぐそばに看板があったりで、本当に気になっていたんですが、店構えがまさに普通の家。家と行っても農家のような大きな家なんですが、やはり門をくぐって行くにはちょっと勇気がいります。玄関を開けるとまさに農家の大きな玄関といった感じ。ご自由に中に入って下さいみたいな感じで、奥からお母さんがやってきて案内してくれました。通された部屋も普通の大広間のような感じで、田舎の親戚のうちにやってきたかの雰囲気でした。

IMG_6684天ざるを頂いたんですが、まさに十割そば。平たい感じの麺ですが非常にコシもあって、なかなかしっかりとした味わい。これはうまいそばですね。何系かはさっぱりわからないんですが。(^^;
個人的には天ぷらがちょっと残念。衣がちょっと柔らかい感じで、油もあまりいい感じではないかもしれません。
ただ、それを補ってあまりあるぐらいのそばと、そばを待っている間にサービスで出てくるハリハリとこんにゃく。これが絶品です。こんにゃくが本当に自家製でこれを食べるとほかのこんにゃくが食べられなくなるかもです。いやー、ごちそうさまでした。久しぶりに美味しい店が近くでびっくりって感じでした。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

つくね

カテゴリー:お酒, めし  [2015.10.15 (木) 23:40]

IMG_6458ルーキー君に誘われて、久しぶりの三平さんにやってきました。最近のルーキー君もいろいろ悩むところも多いようで、結構ダークサイドに落ちそうになってしまったりというのもあるんですけど、久しぶりのサシ飲みなんでじっくりと話を聞こうと思っていたんですが、思いのほか、若手のことを考えて悪役を率先して買って出ていたり、少し下とはいえ、同じ世代で頑張っているのが話しから伝わってきて、結構感動しちゃったりしました。
もちろん、同じ会社にずっと勤めるということって、昔に比べたら少なくなっていることかもしれないですけど、それでもみんな環境や一緒に働いている人達のこの先を考えて、いろいろ行動しているんだなと思うと、嬉しくて酒もバカみたいにすすみます。昔に比べたら悪役を務める人が少なくなっているなと思っていたんですが、よく考えてみれば中間にいる僕らもその役回りが回ってきているんですよね。自分が仕事で何が出来るかではなくて、自分がここに何が残せるか。そんなことを考える濃い飲み会。名物のつくねはいつも通りの変わらない味でした。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

クラムチャウダーが旨い季節

カテゴリー:めし  [2015.10.5 (月) 20:19]

IMG_6435急激に冷え込んできましたね。日中は暖かいんですが、夕方になると一気に冷え込みます。ナイフギャラリーでは他の社員と同じ夏服=ポロシャツを着ているんですが、ポロシャツ一枚ではさすがに寒くなってきました。
夕ご飯の食材を買いに出ると、鍋物の食材や調味料などが多くあって、鍋物を食べたくなってきます。でもここ数日和食や中華が主体だったので、久しぶりに洋風で行くことにしました。洋風で身体の芯から温かくなる食べ物となると、ポトフとかシチューが思い浮かびますが、やっぱりこの時期はクラムチャウダーです。以前もこのブログで取り上げてますが、やっぱりドラマやCMの影響もあって、作るとなるとミルクベースのニューイングランド風のクラムチャウダーが一番落ち着きます。でも実はトマトベースのマンハッタン風や、塩ベースのロードアイランド風もあるんですね。これはこれでおいしそう。

ところでクラムチャウダーという名称、調べてみるとこれも面白いんですよね。クラムはアサリやハマグリといった二枚貝の総称をいうんですが、実際にアメリカで食べられているのはホンビノスガイという大きなアサリのような貝で、日本ではあまり見かけません。日本では外来種なんですが、東京湾や大阪湾などで見かけることができるそうで、実際に潮干狩りなどでとれるようになっているみたい。この二つの湾で見かけるというのは、やはりタンカーや旅客船のバラスト水に混ざってやってきていることが要因で、生態系には影響はないんですが、元々いない生き物が定着するのも複雑な気持ちですね。また、チャウダーは諸説あるんですがフランス語の大鍋を意味する「ショーディエール (chaudière)」が元ともいわれているそうです。

今回はシンプルにジャガイモ、玉ねぎ、キャベツ、ベーコンに殻付きのアサリを組み合わせました。ちなみにジャガイモは先日の研ぎ直し講座の際に使用した、切れ味の確認をするための備品のあまりです。(*^^*ゞ
アサリの濃い出汁とミルクの濃厚さ、これを食べるともうすぐ寒い時期がやってくるんだなと気持ちも引き締まる感じです。そんな秋の夜長でした。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

魚河岸

カテゴリー:めし, 仕事  [2015.10.3 (土) 21:51]

