お知らせ一覧

ホーム >  お知らせ一覧 >  藤次郎オープンファクトリーが2018年度グッドデザイン賞を受賞しました。

藤次郎オープンファクトリーが2018年度グッドデザイン賞を受賞しました。

 

 

このたび藤次郎オープンファクトリーは2018年度グッドデザイン賞を受賞しましたことをご報告いたします。

 

藤次郎オープンファクトリーは、「庖丁」をつくる工程を間近で見学できる施設であり「藤次郎」ブランドの発信拠点。工場内は誰でも自由に見学可能で、通路には壁や窓が無い為工場ならではの音や熱気を直に感じて職人の生きた「技」を体感できます。 職人とお客様の距離も近く、ものづくりの魅力や価値を伝えられる環境になっています。

 

お客様の評価に加え、グッドデザイン賞審査委員会より高くされたことを機に、藤次郎株式会社は今後も更なる発展に邁進する所存です。

 

 

審査委員の評価

熟練した技術が必要とされるものづくり産業は、製品としての価値が認められたとしても、その技術を引き継ぐ後継者不足という問題に悩まされているケースが少なくない。藤次郎オープンファクトリーは、工場内を誰でも自由に見学できるようにすることで、製造工程や職人の動きを見える化し、訪れる人に商品の価値を伝えながら、そこで働く人にそこで働くことに誇りを与えるという2つの問題を同時に解決することに成功している。(公開コメント)

 

 

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じて産業や生活文化を高める運動として展開されています。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。