IMG_6432今年初めて参加した工場の祭典も3日目まで無事終了。昨日までは工場稼働日ということもあって、工場見学をメインでイベントを組んでいましたが、今日からは工場がお休みだったため、違うイベントで盛り上げていきます。本日は「女性職人による包丁研ぎ直し講座」ということで女性職人から包丁の研ぎ直しの手ほどきを受けて頂くという内容。ここら辺は過去にもイベントの経験があったので問題もなかったんですが、明日は全く新しいイベント「つり吉職人の魚さばき講座」が予定されていて、この時間でも準備に追われています。
参加者に三枚おろしをマスターしてもらうという、弊社でも初めてのイベントで、手探りで企画をしています。不安もありますけど、結構わくわくしながら企画しているというのが本当のところ。

IMG_6433事前の打ち合わせの中でも、1匹さばくぐらいでは覚えることもできないとわかっていたので、いくらでもさばいてもらって覚えてもらえればと、魚を手配しました。
そうなるとさすがにスーパーで手配してというわけにはいかないので、いろはの井田さんに無理を言ってアジを大量に仕入れて頂きました。今回仕入れた数量は55匹。ここまで大量になるとある程度話を入れてもらわないと、まず確保できないんですが、きっちりと仕入れて頂くことができました。仕入れて頂いたアジの新鮮さは、眼や身の締まり方からすぐわかります。新鮮でないと皮剥くのも結構大変ですからね。なんか以前仕事で築地に行った頃のこととか、思い出しながらアジの入った発泡ケースをクルマに積み込んで来ました。魚河岸のお仕事って感じですよね。こういう店舗運営をしないと絶対経験できない貴重な経験です。材料は最高のものがそろったので、後はイベントを成功させるだけです。
仕入れと同時に、準備の前にいろはさんで少し腹ごしらえです。オススメの活き〆平目の刺身を頂きました。新鮮な身のプリプリ感で歯を押し返してくるほど。えんがわの大きさも驚くほどで、改めて魚のおいしさを味わうことができました。最終日を前にしっかりと栄養補給。明日もしっかりと頑張らなくちゃ。p(^^)q

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

こくわ屋 藤兵衛

カテゴリー:グルメ, めし  [2015.4.29 (水) 13:51]

IMG_5840以前から気になっていたカフェ。昼は基本的にラーメンなんで、カフェに行くことはないんですが、友人が結構行っているのをみて、今回は久しぶりにラーメン以外を頂きに伺ってみました。うちのブランドにも近い名前「こくわ屋 藤兵衛」さんです。三条の山の手の下田を抜けて八木が鼻方面に向かっていくと、自然に包まれた環境にお店があります。ちょうど裏手はスノーピークさんの本社あたりですもんね。まだ、ちょっと肌寒い気候ですが、窓から入る空気も活き活きとした感じが伝わってくる気がします。
ちなみに店名のこくわ屋の「こくわ」はキウィフルーツの原種で、これを元にしたフルーツソースなどを作っていて、以前、うちの自宅にお土産として持って行ったぐらい個人的に好きなソースです。これを元にカレーなどを提供する小さなカフェで、カレーを中心にスイーツ類なども置いているようです。
カレーとハンバーグを両方楽しめる半ハンカレー (900円)を注文してみました。御飯は少なめですが、ハンバーグも付いていて、季節の野菜も一緒で食べ応えあります。カレー自体はスパイシーですが、こくわソースが加わっているのか全体的にフルーティで、お子さんでもペロッといける感じ。しっかりと辛味がやってきますけどね。オリエンタルというよりもジャポネスクといった感じもします。
お店自体はカウンターと、2人掛け席2卓と小さいので、のんびりとした時間にゆっくりと食べるのにちょうどいいかもしれません。同じ時間帯に来られたお客さんはスノーピークに行く途中に寄ったようですね。
店内はカフェ以外に、工芸品なども並べるギャラリーもあり、もちろんこくわソースやこくわカレーも売っています。手打ちの鉈などもあって、ギャラリー眺めているだけでもゆったりとした気分になりそうですね。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

麻婆豆腐の素はもういらない

カテゴリー:グルメ, めし  [2015.4.27 (月) 19:53]

IMG_5839最近、自宅で麻婆豆腐を作るのがマイブームになっています。冬場などは湯豆腐代わりに麻婆豆腐を作るので、土鍋で作り上げちゃいます。以前まではいわゆる市販の麻婆豆腐の素を用いていたんですが、挽肉なんかも粗挽きの肉を使用するようにアレンジが加わりはじめると、そのうち素がいらなくなってきます。ピリ辛の素も少ないですし、自分好みに味付けしていくとなれば、素もほとんど役をなさなくなりますしね。
基本は粗挽きの挽肉をゴマ油で炒め、豆乳を投入。鶏ガラの出汁を入れて、豆腐とネギを煮込む感じです。味付けは豆板醤とラー油、花椒で香り付けしちゃえば、ほぼ本格的な味わいになります。豆乳で煮るとトロッとした感じにはなるので、片栗粉を入れる必要もありません。辛味を際立たせたいときは豆乳ではなく普通に水で煮込むのもいいですよね。
正確な麻婆豆腐という感じではありませんが、一人飯としてはかなり本格的に楽しむことができます。今回はニラとニンニクを入れてさらに香味を増した感じにして、食べ応えでシメジを追加してみました。麻婆豆腐の素もお手軽で簡単ですけど、こだわって作りたいときは素を使わずに簡単に本格的な味に仕上げてみるのも楽しいですよ。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

おさかな天国

カテゴリー:グルメ, めし  [2015.4.7 (火) 20:13]

FK107飲み屋に行っても、結構魚は食べますが、自宅でも結構魚料理は良く頂きます。でも旬のお魚を食べたいなと考えると、無い知識でスーパーで買って食べるよりも、しっかりとした飲み屋さんでお勧めを頂くほうが、美味しいのは当然です。それでも自宅でお魚を食べるときは、季節感を考えつつ食べるようにしてますが、最近は魚も冷凍技術が優れているので、それ程旬を考えなくても、一年中食べることが出来るので、なおさら何を食べようか悩んでしまいますね。
子供の頃は、母が結構魚料理を多く出してくれたので、いろいろと食べたいものが豊富に頭があるんですが、最近のスーパーではあまり置いてないことも多く、さらに子供の頃は大衆魚だったのに、いつの間にか高級魚になっているものもあります。銀ダラとかエボダイとかよく食卓に上がっていたのが懐かしいです。冬場は美味しいお魚が多くて楽しいですよね。って、もう春になってきちゃいましたが。

最近、自宅の夕食に1ヶ月に一度出てくるものはぶりかま。既に旬は過ぎてしまったかもしれませんが、養殖物は一年中流通しているので、年がら年中食べています。魚を焼くと後片付けが大変なんですが、結構魚焼きグリルはフル稼働しているかもしれませんね。ぶりかまといえば、やっぱり塩焼きです。あごの骨から身をほじくり出して食べる感じは、蟹を食べているのと同じで、一人でじっくりと頂きたい食材の一つですね。

ブリは出世魚として知られていますが、地域によってこの呼び名も変わることも面白いところです。イナダやハマチ、メジロ、ワラサなんかが有名ですね。最近では養殖物をハマチ、天然物をブリと呼ぶところもあるようです。ちなみに切り身や寿司など見た目が同じ、カンパチやヒラマサは全く別の魚だって知ってました?私は知りませんでした…(;´Д`A “`
最近では格安の回転寿司などでも、代用魚が多くなっていて、寿司ネタも通り名になってきている時代。ししゃもも本当のししゃもと樺太ししゃもは違い、全く別の種類ですが、いつの間にか樺太ししゃもがシシャモだと勘違いしてしまうことも普通になっています。実際本当のシシャモは身の味がしっかりとしていて、すごくおいしいんですよね。しっかりと魚の名前と、味の違いを身につけて、魚食文化をしっかりと受け継いでいかなくてはいけないなと思いました。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント

トマトジュースとオリーブオイル

カテゴリー:めし, 雑談  [2015.4.2 (木) 21:01]

IMG_5774実家に帰ると、母親からよく聞く健康によいことのうち、最近続けていることはトマトジュースとオリーブオイルを一緒に取ることです。母はトマトジュースにオリーブオイルを入れて飲んでいるのだそうですが、私は昔からオリーブオイルをいつも一日一口飲んでいるので、そのタイミングで野菜ジュースを飲むようにしています。ん?なぜ、トマトジュースじゃないのか?野菜ジュースのセロリの味が好きなんですよね。なので、いつも買って冷蔵庫に常駐しているものはトマトジュースよりも野菜ジュース。そして、無塩じゃないタイプです。最近飲みやすいトマトジュースも増えていますが、個人的には昔ながらの味わいのものが好きです。

それはいいとして、トマトとオリーブオイルの組合せは、やっぱり理に適っているそうです。というのも、トマトに含まれる栄養素のリコピンは脂溶性なんだそうで、一緒に取ると効果的に栄養を取り込めるのだそうです。そう考えるとイタリア料理やスペイン料理の組合せって凄く理に適っているんですね。リコピンには強力な抗酸化力があり、血糖値を下げる,動脈硬化の予防,ガンを予防,喘息の改善,美白効果,ダイエット効果など、いろいろと効果が期待できるそうです。私実はぜんそく持ちなんですが、最近確かにぜんそくは小康状態かも。
トマトが赤くなると医者が青くなるなんてことわざもありますし、この組合せは続けていきたいと思います。もちろん様々な食材をバランス良く取るのは当然ですけどね。

ブックマーク | トラックバック | コメントなし | | プリント